2017. 05. 15  
名言が好きです。
ノートに書き写して集めてます。

そんな私が知った究極の名言。
それは、
名前です。



『ココロの教科書』より引用します



」を「言う」と書いて「名言


魂が一番喜ぶのは
名前を呼ばれたとき。

なぜなら、
名前を呼ばれるというのは、
あなたがこの世界で必要とされたときだから




名前を呼ばれたときは
「はい」と返事をしますよね



はい」=「


名前を呼ばれたことに対する
感謝の意味から来ています。



そして名前には
親の祈り、
あなたに幸せになってほしいという
祈りが込められているのです(そうですよね?)。

自分の名前を好きになることは、
幸せになる祈りも受け取ることができます。



人を元気にしてあげたいなら、
その人の名前を呼んであげればいい

その人の魂が喜ぶから。


結婚した・子どもが生まれた女性が
元気がなくなることがあるそうです。

「○○さんの奥さん」
「○○ちゃんのお母さん」

こう呼ばれるから。

なんだか、自分がおまけとか付属物のように
感じてしまうんでしょうね。
それだけ、自分の名前って大切なもの。




「世の中で最も耳にひびくよい音楽は
自分の名前のひびきである」

   デール・カーネギー



」を受け入れて進め
」へ。



読んでくださり、ありがとうございますヾ(・∀・)ノ
2017. 05. 01  
プラス思考の人ほどよく悩む
     斎藤茂太(精神科医)


ものごとを
「そんなこと、どうだっていい」と投げやりにしか考えない人は、
そもそも悩まない。

「自分はマイナス思考だから・・・
性格が後ろ向きだから・・・」

それは違う、
前向きに生きていこうとしているから、悩むんですよ。






嬉しい言葉ですよね。
視点を変えるだけで、
自分のダメなところが長所になってしまいます。



悩んでいるのは、
前向きに生きていこうとしているから。

迷っているのは前に進んでいるから、
逃げ出したいのは戦っているから。




こういった言葉は、
普段は必要としないんですけれど、
本当に必要とするときには
思い出せなくなっているんですよね。


ときど~き、こういった言葉が必要になりませんか。
よかったら、覚えておいてくださいね。
何かのときに役立つ、かもしれませんので。



♪人にやさしく してもらえないんだね
  ボクが言ってやる
  でっかい声で言ってやる  
  がんばれって言ってやる
  聴こえるか
  がんばれ!!
   (ザ・ブルーハ-ツ「人にやさしく」)♪





今日もありがとうございますヾ(・∀・)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017. 02. 13  
ことば 
 
 何気なく
 言った ことばが
 人を どれほど
 傷つけていたか
 後になって
 気がつくことがある

 そんな時
 私はいそいで
 その人の
 心のなかを訪ね
 ごめんなさい
 と 言いながら
 消しゴムと
 エンピツで
 ことばを修正してゆく




言葉が、時や場合や、
あるいは言った人によって、
優しくなったり、冷たくなったりします。


一枚の紙が
指先の皮膚を切り裂くこともあれば、

手の中で優しく揉んであげると
布のように柔らかくもなる。


上手に扱いたいもの、それが言葉です。


上記の詩は、
90歳から詩作を始め、
初詩集『くじけないで』が168万部の
大ベストセラーになった、
柴田トヨさんの詩です。

今さら、読んだのです。
あまりに売れすぎてて、
逆に手が伸びなかった書籍でした。



素晴らしい詩でした。

私が持っているのは、
『くじけないで』と、第2詩集『百歳』と、
未発表作品が収録された、
文庫版『くじけないで』です。




表題作:くじけないで

 ねえ 不幸だなんて
 溜息をつかないで

 陽射しやそよ風は
 えこひいきしない

 夢は
 平等に見られるのよ

 私 辛いことが
 あったけれど
 生きていてよかった

 あなたもくじけずに




お母さんが優しくささやいてくれているようです。

辛いことがあったけれど
生きていてよかった


96歳のかたの言葉は
短くても説得力があります。


これも好きです。

あなたに Ⅰ

 出来ないからって
 いじけていてはダメ
 私だって 九十六年間
 出来なかった事は
 山ほどある
 父母への孝行
 子供の教育
 数々の習いごと
 でも 努力はしたのよ
 精いっぱい
 ねえ それが
 大事じゃないかしら

 さあ 立ちあがって
 何かをつかむのよ
 悔いを 
 残さないために




短いエッセイも載っていたんですが、
こんな一文があります。

「この年齢になって、毎朝起きるのは、
本当は辛いです


きっと、起き上がるだけで節々が痛むんでしょう。
字を書くのもとても時間がかかると仰ってます。


それでも、

「どんなにひとりぼっちで さびしくても
考えるようにしています。

人生、いつだってこれから。
だれにも朝はかならずやってくるって



人に優しさや生きる気力を与えるために、
自分も弱音を吐かず、しっかり生きよう。

こう思っておられたのでは。


どこかの和尚さんのブログで、

柴田トヨさん(の詩)は
言語菩薩」だ。


こう書かれてました。
まさに、菩薩様のような
大きな愛情を感じられます。

トヨさんも「言葉屋さん」でした。


「人生に
当たり外れなんて
ないのよ」



気力と優しさを受け取って
今日も生きていこう。そう思えます。
トヨさん、ありがとうございます。

にほんブログ村
2017. 02. 11  
だいじょうぶ だいじょうぶ
がんばらない、いいんだよ

優しいことばで、この国を染めていきます。



先日、水谷修氏の言葉を紹介しました。
優しい言葉で、この国を染めていく、
そんな職業があります。


『言葉屋(久米絵美里:著)』

*アマゾンキンドル読み放題対象本です。



おとぎ話のような小説でした。
残念ながら、フィクションです。

しかしながら、
言葉屋」は、実在するような気がしてなりません。


言葉屋の仕事内容は、

言葉を口にする勇気をくれる言珠(ことだま)と、
口にしない勇気をくれる言箱(ことばこ)をあつかっている。

・封じ込めたい言葉を口にすると、
言葉は箱に吸い込まれ、人の心が軽くなる。

・言いたくても言えない言葉がある時、
言珠を胸の前で握ると、
それを口にする勇気をもらえる。

・言葉屋の力を必要としている人を見つける。



素敵な仕事です。
必要とする人は、山ほどいるんじゃなかろうか。


たとえば、
シンクロニシティ」ってありますよね。

簡単に言ってしまうと、「意味ある偶然の一致


電話をかけようと思っていたところ、
その相手から電話がかかってきた。

立て続けに交通事故を見た。
「注意しなさい」というメッセージだと受け止めて、
気を引き締める。

こんな風なことです。
ありますよね。

数日の間に、同じ言葉がやたら目につく。

こんなこともあります。
何かしらのメッセージだなと気づいたりしますが、

意外と、
言葉屋の仕業かもしれないなと思いました。




言葉屋の使命は、
言葉を武器にするんじゃなく、
心をつなぐ橋にする
」こと。


世の中には、
言いたくてもなかなか言えない言葉と、
どんなに言いたくても言ってはいけない言葉
があります。


人間は、
言葉を生み出しておきながら、
その環境つくりがヘタだったのです。
言葉屋なんて、本当はないほうがいい。


でも、今、
ものすごく「言葉屋」は必要なんじゃないか。

水谷修氏も、ある意味、言葉屋だと思います。


言葉屋さん、超多忙だろうな・・・。


言葉屋が必要なうちは、
言葉屋が増えればいいんじゃないかな。

心をつなぐ橋をつくる人が増えれば、
優しさはつながっていく。





私がブログでやろうとしていることは、
言葉屋のようなものかもしれません。
・・・図々しいかな・・・今日もありがとうございます。

にほんブログ村
2017. 02. 06  
「人にしてもらいたいと思うことを、
人にもしなさい」


聖書の言葉なんですが、
日常でも普通につかわれていますよね。

「自分がしてほしいなって思うことを、
人にしてあげたらいいんだよ」って。


大切なことですが、
これとセットで覚えておきたい言葉があります。


「あなたが他の人びとに、
自分にこうして欲しいと思うのと同じことを
他の人にするな。
なぜなら、彼らの趣味は
あなたの趣味と同じではないかもしれないのだから」

         バーナード・ショー




ちょっと苦い思い出がありまして。
昔、整骨院でバイトをしていたときです。

旅行に行くためにお休みをいただいたんですが、
行く前、
「ほんっとに、お土産いらないからね。
絶対、買わなくていいから」

こう言われました。

しかし私は、お土産を渡したんです。

そうしたら、
「いらないって、あれほど言ったのに」と
本気で迷惑顔をされてしまいました。


私としては、
「ああは言ってるけど、
お土産なしなんて、ちょっとな・・・」という気持ちから
渡したんですけど。

それは、私が勝手に
一般論に当てはめて考えた行動でした。

「普通、あげるでしょ」っていう。


自分と他人は、違う。
自分と他人は、一人ひとり考え方が違う。


本当に相手の言葉とおりに受け取っていいのか、
それとも謙遜しているのか、

ややこしいけど、
その人が喜ぶのかどうか、という視点も
ものすごく大切。


一般論を、誰にでも当てはめて考えるのは、
相手の個性を無視してるのと同じこと。


こんなことを思い知らされたのでした。


「普通は・・・」とか
「みんな、そう思ってる」とか
安易に流されないようにしたいです。




最後に、爆笑問題の太田光氏の言葉で終わります。

「みんなが」ってのが大嫌い。
「みんな」って、どこにいるんだよ。
連れて来いよ。その「みんな」を。
オレとお前の話で、
なんで「みんな」が関係してくんだよって。
「みんな」がどう言ってたかって関係ないでしょう?





今日もありがとうございました!ヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
ちょっとした「いいな」をお届けします。
詳しくは自己紹介をご覧くださいね。
座右の名は、『やってみなはれ。やらな、わからしまへんで』

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR