スーパーのレジで会計をしていたら、
長男(6歳)が血相変えて
「これ、もらっていいの!?」と走ってきました。

顔を上げると、
見知らぬおじいさんが
「これ、あげてもいいかい?」と、
アメちゃんを見せてくれたのです。

私は
「いいんですか?ありがとうございます~!」と返事。
長男・次男・長男の友だち3人は
アメちゃんをもらって至福の表情です。

子どもと行動するようになってから、
話しかけられたり(主に子どもにですが)、
ちょっとしたお菓子をいただくことがあります。

くれる方は大体60代以上の年配の方ですね。
最初の頃は本当にびっくりしました。
何で知らない子なのに、くれるんだろう!?って。


特に今回のおじいさんには切なくなりました。

↑ちょっと似てます

アメちゃんを渡したおじいさんは、
自分の会計をされていたんですが、
レジの人に
「このカードは、この店じゃ使えないんですよ」と言われ
「あ・・・・?・・・え・・?」状態。
カードは○オンカードでした。

こ、こんなカードの区別も間違えるほどのお方が、
いつでも子どもに渡せるように
ポケットにアメちゃんを忍ばせているのかと想像したら
・・・切なくないですか?



最近、有名なブロガーさんの記事を読んだら、
「今の高齢者は、自分が払った年金の5倍以上もらってる。
今の若者は、自分が払った年金の2倍ももらえないのに。
若者がかわいそうすぎる。

日本で金をもっているのは高齢者なのに、
まだ高齢者を優遇する制度をとっている日本はおかしい。

政治家も高齢だからだろうけど」


こんな内容でした。

こういうのを読むと、
うんうん、不公平!とか、
若者の負担を軽くする制度を!とか、思ってしまうんですよね。

私も似たようなものです。
政治なんて分からないし。
税金高いな、なんてぶつくさ言いたくなるし。

でも、少し見方を変えてみようとも思いました。

年金もらいすぎって言うなら、
じゃあ、年金受給額を減らしましょう!と
一気に減らし、代わりに何か不足しているところに
そのお金を充てるとしてですよ。

年金減らされた方の生活を守るのは、誰でしょう。
まず、子どもです。

私の親、ダンナの親双方とも、年金暮らしです。
今、制度が変わって年金額が激減してしまったら、
・・・とてもじゃないですが、生活費を助けてあげる余裕は
ウチにはありません。
国がやってくれてるから、どうにかなっています。

それに、ウチの子ども(親にとって孫)の
誕生日やクリスマスや入学祝いなど、
事あるごとにプレゼントやお祝いをくれるのも、
無くなってしまうんじゃないかな。

そう考えると、
今すでに、少しずつ年金受給額は減らされているのに、
まだ文句だけ言うのは、どうかなと思えてきました。

いい子ぶりたいわけじゃないけど、
自分の親の年金がどうなるかを考えたら、
文句ばかりは言えないんじゃないだろうか。

自分は親を養う余裕があるから、いいのかな。
それとも、よその高齢者はどうでもいいのかな。

一面から見ると、
年金もらいすぎ!オレら、損する!!

でも、別の見方をすると、
今のところ、助かってます!

自分が年金受給される頃には、年金受給額が低くなるのが分かってるから、
どうやって長く収入を得るかは、真剣に考えたいです。

自分が高齢者になって、
見知らぬ子どもを喜ばせようと
ポケットにアメちゃんを忍ばせる、
そんな思いやりをもてるように。


全く関係ないですけど、
私の大好きなドラマでした。
  ↓↓↓



今日も読んでいただけて、本当に嬉しいですヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村





【リンパマッサージセルライトスパッツ】で美脚に

【2016/10/31 06:54】 | 日常
|

No title
まどりん
こんにちは。

若い世代は、労働で所得を得ることができますからね。
高齢者と同じ土俵で話はできないと思います。

冷酷でしょうが、今高齢者が持ってる資産だって、亡くなれば次の世代へ継承されます。高齢者がお金を持つのは悪いことばかりではないと思うんですが(笑)

Re: ありがとうございます
馬場亜紀
冷静なコメント、嬉しく思います。

いろんな意見があっていいけど、
攻撃するだけじゃ、
やられっぱなしの人が悲惨すぎますよね。

景気回復には、
高齢者の購買意欲をどう引き出すかが、
重要らしいです(笑)。


コメントを閉じる▲
高齢者の運転する車が、小学生たちの列に突っ込み
一人が死亡する事故がありましたね。

自分の子どもと年齢が近いと
特に悲惨さが増します。

このようなことがあってから、国は対策を立てる動きを見せますが、
そんな時、何気なく
「高齢者」と、ある年齢から上の人を
全部まとめちゃってる感じがして、
そこに違和感というか、ひとまとめにして考えていいの?と思いました。

もし私が誰かから
「美魔女、目指してんの?」
なんて聞かれたら、
「はぁ!?気持ち悪いこと言うなっちゅーねん」
と、思うから。
私の年代みんながみんな美魔女美魔女って浮かれてるんちゃうわ!

