2018. 04. 27  
閉ざしていた人の扉が開くと、表情が柔らかくなります。

『ラブという薬(いとうせいこう・星野概念:著)』
です。



作家と精神科医の対談というか公開カウンセリングのようになっています。
悩みを打ち明けているとかそんなのではなくて。
「精神科には気軽に早めに行こうよ」というメッセージです。


精神科受診なんて、人目が気になる。
頭がおかしいと思われる・・・。
これが一般的なイメージではないでしょうか。

うつ病患者数
1996年は約43万人
現在、112万人以上。年々増加中。
この数字は受診している人のみです。

ブラック企業で働いて、うつ病、その果ての自殺。

このようなニュースが出たら、ブラック企業が悪いと世論はいいます。
けれど、自殺しないうつ病に対して世間は冷たすぎませんか?

心を強くすればいい。
がんばれない言い訳でしょ

こんな感じで。
これはおかしいと私は思っています。
死ぬまでやらなきゃ労わってもらえないなんて。


怪我なら外科、辛い気持ちなら精神科。


たったこれだけのことなんです。
先生は言います。

精神的な病気っていうのは、
ひとつは「傷」、ひとつは「弱さ」。
弱さの場合は、「もっと強くなれ」って言われるし、
傷の場合は、「なんでそんな傷を受けたんだ」って言われる。
それで傷ついた人が泣き寝入りしなきゃいけない。
要は「泣き寝入り文化」なんだよね。



まずは精神科への偏見や尻込みをなくしてほしいというお話。
そしてもうひとつ。


なんでも言っていいんですよ。


「この薬、なんか違うと思うんです」
「診断に疑問があります」

言いにくいと思ってしまいますが、言っていい。


ダメな医者もいる。変だと思ったら他の医者にかかる。
その動きが大きくなれば、ダメな医者も反省する。



このお医者さん変だ、自分には合わないと感じたら、
違うお医者さんに診てもらって構わないですよ、というお話。


これって、体の病気や怪我のことでも同じだと思いませんか?
もらってる薬を飲んだらいつもダルくなるんだよなあ・・・
でも先生が言ったんだから、間違いないんだよなあ・・・みたいな。

こんなことがあっても言いにくいと思って言わないことがありませんか?

言っていいんですよ。
言われて怒り出したら、そのお医者さんはダメなんです。

いいお医者さんなら、
「じゃ、似たような効果のある薬で様子をみましょうか」と、別の薬を処方してくれるのです。

星野先生は、自分の腕を試されてるようなファイトが沸いてくるそうです(笑)


体も心も、病院受診は同じ。
我慢して我慢してどうにもならなくなってから受診したら、
「なんでこんなになるまで放っておいたんだ!!」と叱られますよね。

内科でも精神科でも同じなんですね。
歯医者さんも一緒ですね(笑)
やっちゃいますよね?ギリギリまで行かないって。


これくらいで受診したらダメかな・・・とかじゃなく、
変だと感じたら病院で診てもらう。

大ごとになる前に行くほうが治りも早いのです。




忘れられない患者さんがいまして。
胃潰瘍で入院されていた、公務員の男性。
物腰も柔らかく、ベッド周りの整理整頓もきちっとされていました。

ところが1週間ほど経ったころ、様子が変わりました。
身だしなみができなくなり、ろれつも回っていません。
「ここの看護師長はおかしい!」と怒りだしたり。

その男性、うつ病治療中ということを内緒にしていたのです。
入院中は出された薬しか飲めないので、精神科でもらっていた薬は飲まなかったのです。
そうしたら症状が悪化して・・・。

最初に「精神科から処方されています」と言ってくれてたら、
副作用が出ないような薬を一緒に出せたのに。

看護師にもいえなかったという、精神科受診を隠したい心理。
こういったものをなくしていける社会になってほしいのです。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
2018. 04. 26  
これ知ってればくじけないよ
もう、わかったでしょう
喜びは悲しみのあとにかならずやってくる


『喜びは悲しみのあとに(上原隆:著)』
です。



以前『友がみな我よりえらく見える日は』を紹介しましたが、
続編のような形のルポ、ノンフィクションです。

著者が取材を行う目的、それは、

つらいことや悲しいことがあり、自分を道端にころがっている小石のように感じる時、人は自分をどのように支えるのか?

これを知りたいと、それだけを思って話を聴くそうです。


いろんな人がいて、いろんな人生がありますね。
重い障害をもって生まれた子どもの介護をしていた父親。
戦力外通告されたプロ野球選手。
親が離婚し、母の恋人に暴力を振るわれた過去を持つ男性。
「リカちゃん人形になりたい」という欲望を叶えた青年。

