健康は、お金じゃ買えない。(だれかの言葉)


前回に引き続き、斎藤先生のお話より。
ドライシンドローム」というものが増えているそうです。



全身が乾いている



ドライシンドローム=乾燥症候群 のこと。

目が乾いて(ドライアイ)、
口が渇いて(ドライマウス)、
皮膚が乾いて(ドライスキン)、
髪の毛が乾いて、
膣が乾く(ドライヴァジャイナ)。

悲しいけど泣けない人とか、
愛しているけど濡れない人が増えてきている。

これらをまとめて、ドライシンドロームと呼んでいるのです。



それぞれ、不快な症状がありますね。
症状とまでいかなくても、髪や顔の肌がかさついていたら、
女性は相当気になって、その日の気分も落ち込んでしまったりする。

けっこう、重要なことだと気づきます。



少し、斎藤先生のお話を。



ドライシンドロームの原因は様々で、
エアコンに当たりすぎている、
いい栄養が含まれている食品を食べていない、
睡眠不足、
休日にも疲れがとれない、
ストレス・・・・・・

これらが分泌液の減少に影響を与えています。
それと、メンタル。


分泌液っていうのは侮れなくて、
自分のメンタルなものを反映していると考えています。

分泌液は自律神経支配で、
交感神経と副交感神経にコントロールされています。

緊張すれば口が渇くし、
リラックスすれば唾液が出る、というのと同じで、
他の分泌液に関しても、同じことが言えます。

つまり、渇きは、全身の症状であると。

だから、今は「潤い」をテーマにした商品が売れるのです。





この持論でいくと、
目が乾くから目薬を、
口が渇くからアメちゃんを、

それだけでは治ったことにならないよってことですね。
全身の「乾き(渇き)」をどうにかしないとダメって話。


これ、専門的な、医学的なことはわからないけれど、
納得できるんですよね。

体は、それぞれが別々に働いているわけじゃない、
全部つながりがあるってことだから、

一部が渇いている、という話じゃありませんね。

特に一部に強く症状が現れてるけど、実は全体として渇き気味ってこと。
そう考えるほうが、自然だと思うんです。


そしてこのお話で感じたことは、
人って、植物と似てるな~と。


老けることを、「枯れる」と表現したりしますよね。

植物が枯れたとき、真っ先に「水が足りなかった?」と考えます。
枯れないように、毎日とか、植物の様子をみて朝晩2回水やりするとか、します。


でも、水やりだけじゃないですよね。
日光に当たっているか、風が当たりすぎていないか、虫のせいじゃないか、など。

いろいろ原因を考えて、対策をします。


同じことを、人もやる必要があるんですよね。
肌がカサカサしているから、潤い成分がいっぱいつまった化粧水を使う。
それだけでは改善しにくいってこと。

サプリメントで補充するだけという考え方も。


食べ物はどんなものを食べているか、
休みの日はしっかり疲れをとるような過ごし方をしているか、
ストレス解消になる趣味をもっているか、
自分なりのリラックス法をもっているか・・・。



「枯れたね」なんて、言われたくない。
枯れるって表現、ものすごく寂しい感がありません?


体内砂漠状態。
人の体は、60%が水分でできていて、それを下回ると生きていられなくなります。

潤いのことを、もっと大切にしようと思った、そんなお話でした。








今日もありがとうございます。

にほんブログ村