このように、
「高齢者みんながみんなボケとるわけじゃない!」と
憤慨している人もいるんじゃないかな~って。

素敵な高齢者もいました。
もうお亡くなりになりましたが、
アンパンマンの作者:やなせたかし氏です。

『何のために生まれてきたの?(PHP研究所)』


あえて悪いことを考えない

やなせ氏は90歳を越えても仕事されてました。
東日本大震災後のチャリティーコンサートなどで
舞台で歌ったりするお姿は、
テレビを見ない私でも知っていたので、
かなり精力的に活動されていたと思います。

そんなやなせ氏ですが、そのころのお体は、

左腎臓摘出
膵臓3分の1切除
胆のう除去
腸閉塞で腸45cm切除
心臓にペースメーカーが入っている

こんな状態だったそうです。

とっくに引退して、悠々自適に暮らしていても良かった、
誰もそれをとがめませんよね。
それでも、

病気だらけだけど、生きている間は、
なるべく元気に、楽しく暮らしたい


この気持ちだけで頑張れたのです。


おしゃれは相手に対する思いやり

派手なシャツを着ておしゃれをするのは、
アンパンマンのファンの子どもやその親が
「一緒に写真を撮ってください」と来たとき、
そしてその写真を家族や友だちと見るときに、

こんなしょんぼりとしたおじいちゃんが作者なのか
・・・というんじゃ、悪いなと思うから。


こんな気遣いをしていました。

確かに、画像や映像を見ると
やなせ氏はいつも派手な、
ちょっと着るのに勇気がいるような柄のシャツばかり
着ていらっしゃる。
気遣いの表れだったんですね。


どんな時代も希望はある

汚れた水の中に、一滴のきれいな水を入れても、
なんの効果もないと思うんだけど、
一人じゃなく、10人・20人という具合に増えていけば
なんとかなっていく。

「これはもう、だめだ」と絶望しないで、
一滴の水でも注ぐというか、
そういう仕事を自分もやっていく。
そうすれば、それに同調してくれる人間が必ず出てくる。
どんな時代も希望はある。
それを信じて生きていく。


汚れた世の中に、
自分一人が絶対的正義や思いやりを描く仕事をしても
ちっぽけなものだけど、
そんな気持ちを持つ人が増えれば、
世の中はきれいになっていく。

そんな100年後を目指して生きていたのです。
みんな楽しく暮らせていたらいいなあって。

素敵な人生の歩み方だと思います。
今すぐ出る結果を期待しないで、
コツコツやっていくのは、
けっこう大変だと思うんです。

自分の仕事に目指す結果がついてこないなんて、
やる気なくす理由になりますよ。

遠くに目標を置いて、
焦らず、自分に出来る最高のことをやる。

出来そうで出来ない自分に気付きます。

事故を起こした人をかばうつもりはありません。
ただ、高齢者と全てひっくるめて論議するのは
考えているようで実は考えていないんじゃないかと思うのです。

立派な方もいらっしゃる。
ダメダメな方もいらっしゃる。
それが個人を尊重する見方じゃないでしょうか。

そして私は
立派な高齢者から学ばせてもらおうと思います。

やなせ氏や永六輔氏、水木しげる氏など、
もう作品でしか、その精神を見ることはできないけど、
素晴らしいものを遺してくれたことに感謝します。




読んでもらえて本当に嬉しいです。更新がんばりますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村







【2016/10/30 06:57】 | 日常
|
時々、
「いただきます」の是非を問う声を見聞きします。

言わなくてもいいという意見がありますが、
私は、自分も子どもも言うようにしています。

それは、
作物を作ってくれた人に対しての感謝や
料理を作ってくれた人に対する感謝などを
短く、的確に表現してくれている言葉だと思うからです。

前回紹介した『あっ!命の授業』でも、
「天地(あめつち)の恵み(命)をいただきます」
意味だと書かれていました。


ところがですね、
もう何年前かは定かではないですが、

「給食費を払っているんだから、子どもに
「いただきます」を言わせるのはおかしい。
という意見がある」

永六輔氏のラジオ番組にこんな投書が来て、
議論が交わされたそうです。

『あなたの「いのち」をいただきます(永六輔:著 岩波新書)』
書かれています。


この投書に対する永六輔氏の見解はこうです。

食べるものはみんな「いのち

「あなたの『いのち』を私の『いのち』にさせていただきます」
と言って食べていた。

ただ「いただきます」って言えばいいってもんじゃないんで。

食べるものはお米でも野菜でもお肉でもお魚でも
みんな「いのち」、みんな生きていたの。
だから挨拶しなきゃいけないの。

「いただきます」の前に、
こんな長い言葉がくっついているんだってことを
忘れないでください。



あなたのいのちを私のいのちにさせていただきます。

知らなかったです。
ここまで意味が含まれていることは。

挨拶と考えると、
「いただきます」を言う大切さが分かりやすいですね。

近所の人に会って、
心の中で「おはようございます」と思っていても、
相手にしたら
「何?こっちが挨拶してんのに
何も言わないの、この人・・・?」
気持ち悪く(感じ悪く)思われても仕方ないです。

聞こえるように挨拶するのは、マナーですよね。
だから、食事にも挨拶する。
すっきりスマートな考え方であり、行為だと私は思います。


「いただきます」の時に、合掌するのを嫌う人もいますね。
宗教的だと。

合掌ポーズが自分の宗派に合わないからって、
そんなに目くじら立てることなんですか?

反発する人は、
自分の子どもが学校などで、
みんなと同じ様にさせられてるから気に入らないんでしょう。

でも、一種の形として受け入れるというか、
昔、隠れキリシタンが
泣く泣く踏み絵に応じたように、
とりあえず合掌しとけ、みたいに大らかに出来ないんでしょうかね。

こういうことに文句ある人は、
クリスマスにも腹立ててるような気がします。

もうすぐハロウィンですが、
あれも元々は宗教的だったそうですね。
今は単にお祭りになってますが、
アメリカでも宗教にこだわって批判する人もいるとか。

楽しい気分に水を差すこと、ない。
こっそり文句垂れてればいい。
世の中を攻撃するような口調でまくしたてても、
誰も気分良くならないです。


私は子どもや、保育園の園児にも
合掌させてますよ。
理由は、
手を合わせていないと
「いただきます」と言ってる間に
食べ始めちゃうからです!(笑)

私の結論としては、
「いただきます」は言っても言わなくても
食べることはいのちをいただいてることだと
忘れないでいたい、です。


最後まで読んでいただけたことに、感謝しますヾ(・∀・)ノ
<a




【リンパマッサージセルライトスパッツ】で美脚に

【北海道の息吹】北海道がぎゅうっと詰まった自然食品を食卓に!

【2016/10/29 06:43】 | 子育て
|

No title
ミカン25929
初めまして、ミカンと言います。
いつもブログ訪問して下さりありがとうございます。

「いただきます」の言葉、あなたの命を頂いて生かされていますということで非常に良い言葉だと思います。

英語に「いただきます」はありましたかね?
食前に神様に感謝の祈りをささげるのがそれに当たるのかな?
でも「ごちそうさまでした」は無いですよね。
日本語の素晴らしさを改めて感じました。

これからもよろしくお願いします。

~以下は、私の意見です。いろんな意見があるのは分かっていますので、読み流してくださいね。~

ただ、「いただきます」と言えば、何でも食べていいのか?
私はそうではないと思います。
自然の恵みに対して言う言葉であって、人間が自分の(食)欲の為に、ただ食べる為だけに飼う家畜は違うと思います。
人間だから何でも許されるのではないと思います。
そんなことで、昔の日本人のように、私は家畜を食べる事を止めました。


はじめまして
まどりん
こんにちは。

人間は、たくさんのいのちを食べて生きている。
「生きる」という行為は、ある意味残酷な一面があると思ってます。

いのちを食べる。
それ自体は、良くも悪くもない事。生きるためだから。
だからこそ、たくさんのいのちに感謝して
「いただきます」
と言いたいですよね(^-^)

Re: ありがとうございます
馬場亜紀
はじめまして、ミカン様。
日々の子育てあれこれのブログをやっております、馬場です。
コメントありがとうございます。

>
> ただ、「いただきます」と言えば、何でも食べていいのか?
> 私はそうではないと思います。
> 自然の恵みに対して言う言葉であって、人間が自分の(食)欲の為に、ただ食べる為だけに飼う家畜は違うと思います。
> 人間だから何でも許されるのではないと思います。
> そんなことで、昔の日本人のように、私は家畜を食べる事を止めました。

一人ひとりが食べることを真剣に受け止めて食べる、
こうできれば、無駄に捨てられる食料も減ったりするんでしょうね。

自然の恵みから作られていない食品に、
感謝の気持ちは持ちづらいとか、
いろいろ考えるべきことはありますね、食べることって。

ミカン様の、考え方をしっかり持つ姿勢は尊敬に値します。

私も毎日ミカン様のブログを楽しませてもらってるんですよ!
これからもどうぞよろしくお願いします。


Re: ありがとうございます
馬場亜紀
はじめまして、馬場です。
コメントありがとうございます。

そうですよね、自分が生きるために
他の命を奪っている行為ですよね、食べるって。

だから、感謝の気持ちを言葉に表していきたいですよね。

共感していただいて、嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。


コメントを閉じる▲
」には、まだ意味が隠されていました(私、しつこいですね)。
まるにないで、
少し(ときどき)止まることも大事ですよ

止まって周囲を見渡して、
自分のいる場所を確認してまた歩きなさい


これも素敵な意味だなと思います。

昨日、『あっ!命の授業(ゴルゴ松本:著)』を読んだら
書かれていたのです。

「意外と真面目な本です」とまえがきにありますが、
めちゃめちゃ真面目です。
でも笑いも忘れていない。
すごくいい本でした。



あらゆる漢字の成り立ちを
多少はこじつけも含め、言霊の力を表現しています。

それら1つ1つがとても勉強になります。

それと同じ位素敵だったのが、
ゴルゴ松本氏のつぶやきっぽいところでした。

私の気に入ったところ。
   ↓↓↓↓
世の中に雑草なんて草はない。
ただ名前を知らないだけだ。

世の中にブスなんていない。
ちょっと笑顔が足りないだけだ



いいと思いませんか!?
ブスなんていない、ちょっと笑顔が足りないだけ。

どんなきれいな顔のつくりであっても、
険しい顔をしてる人は、感じ良くないし、怖い。
怖くて近寄りたくないです。

反対に、
そんなにきれいじゃないのに、
いつもニコニコ感じのいい人は、
可愛く見える。

当たり前のようでいて、ホントに大事にしているのか
微妙な扱いの笑顔。
メイクじゃ補えないところは、笑顔でカバーですね。
覚えておこ。

もうひとつ。
 
危険な兆しを感じたら
  ↓
逃げる
  ↓
高台に登って眺める
  ↓
状況を把握したら挑む
  ↓
おいしいが待ってるよ!


兆しにくっつく部首を変えたら
ドラマチックになりました(笑)。

これがゴルゴ流漢字セラピーです。
こう見ると、
逃げることも現状を打破する
立派な戦略だと納得。

「逃げたらダメだ」とはよく言われますが、
がむしゃらで周りがどうなってるのか分からないと、
その頑張りが無駄になることもある。

そうならないために、一旦、逃げる。
そのための冷静な自分も必要ですね。

ホント、いい本なんですよ。

愚痴とは
自分の愚かさを知ろうとしない病気のことだ


これなんかも好きです。


ゴルゴ松本氏が少年院で命の授業をしているのは
知っていましたが、
見たことはないんです。
今度ユーチューブでも見よう。

少年院だけじゃなく、
学校でも講演してほしいな。




今日も読んでいただいて、ありがとうございますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村




いま、売れている本、読みたい本がみつかる【電子書籍ランキング.com】

【日本盛】米ぬか美人うるおいシリーズ+スペシャルシリーズ=1,200円(税込・送料無料)

【2016/10/28 06:44】 | 言霊
|
イソップの「うさぎとかめ
いろんな教訓があり、どの教訓も意義があるなあと知りました。

もうひとつ、歩くことに関しての教えを知ったので書きますね。

歩くとは

止まるが少ない

歩くという漢字は、止まるが少ないと書きます。
かめが「ボクも休憩しよ」と休んだら、
そのうちうさぎが起きてしまい、勝負はどうなっていたか。

なるべく止まらず歩みなさい。
こんな教えだそうです。

決して、走らなくてよいのです。
走ったら息切れして、もう進めなくなるか、
休憩が長くなりすぎて、勝つことができなくなるから。

人生は歩きつづける。
歩みを止めたら、成長も成功も手に入らない。
決して止まらず、少しずつ歩きつづける。
それが結局、
一生を通せば、
人生を一番楽に過ごせることになり、成長に繋がる。



うんうん、そうやね。
それが大事!



・・・・・・・・ところで、
私は何に向かって歩けばいいんだろ?

43歳にもなって、こんな疑問を自分にもってるのは
おかしいのかな。
私だけ目標が分からないのかな。

今は主に子育てが中心の毎日で
それについて何の疑問も空しさもなく、
楽しんでます。

でもこの目まぐるしい毎日が、
落ち着く日が来ます。
それから、何に向かって充実した生活をすればいいのか。

まだ、そこを考えないようにしている自分がいます。

だって、「自分らしく」ってのも、よく分かってないんです。
どうしてることが自分らしさなのか。

他の人のブログもよく読ませてもらってます。
自分らしさを全開にしている様子は、
とても眩しいです。
「いいなあ」と、少し羨ましい気持ちで。

そして少し、自分がちっぽけで悲しいというか、惨めというか・・・。

ぼんやりとした目標「こうなってみたいな」は、あります。
でも、ものすごく、ぼんやり。
これを明確にするには、
言葉にして書くこと。

これをやればいいんですが、
めんどくさい気持ちが先に立ち、まだやってない。

もうそろそろ、やります。

もう歩いてるんだから、方向を間違えないように、
目標を見据えます。

もし平均寿命(女性は88歳だったっけ)まで生きるとしたら、
まだ、今まで生きてきた時間よりも
多くの時間が、私にはある。
いろいろ挑戦できる!


昨日、いいなと思った言葉を見つけました。
苦しんでも歩きたい道は、
幸せになりたい道だ

(『ハッピー!第22巻(波間信子:作)』)

自分の選んだ目標へ向かう道が
もしも、苦しい道だとしたら、
それが自分の求める幸せだと信じてゆっくり歩こう。
がんばります!



今日もありがとうございましたヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2016/10/27 06:40】 | 言霊
|
先日、図書館から『イソップのおはなし(木坂涼:再話 降矢なな:絵)』を借りてきて
息子たちに読んでます。

長男(6歳)は面白いと、
そして次男(2歳半)も面白いと(分かるのか?)言って、
何度も繰り返し読んでいるのですが。


(借りてきた本と画像の本は、違います)

私は子どもの頃から、
イソップ物語って、あまり好きじゃありません。

読後感が爽やかじゃない。

どんな登場人物(動物)も、
「なんでこんなにアホなんや・・・?」と思ってしまうのです。

でも最近、「うさぎとかめ」の教訓に、
いくつかの解釈があることを知り、ちょっと興味を持っています。


努力するものが報われる

日本で一番多く広まっている考え方かと思います。

うさぎはかめに勝てると決めつけて、なまけた。
かめはがんばれば勝てると信じて、歩きつづけた。

この視点で、
がんばれば勝てる、
努力すれば、その努力は報われるという
教えですね。


うさぎとかめでは見ているものが違った

これはビジネスマンに人気のある考え方だそうです。

うさぎの目標は、かめに勝つこと。
かめの目標は、ゴールすること。


結果、
うさぎは昼寝して負けた。
かめはうさぎの横を通過して勝った。

ここに、
人生の全てにおける目標達成方法が集約されている

いったい、何を目標に頑張るのですか?という問いかけですね。

ライバル(同僚でもいいし、会社でもいい)に勝つことなのか。
目標にしたものを手に入れることが勝つことなのか。

だから、たとえ頑張るかめでも、
目標なく歩きつづけても、無意味

いつまでも歩かなければいけないか、人生を漂流するかになってしまうから。

目標をはっきりさせ、それに向かって努力しましょう。


友情を大切にしろ

世界にも少しずつ設定が違う「うさぎとかめ」のおはなしはあって、
それぞれの国で教訓は違うようです。

私が面白いと思ったのは、インドの教訓。

インドでのうさぎとかめは、日本とほぼ同じおはなしとなっています。
でも、教訓が違います。

友情を大切にしなければならない」です。

どうしてこんな教訓が出てくるの?ですが、
かめが寝ているうさぎの横を通過しますよね。

「なんで起こしてやらないんだ?」
こんな考え方なんですって。

こんな視点、まったく出てきません、私の頭からは。
つーか、うさぎとかめは友だちだったの?(笑)
友だちに
「のろまだねえ」なんて言うのか?

グローバルの時代と言われています。
外国の人たちの考え方や価値観など、
本当にさまざまありすぎて、自分の頭を柔らかくしておかないと、
置いていかれてしまいますね。


因果応報

ウチの長男がはなしを面白がってるので、
どこが面白いのか聞いてみました。

すると、
「うさぎが寝てるのが面白い」と。

私「寝てたら、面白いの?」
長男「だって、かめに負けるじゃん」
私「なんで、そこが面白いの?」
長男「うさぎはかめをバカにしたから、
   そんなヤツは負けて当たり前だ!」


人をバカにするような人は、負けて当たり前だ。
ざまあみろ!

こんな気持ちを持っていたようです。

それはそれで、アリの考え方かな。

人をバカにするのは悪いこと。
悪いことする人は嫌な目にあうよ。
      ↓↓
    因果応報
人は良い行いをすればよい報いがあり、
悪い行いをすれば悪い報いがある。

なんだか、息子から教わった気分です。

私の、物語を読み取る力やその中にある教えを考える力が
足りないなと、反省もしました。

いろんな視点を持つことを
もっともっと大切にしていきたいです。



今日もありがとうございましたヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2016/10/26 06:42】 |
|
前回、総合格闘技世界チャンピオン・青木真也氏の
『空気を読んではいけない(幻冬舎)』の
1つのエピソードを取り上げました。



今回は書籍のタイトルにある、
空気を読まないことについて考えたことを書きます。

自分で人生を選ぶ

幸せになるための、青木氏の理論は
「空気なんか読まずに、自分で人生を選べばいい」

自分が幸せになるための人生を選ぶ方法は、
自分の物差しをもつこと。
物差しをもてれば、幸せの道がひらけていくはずだ。

そのために、強烈な方法を選択していますよ。
・友だちはいらない
人間関係の悩みが増えたり、
借りをつくってしまうことになるから。

・人と食事に行かない
人と馴れ合うことで、自分の生きかたが汚されるから。

青木氏にとっての幸せとは、
格闘技の世界で一番になること。
だから、そのために必要なことは全部やる、
必要のないものはやらない・持たない。

そんな青木氏は断捨離の達人
自分の持ち物全てに、
持つ理由を述べられるものは保有する。
理由のないものは捨てる・もらわない。
なんとなく捨てられないというものは、捨てる対象物。

1つ物を増やすなら、1つの物を手放す。

これだけです。
片付けの本なんていらないです(笑)。

ただ、これらを実行するためには、
どんな批判をされても平気でいられる心が必須。

そりゃ、感じ悪い人でしょうね、周りの人から見たら。
食事に誘っても
「帰りますので」

何かあげようとしたら
「オレにはいらないものだから、けっこうです」

ずっと、全部こんな感じです。
「空気読めよ!」

でも青木氏にとっては、
空気を読むことは自分にとって何のメリットもないんです。
だから、あえて、空気を読まない。

そしてそれで成功しているし、
青木氏は充実した人生を歩んでいます。

成功する条件の一つは
批判をもろともしない、だそうです。

批判をもろともせず、自分の物差しを持ち続けられるか?
それが出来れば成功も幸せも待っている。


子どもには空気を読んでほしい親心

カッコいい生きかただと思います。
個人としてこう出来れば、本当にいいと。

でも、自分の子どもに望む人生かと問われたら、
返事に困りますね・・・。

小学生のころから、友だちゼロですよ?
どうしたって、心配になりませんか、親として?

青木氏の父親は、
「友だちなんかいて、どうするんだ」という考え方で、
自身も友だちいなかったそうです。
でも社会でやっていけないわけではなく、
自分の工場持って、従業員雇って、
社会生活を営んでいるのです。

友だちいなくても、大丈夫。

でも、いるに越したことはない。
そこまで極端な人生を選択するのは、
大人になってからでいいよ。
こう思ってしまいます。

ものすごくすごい頂点を目指してほしいなら、
これくらい極端な考えを貫かないといけないです。

すごい人になってくれたら嬉しいけど、
それによって手放すものも多そうだ。
なんか、自分の子どもはそこそこでいいかな、
なんて普通を願っている自分がいます。


私が『空気を読んではいけない』を読もうと思ったきっかけは、
書籍刊行記念の、青木氏と、
元格闘技チャンピオンの須藤元気氏の対談記事を読んだから。

対戦相手に殺意をもって試合する青木氏。
一方、須藤氏は、
対戦後、相手の選手に
「今日はありがとうございました~」って、
手土産渡しに行っていたそうです。

これはこれで空気読んでません(笑)。
アンタ、さっきまでこの人ぶちのめしてたでしょ・・・
周りの人、絶対こう思って引いてたハズ。

スピリチュアル格闘家ですもんね。


音楽までやっちゃってますもんね。
「なんで音楽ユニット!?」
ファンの疑問も何のその、やりたいことやるもんね。

青木氏と須藤氏、
対極にある生き方ですが、
自分の幸せをつかんでいます。

二人とも空気を読まず、
自分の信じることをやっている。

ここに幸せになる方法があるのです。

青木氏は書籍の冒頭に、
「空気を読んで疲れている人に、
こんな生き方・考え方・新しい価値観があるんだと知ってもらえたら、
そして少しでも参考になれば、嬉しい」と語ってます。

空気を読めない人のための本ではありません。






今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2016/10/25 06:52】 |
|
自分の子どもが教室で一人
壁に向かって食べさせられていると知ったら
どんな気持ちでしょうか?

『空気を読んではいけない(青木真也:著 幻冬舎)』

総合格闘技の世界チャンピオン・青木真也氏の本です。
全然知らない人でした。
昔のPRIDE衰退期にデビューした選手だとか。

プロフィールには、
早大卒・元警察官・現総合格闘技世界チャンピオン
とあります。

そんな青木氏の
小学4年生の日常はこんなだったそうです。




青木君が授業の邪魔をするから、
みんなで違う教室に行きましょう


青木氏の4年生の時の担任の言葉です。

当時の青木氏は、
授業中、座っていられない子だったそうです。
そして他の子どもたちとケンカも絶えなかったとか。

だからだんだん担任も嫌になってきたんでしょうね。
本当に青木氏以外の全員で
隣の教室に移動したんです。

そして給食の時間も、
普通は近くの子同士で机を集めて食べますよね。

友だちがおらず、ひとりぼっちになる青木氏は、
机を教室の壁につけて置き、
その壁に向かって一人で食べさせられることもあったそうです。

青木氏は、自分が嫌われるのは分かっていたと書いています。
人の話を聞けない、
言われたことと反対のことをする、
腕っぷしは強い、

でも、みんなと同じようには出来ないことも分かっていたのです。

今なら、多動症とか何らかの発達障害と診断されるのかなと思いましたが、
青木氏が高学年になると、授業も座って受けられるようになり、
人の話も聞けるようになったそうです。

だから、4年生ではまだ出来なかっただけ、なんですね。



子どもひとり言うこと聞かせられない
あんたの器が小さいんだろ


発達の進み具合を分かろうとしていなかったのか、
担任は何度も青木氏の親を学校に呼び出していたそうです。

その度にお母さんが応じていたのですが、
ある日、
「私はもう嫌」と言い出し、
お父さんが呼び出しに応じたのです。

お父さんが帰宅し、
怒られるんだろうと思っていた青木氏にお父さんは
「もう先生の言うことは聞かなくていいから」とだけ。

事の顛末は、お父さんが先生に
「子どもひとり言うこと聞かせられない
あんたの器が小さいんだろ」と啖呵を切った・・・。


お父さん、カッコいい!
私は、青木氏のお父さんは最高の対応をしたと信じてます。

こういったケースで最悪だと思われるのが、
「先生にこんなこと言われた!
あんた、何でちゃんとできないの!?」と
子どもを責めることでしょう。

そして、ありがちだと思えます。
実際、青木氏もお母さんからはそう言って
毎度毎度怒られていたんじゃないかと思います(書いてないけど)。

親のしつけや教育が問題のこともあるとは思います。
そう思うから、学校側も親を呼び出すんだろうけど、
そして青木氏のケースなら、学校側は
「モンスターペアレント」と思ったかもしれませんね。

でも私の思うモンスターペアレントは、
「なんでウチの子はお姫様役じゃないんだ!」
みたいな言いがかりをつける人です。

自分の都合しか考えていない文句垂れと
青木氏のお父さんは違います。

青木氏のお父さんの態度は、
息子の心を支えてくれたでしょう。

青木氏も、父親の言葉のいくつかは
心に刻んでいると書いていますから、
言葉が少ない関係でも、絆はしっかりしています。

自分の子どもが授業中座らず、
ぴょんぴょん飛び跳ねたりしていたら、
そしてそのことを先生に注意されたら、

あんたの器が小さいんだろって言えるかな。

担任とちゃんと信頼関係ができていれば、
お互いどんな接し方でこの子が学校になじめるか
話し合って対応していけたんでしょうが、

子どもたちに
「隣の教室に移動しましょう」
なんて、それこそ子どもじみた言動をとる先生に
どうにかできる問題じゃないですね。

こんな言動の先生だったから、
言うこと聞きたくなかったのかもしれません。

子どもを責めない。
この態度をとっていきたいなと考えさせられた本です。

次回は、
空気を読まないとどうなるか
これについて書いてみたいと思ってます。




今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2016/10/24 06:59】 | 子育て
|

No title
お金が大好きなアラサー主婦ちもママ
はじめまして!
凄く良いお話しを読めて感激です( ノД`)
私も娘が大きくなったら問題に立ち向かえる母にならなくては!

Re:ありがとうございます!
馬場亜紀
> はじめまして!
> 凄く良いお話しを読めて感激です( ノД`)
> 私も娘が大きくなったら問題に立ち向かえる母にならなくては!


Re: ありがとうございます
馬場亜紀
もしかして空メールしてしまいましたか?
すいません!

日々の子育てあれこれの馬場亜紀です。

コメントありがとうございます。
共感してくれる人がいるって嬉しいものです。

変な先生はあちこちにいてそうですが、
子どもを守ってあげられる親でありたいですね。

私もちもママ様のブログに
ちょくちょくお邪魔させていただきますね!

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


コメントを閉じる▲
アンパンマンの持つ、自分が傷ついても人を助ける心。
それと同類の優しさを持つヒーローをもう一人知っています。

『ワンダーマン(宮西達也:作)』です。


人に迷惑をかける怪獣をやっつけに来たワンダーマン2号。
「ワンダーキーック!!」
飛び蹴りか!?

いいえ、
「ワンダーキーッス チュッ」

ここ、子どもに大ウケします。
「なんで~!?おかしいな~!!」

ワンダーマン2号は、
兄のワンダーマン1号から大切なことを学んだのでした。

ワンダーマン1号は、
悪いことをする怪獣をやっつけません。
「こんなことは、しちゃいけないんだ」と諭したり、
2号にやられた怪獣のケガの手当てをしたり、
壊れた家やビルを片付けたり。

ワンダーマン2号は兄の行動が理解できません。
「そんなのする必要はない。
悪いやつをやっつければ、それでいいんだ。
片付けなんてカッコ悪い」

こうやって反発していましたが、
あるきっかけで改心したのです。
そこは悲しい最期でもあるのですが・・・・。

私は子どもの頃、ウルトラマンや仮面ライダーを見ていました。
ただ、普通に受け入れていましたね、正義の味方の行動を。
何の疑問も持たずに。

だから、
「ウルトラマンが怪獣をやっつける時に壊した町は
どうなるんだ?」
こんな疑問は頭に浮かびませんでした。

こうやって絵本に示されて、
「あ、そう言えばそうやね」と思った程度です。

これがテレビにそのまま毒されてるってことかもしれません。

最初、長男に『ワンダーマン』を読んだとき、
長男の感想は
「なんで1号は戦わないの?
2号のほうがカッコいいじゃん!」でした。

「言えば分かる相手に、キックやパンチする必要ないやろ」
「建物壊してほったらかしは良くないんちゃうの」

こんな感じでどうにか説明した私ですが、
正義の味方が戦わない理由を考えるなんて初めて。
すんなり幼児を納得させるのは難しかったのです。

今では長男も
「戦わない1号はカッコいい!
だって、本当に優しいもん」と感想を伝えてくれます。

でも、この絵本は大人も正義のあり方を考えさせられるなあ。



今日も最後までご覧いただいて、ありがとうございますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2016/10/23 06:24】 |
|
長男が公園で小学生から悪ふざけを受けたこともあり、
最近、子どもの思いやりとか優しさとか正義について、
その心って育まれているのかなと疑問に感じてます。

そういった心の育まれない一因に、私は
アンパンマンがあるのではないかと疑ってました。

理由ですか。

いったい、どれだけの子どもが
「アンパーンチ!!」に泣かされたことか・・・・。

2・3歳で暴力かと悲しくなってて、
自分の子どもにはアンパンマンを見せていませんでした。

でもたまたま、原作者のやなせたかし氏の思いの一部を知ることがあり、
それから『明日をひらく言葉(PHP研究所)』を読んで、
私の偏った疑いを払拭させられたのです。



アンパンマンの正義とは

・正義のための戦いなんてどこにもない
やなせ氏は21歳~25歳、兵隊として戦争に参加させられていたそうです。
「中国のために」という大義名分で。
でも敗戦後の
「日本の侵略」だったという意義の逆転。

戦争は勝っても負けてもろくなことがない。

・周囲に困った人がいれば手を差し伸べる愛と献身こそ正義
アンパンマンは自分の顔をちぎって人に食べさせます。
発表した当時、
「残酷だ」と批判されたけれど、やなせ氏は譲りません。

本人も傷つくけれど、それによって人を助ける。
それでも顔は気楽そうに笑っている。
それこそ、正義の味方だ、と。

・悪人を倒すことよりも、弱い人を助ける
スーパーマンやウルトラマンは悪人や怪獣をやっつける。
でも町や森を破壊してします。
それで正義が勝ったというのは、なんだかうさんくさい。

いろんな兵器が出てきて、ドンドンパチパチ派手に火花を散らす。
それがカッコ良く見えて興奮するなんて、
一種の「戦争賛美」のように思える。

・敵と「共生」する
バイキンは食べ物の敵だけど、
パンだって酵母菌がないとつくれない。
バイキンも食べ物がないと繁殖できない。

敵を排除するのではなく、共生する。


なぜアンパンマンに指がないのか?
アンパンマンや、その他すべてのキャラクターには指がありません。
あれは、握りこぶしをつくっているのです。

悲しいとき、絶望しそうになったとき、
握りこぶしをつくる。

そしてその握りこぶしで涙を拭く。

そうすれば、もう一度生きてみよう・立ち直ろう
とする自分が生まれてくる。

やなせ氏自身の戦争体験が
アンパンマンという正義をつくったのです。

とにかく、なによりも飢えが辛かったそうです。

自分も足りなくなって、弱ってしまうことが分かってても、
お腹を空かせた人に食べ物を分けてあげる。

正義とはこういうことだ。
こういう気持ちが込められたアンパンマン。

アンパンマンに指がない、もう1つの理由があります。
これを知って、興味をもったのですが。

アニメを描く人たちが、指5本描く時間を減らして、
少しでも早く家に帰って、自分の子どもと遊ぶ時間がつくれるように、
キャラクター全て、手は○にしたそうです。



やなせ氏の思いやりに感激したんです。
こりゃ、アンパンマンに対して失礼な解釈していたなとも反省しました。

だから、アニメを作るプロの方たちにお願いがあります。
やなせ氏の思いが伝わるアンパンマンを製作してほしいです。

子どもにアンパンチばかり残るような作り方はしないでください。

そして、幼児向けにしすぎないでください。
アンパンマンの正義が理解できるようになるのは5歳くらいからかな?
でもその年頃の子どもは、
「アンパンマンなんて、赤ちゃんが見るものだ」と、
見なくなってしまうのです。
そして、流行の戦隊ヒーローなどに夢中になります。

やなせ氏の
「早く家に帰れるように」という思いやりを、
子どもたちに伝わるように作ってほしいです。


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございますヾ(・∀・)ノ

にほんブログ村

【2016/10/22 06:31】 | 子育て
|