他にもズンとくる人生を歩んだ人の話が掲載されています。

これらを読んでどう感じるか。
なんとなくなんですが・・・
もう死語でしょうか、「サシで飲む」なんてこと。

1対1で静かに飲みながら、ポツリポツリと近況やそれにまつわる心境を告白するというか、ただ語るという。
決して愚痴めいているのではなく。
でも明るい話題でもなく。

この本を読んでいたら、サシで飲んでるときのような心地になりました。

なんにもアドバイスはできないし、
励ますのもはばかれる。
「うん、そうなんだ・・・うん・・」と相槌をうつくらいしかできなくて。


でも、別れ際に、
「じゃ、また明日」と軽く笑って帰ることができる。

いい日になるかどうかは分からなくても、
明日を待てるかなと思えるくらいの明るさは戻ってくるような。


この本のはじめに、キャロル・キングの「喜びは悲しみのあとで」の訳詩が載っていました。


つらい過去を話してくれた友だちが
こういったよ
「人生でやらねばならないことなんて
案外いま、やってることだったりするのよ」

ね、あなたは暗くならないで
いまはつらいだろうけど
みんなそうしてる、あなたも大丈夫
これ知ってればくじけないよ
もう、わかったでしょう
喜びは悲しみのあとにかならずやってくる

(キャロル・キング作詞、原題「Bitter with the sweet」)


いい歌詞やなあ。
この本のための歌みたいに思えます。




全体的に暗めです。
今、落ち込んでいる・暗めだ~という人におススメ。
絶望読書系の、絶望しなくなる不思議な力のある本。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
コメント欄開けました。
なにかしらお言葉をいただけると元気が出ます☆

にほんブログ村
2018. 04. 25  
人生の3分の1は悲しみにあふれている。


『こわせない壁はない(鎌田實:著)』です。



日本を代表するあったかいお医者さま・鎌田先生の著書です。
人生にたちふさがる「壁」をどうこわしていくか。
先生が解決策を出しているのではなく、
先生が出会った「壁を壊して」いった人のエピソードを紹介する形をとっています。


どのかたのエピソードもじんとくるんですが、
私が心に残ったのはシスターの言葉です。


人生の3分の1は悲しみにあふれている。

だから、
壁の前でしゃがみこんでいてもいい。
時間が必要なときがある。

そして、素直になることができれば前進できます。



しゃがみこんでいてもいいと言ってくれる。
本当に優しい言葉だなあと感じました。

鎌田先生の著書は「がんばる」とか、「必死」を良しとしないものばかりです。
でも今回はとくにがんばらないことがじわんと沁みてきました。

先生自身が「パニック障害」になったことを告白されていたのです。

あの発作の恐怖はなった人にしか分からないほどの怖さがあるそうですね。
呼吸困難になりますから、死を感じてしまうのだとか。

その頃の鎌田先生は嫌いなことをすると発作がでる、
家庭では娘に嫌われて、全てがめちゃくちゃだ!と感じていたみたいです。


思い切ってイヤな仕事はやらない。
患者さんには励ますばかりだったのを、一緒に泣いたりする。
こうやってちょっとずつ回復してきたと語っておられます。


自分の弱さをそのまま出すように、
イヤなことを「人のためだから」と自分を我慢させることをやめて、素直になることで「壁」に穴をあけることができたんだなあ。


先生ほどの人でも、壁の前で呆然としていた。
そしたら私がいっとき、しゃがみこんでいてもいいんだなと思えます。




「人生の3分の1は悲しみであふれている」

いろんな別れ、離れていくこと。
才能がない、勉強ができない、自分に自信がない・・・
そういったモノたちですでに3分の1は悲しみ。

さらにニュースなどで悲しいものを拾い集めることをしていたら、
人生の大半が悲しみであふれかえってしまいますね。


美しい景色を探すな。
景色の中に美しいものを探すのだ。

  (ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)


こうやって悲しみを増やさない努力をするだけ。
そしてあとは、素直になるだけ。
素直になるのが一番難しいのかもしれないですね。

でもまずは、しんどくなったら、しゃがんで休む。
これを忘れないようにしたいです。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
2018. 04. 24  
何が信じるに足る情報なのか自分の頭で考える・・・
それを教えてくれたのは貴様らだ。
それだけは感謝する!


マンガ『Dの魔王(原作:柳広司 作画:霜月かよ子)』です。

Dの魔王(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)


「ジョーカー・ゲーム」、「幽霊」の二編が収録されています。
ここでは「ジョーカー・ゲーム」を紹介します。

昭和13年、「D機関」と呼ばれる陸軍のスパイ養成所が舞台。
D機関と参謀本部との連絡係を任命された佐久間中尉。
帝国軍人らしい、一途な考え方をもっています。

「スパイ行為は卑劣だ」
「国のために死ぬ」
「信じられる仲間がいるから未来が明るくなるんじゃねえかよ」

養成所の三好少尉に突っかかっていきます。
それを受ける三好は平然とこう言い放つのです。

「仲間、信頼という通念は、”D”では全くもって価値がない。
むしろ命とりです」



D機関のトップであり、”魔王”と呼ばれる結城中佐も言います。

「貴様が何を信じていようが構わん。
シャカだろうがキリストだろうがイワシの頭だろうがな・・・
ただし
それが本当に 自分の頭で考えた末に信じたものならばだ」



信じる。
尊いもの、ですよね。

信じるとは、「ほんとうだと思って疑わない」と辞書にあります。

信じて・・・それが間違いのときもある。そのとき、
「信じていたのに・・・!」
この、「のに」。

裏切られた感。
怒り。
絶望。
恨み。

自分の頭で考えずまわりに流されての考えだったとしたら、
こういったものにつながっていくんだなと感じます。


検証し、考えた末の選択ならば、たとえ裏切られたとしても、
恨みなどの感情はかなり少なくて済みそう。

まわりに合わせず、いついかなるときも自分の頭で考えて選択する。
実際の状況でそうできるかどうか、自信がなくて・・・。
でも、そうでありたい。


もしかすると、丸ごと信頼してしまえるほどの信じる力をもてることが幸せなのかも?
「普通のカラスは白色だ」と言われて、
「そうですね!」と言ってしまえるほどの信頼。
これもまた幸せなんだと思ったり。

どっちなのか分からなくなります。
まるで佐久間のように・・・。


「何が信じるに足る情報なのか
自分の頭で考える・・・
それを教えてくれたのは貴様らだ。
それだけは感謝する!」


最後、佐久間は自分の頭で考え、
結城からの「スパイにならないか」を断ります。

物語を見ているこちらとしては、
ああ、そっちを選んでしまうのかと哀しくなってしまいました。

けれど佐久間の晴れ晴れとした表情、
自分で考えて決断した、自分の人生は自分で決めるという潔さ。
清々しいラストとなっています。


Dの魔王(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)


本格的なスパイ物とはいえないですが、
昭和13年の日本の雰囲気を味わえますし、絵がいいですね。
エンターテイメントとして興味が湧いたなら、おススメです。
4月26日22時までの期間限定無料となっております。
アマゾン会員でなくてもどなたでも無料で読めます。
*キンドルアプリのダウンロード、もしくはキンドルタブレットが必要です。

こちらから、まるごと試し読みもできますよ→Dの魔王


原作小説は『ジョーカー・ゲーム』です。こちらも面白いのです!
(でも実は、マンガのほうが気に入りました(笑))





今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
2018. 04. 23  
盲導犬は、人が犬の犬生(犬の一生)を決めるという宿命をもちます。
そうだとすれば盲導犬の犬生に人が責任をもつのは、当然のことです。



『ハーネスをはずして(辻恵子:著)』です。



盲導犬が年老いて仕事ができなくなったら、引退です。
その後の盲導犬はどうなるの?

世界で初めて「引退した盲導犬の老犬ホーム」を作った、
北海道盲導犬協会の辻さんが記した本です。


引退した盲導犬は、ボランティアで引き取ってくれるかた(登録制)に預けるか、
パピーウォーカー(盲導犬が幼い頃のお世話を担当する人)が引き取るケースがほとんどだそうです。


約10年、盲導犬として働いた犬は、
引退後数年で亡くなるのが普通です。

看取りをしなければいけません。
辛い仕事だとは想います。

それでも、残りの犬生をのんびり安らかに過ごしてもらいたい。
その思いで老犬ホームができたのでした。


これまで盲導犬に関して、あまりいい情報が入ってこなかったんです。

飼い主が見えないのをいいことに、
電車内で盲導犬の顔に落書きするいたずらだとか・・・

最悪だと怒りが湧いてくるのは、
生き物を飼う資格がないような人が盲導犬を飼うケース。


犬は働いてくれるけれど、24時間働けるわけじゃないですよね。
遊びの時間も必要だし、トイレだって行かせてあげなければ。

当然だと思うんですが、中には犬を召使や奴隷のように扱う利用者がいるらしいのです。

最初に盲導犬を渡す際、
「この人には生き物は飼えない・・・」と分かることもあるそうです。
やんわりお断りしようとしても、
本人が使いたいと希望したら、断ることはできない仕組みになっているのだとか。

犬が不憫すぎるのです・・・。

そんなことを知っていたので、
今回この本でのどかな余生を過ごせている犬がいるということで、
ホッとさせてもらえました。


長いあいだ、ごくろうさま、ありがとう。
これからはゆっくり過ごしてくださいね。
ずっとそばについていますよ。
うんと甘えてくださいね。




こんな想いをもって犬の最期までを責任もってお世話する人たち。

運営は苦しいというか、財源がですね。
運営を支える資金の80%は、寄付金と募金。
残りの20%が、公的機関からの補助金です。

善意でどうにかやってきている、というのが現状です。

善意がこんなに集まっている、ともいえますよね。
まだまだココロ優しき人々がたくさんいるのです。

盲導犬だけじゃなく、人間とともに暮らした生き物すべてに、
人は最期まで責任を持つのが当然なんですよね。

人も生き物も、のどかな中で逝けたらいいなあ。



どのような老後の生活と看とりをすれば、盲導犬も人も幸せになれるのかがはっきりとわかれば、
それは、どのように生きると盲導犬も人も幸せに生きられるのかということと同じことになるはずです。
(中略)
ひとり、ひとりがかかえる問題は、だれもが、いずれはかかえる、
みんなの共通の問題なのだと思います。



老犬のお話だけど、人間の問題とも関わってきています。
人生の最期の迎え方の、ひとつの解決方法を示してくれていると感じます。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
☆今週コメント欄閉じますね。

にほんブログ村
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR