支度    黒田三郎

何の匂いでしょう
これは

これは
春の匂い
真新しい着地(きじ)の匂い
真新しい革の匂い
新しいものの
新しい匂い

匂いのなかに
希望も
夢も
幸福も
うっとりと
うかんでいるようです

ごったがえす 人いきれのさなかで
だけどちょっぴり 気がかりです
心の支度は
どうでしょう
もうできましたか





今日から新年度(4/1が土曜日だと、なんとなく月曜日の今日が始まりの感じです)。

新1年生
新社会人

自分にこんな肩書きがついていたとき、
世界はキラキラ光ってみえていたように思います。
ドキドキとともに。

今はどうかな。
「新」のつく自分はいてるのかな。

新しい匂いを感じているのかな。
心の支度はできているのかな。




新しい出会いがはじまります。

「新」の人にまぶしいような羨ましさを感じるところもあるけれど、
あのときの不安が大きいことも知っているのです。
余裕なんて、ぜんぜんないですしね。


そう思うと、「新」じゃなくなった今は、
春の匂いを感じるゆとりがありますね。


落ち着いて落ち着いて、
新しいものを感じていきたいと思います。




今日もありがとうございますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2017/04/03 06:28】 | 新年
|

No title
節約ドットコム
確かに「新」を中々感じれずに過ごしています。
落ち着いて落ち着いて新しいものを感じていきたい。
同感です。落ち着いてゆっくりと周りを見渡しながら行こうと思います。
私も今日から(月曜日)新年度な気分です(笑)

No title
てかと
なにも思いつかない
おっさんはどこまでいっても、おっさんか
新おっさん、とか?

Re: 節約ドットコム様へ
馬場亜紀
なぜか新年度の気持ちにさせられますよね。
新ではないけど、新にはまだ持てない、大人の余裕を抱いていきたいです。
コメントありがとうございます!

Re: てかと様へ
馬場亜紀

> 新おっさん

何者か分からないけど、好きな響きです!
あまり、今日から新しいぞ!みたいに、特別な感情は持ちたくはないんですが…4月始まりの手帳とか、なんだそれ?って思うんですけど…
どうせなら、毎日が新しく感じられる人間になりたいです、私…。
今日もコメントありがとうございます!

こんにちは!
ダリルジョン
この記事に「春」を感じました。

いつもありがとうございます!

No title
Ichi
馬場 亜紀さん こんばんは。
黒田三郎さんの支度という詩だったのですね。
昔、卒業生の時にこの詩を覚えさせられた(!)記憶があります^_^;
とても懐かしい〜。
『新』に気づける感受性と、そして春の匂いを感じる心の余裕。両方を持ち合わせていたいものです(*^^*)


Re: ダリルジョン様へ
馬場亜紀
春を感じていただけましたか!それが嬉しいですね~。
こちらこそ、ありがとうございます!!


Re: Ichi 様へ
馬場亜紀

> 昔、卒業生の時にこの詩を覚えさせられた(!)記憶があります^_^;

おお~、そうですか!!一時期、小学校・中学校卒業ではよく使われていたそうですし、教科書にも載っていたそうです。私は覚えてないです。もしかしたら習っていたのかも。
でもなぜか、この詩からは社会に出て行く人を強く感じました。学校生活に不安ってそんなになかったですが、社会人になるときは、本当に、ドキドキとドキドキとワクワク、不安のほうが大きかったような気がします。新しい職場にいくときも同様に。
余裕と、新鮮な感受性。
私も、どちらも持っていたいです。
コメント、ありがとうございました!


コメントを閉じる▲
新年が始まると、
「今年はこんな年にしたい!」と抱負をたてたくなります。

今年はどんな年にしようかな。


もっと自分らしさを出していきたいと思います。
その表現が違うだけですが、

「持ち味を生かす」ことを意識していきます

これは、松浦弥太郎氏の
『軽くなる生き方』にあったんです。



自分を生かし、人を生かす


持ち味」を、自分一人で探そうとしないこと。
同時に、
「目の前の相手の持ち味」を見つけ出し、
生かしてあげようと、努力すること


この文章、かっこ良くて、シビれました。
「持ち味」なんて、日常で使わないなあ。
新鮮で、いいなあと感じました。

持ち味を生かす
これを、今年の抱負にします!



どうすれば、人を生かせるか


松浦氏は、
「人の持ち味を生かしてあげようとすることが、
自分の持ち味を生かすことにつながる
」と
述べています。

目の前にいる人が、
その人らしく生きられるように、
自分の能力で、できるかぎり、生かしてあげたい

そんな気持ちをもつこと。

仮に、
その人が道を誤っていると感じたら、
その人にぴったりの道を
必死になって考えて、
「こっちもあるよ」と、教えてあげたい

そんな気持ち。


自分の要求を押し通すのとは、別ですね。
その人らしさを生かしてあげる。

そうやって、相手に喜ばれることをする。
そんな自分が、自然と
持ち味を引き出されているんだろうなと、思います。

相手が友だちであろうと、
子どもであろうと、
職場の人間であろうと、
もしくは、知らない人であっても、
できることだと、思います。


自分のいいところって、なんだろう?って考える前に、
人のいいところを見つけて生かしてあげるほうが先。


自分のブログについても、そう思います。

ブログは、自分の成長のため、とか、
自分の考えをまとめるためにやっています。

自分のためにやっていることではありますが、
それだけではなく、
ほんのちょっぴりでも
読む人のプラスになることを書きたいです。


私が自分のために読んでいる本が、
誰かの持ち味を生かす一助になる



こんなブログになるようにしていきます。


他にもあれこれ抱負というか、
野望などがありますが(笑)、
それは、胸に秘めて、行動していきます!



今日もありがとうございます。ヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2017/01/02 06:30】 | 新年
|
2017年1本目は、
「ハッピー・ニューイヤーな年明け」
     by ミスター(長嶋茂雄)

この脱力感で幕開けです。



ふじさんとおひさま   谷川俊太郎

ふじさんは おおきい 
おおきいから しずかだ
ふじさんを みると
こころも しずかに なる

おひさまは あかるい
あかるいから あたらしい
おひさまが のぼると
こころも あたらしく なる




私の中で、新年にふさわしいと思っている詩です。

1月23日だって、
6月16日だって、
どんな日も、1年に1回しかない
貴重な日なんだけど、

1月1日だけは、
特別感が高いです。

新しい気持ち
昨日とは違う自分になれる

そんな特別な日が、1月1日。


今年も、いい年になりますよ!

どうぞ、よろしくお願いいたします。






にほんブログ村

【2017/01/01 06:00】 | 新年
|

No title
チャールズマンソン
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします(^^)

Re: おめでとうございます
馬場亜紀
> あけましておめでとうございます。

こちらこそ、よろしくお願いいたします!

トカゲって、かわいいんですね。
初めて思いました~。


コメントを閉じる▲