2017. 05. 05  

続けて『緋の舟(志村ふくみ・若松英輔:著)』より。



愛しい・悲しい・美しいをいかに手紙で伝えるか。
人間国宝の染織作家と批評家が織りなす、魂の往復書簡。



巻末近くに、大岡信講演録「言葉の力」の一節が掲載されていました。


「この色は何から取り出したんですか」
「桜からです」
と志村さんは答えた。

素人の気立てで私はすぐに
桜の花びらを煮詰めて色を取り出したものだろうと思った。




どうやら、桜色に染め上げた織物を見た際の会話のようです。
桜色を、桜から取り出した。

こう言われたら、私も花びらから出した色だろうと思います。


しかし、違うのです。


実際はこれは桜の皮から取り出した色なのだった。
あの黒っぽいごつごつした桜の皮から
この美しいピンクの色が取れるのだという。
・・・・・・・
この桜色は一年中どの季節でもとれるわけではない。
桜の花が咲く直前のころ、
山の桜の皮をもらってきて染めると、
こんな上気したような、えもいわれぬ色が取り出せるのだ、と。




桜の皮?
あの樹木のこげ茶色したあの皮から、
桜色を取り出している?

ありえない。
こげ茶色に染まりそうですよね、フツー。

でも違うんですって。
桜の花が咲く直前なら、皮から桜色が出てくるって。


不思議です。
同じように不思議に感じた大岡信はこう表現されています。


体が一瞬ゆらぐような不思議な感じにおそわれた。
春先、間もなく花となって咲き出でようとしている桜の木が、
花びらだけでなく、
木全体で懸命になって最上のピンクの色になろうとしている姿が、
私の脳裡にゆらめいたからである。





これ以上ぴったりくる表現はないんじゃないでしょうか。
木全体が懸命になってピンク色になろうとしている・・・・。

なんだか私にも想像できそうです。
木全体が色づこうとがんばっている姿が。

もう日本列島のほとんどの桜は花が落ちて、
葉桜となってきているんでしょうか。

それはそれで、木全体が
葉を広げよう・緑色に染め上げようとしているんでしょうね。

そして、その時期その時期で、
今は根をはることに全力で!とか生ききっている。


そう考えると、植物はやはり生き物です。
しゃべったり動いたりはしないけど、生きているって思えます。



私のいる北海道のこの地域は、これから開花なんです。
今まさに、花を咲かせよう・色づこうと懸命になっている桜たち。


それを想うと、より一層開花が待ち遠しくなりました。




今日も最後まで読んでくれてありがとうございますヾ(・∀・)ノ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
2017. 05. 04  
「最も汚れの目立つところを清潔にするのが我々の民族の魂なのです」


緋の舟(志村ふくみ・若松英輔:著)』の中の一文です。



志村ふくみ氏は染織作家であり、人間国宝。
若松英輔氏は批評家。
愛しい・悲しい・美しいをいかに手紙で伝えるか。
二人の魂の往復書簡です。


志村ふくみが語っています。
「かたくるしいことではなく、私はただ着物は清楚であってほしいと思っているのです。
白襟、白足袋は厳則なのです。
最も汚れの目立つところを清潔にするのが我々の民族の魂なのです」




私はここを、
白いものを白いまま着る」ことにこだわりがあるかも・・・と思いました。

洗濯が好き・嫌いに関わらず、洗濯はほぼ毎日します。
なぜするのか、
きれいな状態で着たいから、それが心地よいからです。


柔軟剤「ダウニー」を販売している社長が、
日本でものすごくダウニーが売れている理由を
「日本人は柔軟剤を飲んでいるんじゃない?」
ジョークを言うほど、
日本人は洗濯をしています。

でもそれって、日本だからできるんだよな~って感じます。

まず、水がきれい。
水質がいいんですよね。

ヨーロッパでは硬水が多く、それでは洗濯すると繊維が傷みやすく、
洗剤を大量に入れたり、熱湯で洗濯したりと大変だそうです。

そもそも水が貴重な国や地域では、飲み水の確保が最優先。
洗濯や、もしかすると食器洗いだって後回しになると思われます。


水がきれいで豊富な日本。


そして天候。
お日さまにあてて干しますね。
洗濯物に太陽の匂いがうつっているようなときは
ものすごく気持ちいい。


これも、
砂ぼこりや竜巻が多いところではできません。

穏やかな温暖気候だからこそできる干し方です。


こう思うと、
毎日家事としてこなしている洗濯も、
上等なこと、贅沢なことなんだな~って思えませんか。



汚れの目立つところを清潔にするのが我々の民族の魂。

なるべくしてなった、
恵まれた土壌・気候を与えられています。

そう思うと、洗濯ができる毎日にも
感謝ってできるんだな~、なんて思いました。




今日も最後までありがとうございましたヾ(・∀・)ノ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR