吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 言語 › 濁点があるかないかでこんなに違う『名文どろぼう』
2017-08-26 (Sat) 06:45

濁点があるかないかでこんなに違う『名文どろぼう』

清と濁


世の中は澄むと濁るで大違い
刷毛に毛があり 禿に毛がなし

世の中は澄むと濁るで大違い
福に徳あり 河豚に毒あり

世の中は澄むと濁るで大違い
人は茶をのみ 蛇(ぢゃ)は人をのむ


   『食前食後(池田弥三郎:著)』




世の中は澄むと濁るのちがいにて、
キスは甘いし、疵は痛いし

世の中は澄むと濁るのちがいにて、
旗はヒラヒラ、肌はチラチラ

世の中は澄むと濁るのちがいにて、
ためになる人、だめになる人

世の中は澄むと濁るのちがいにて、
菓子は食いたし、餓死は食えない


   『ことば遊びの楽しみ(阿刀田高:著)』





濁点のあるなしでこんなに違う。
面白いですよね。



キラキラした人に憧れても、
ギラギラした人に憧れない(笑)。



言葉遊びばかりですね(=∀=)。
今年の8月は「夏はどこにいったの?」というほどの天候続きでしたが、
今また暑さが戻ってきましたね。

こうなると、「夏バテ」も戻ってきそうなんですが、
この濁点を取ると、
「ナツハテ」=「夏果て」という、晩夏をあらわす季語になります。


濁音有利の状況かもしれませんが、
もうすぐ清音が静かにやってきます。
それまで出来るだけゆったりいきましょうね。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます!
今回の記事は、『名文どろぼう』より引用しました。



最終更新日 : 2020-07-18

* by てかと
目がキラキラした人とギラギラした人だと、
好感度高いのは前者だろうしねw
濁点のほうは引き立て役にしかなれないのかw

* by HAM1826
言葉遊びの例、探し始めると他にもいろいろ
見つかりそうで面白いね。

以前、職場に、どういうわけか濁音を極力使わず、
「だより」を「たより」などと呼ぶ部下がいたのを
思い出しました。

濁音の持つ響きや重さを嫌ったのだろうか…と、
今さらながら思った次第です^^

追伸
以前に紹介されていた「なぜ『そうじ』をすると
人生が変わるのか?」
「学校に行きたい!世界の果てには…」
を娘に読ませました。

とりわけ「そうじ」の本が気に行った様子で、
夏休みの宿題の読書感想文にしていました。
本の紹介、ありがとう。

* by エリアンダー
そうそう、私も昔作ったことがあります。

ケンカはならんて! 献花はならんで。
『桔梗』は特選、企業は独占
感動は小泉、間道にも小泉
愚妻の気持、臭いのキムチ
石屋は字を彫る、医者は痔でぼる。
パソは固まる、ソバは暖まる。

* by 節約ドットコム
言葉遊びはギャグにもなりますが
本来は奥深いジャンルですよね。
ホント頭使いますから。
引き出しが多くないと遊べる幅も狭くなってしまう気がします。

* by ミドリノマッキー
最初意味が分かりませんでした。
キラキラとギラギラのところで、そういうことか。
で、また初めから読み直し。
にぶいですね。
固いからな。遊びが足らんってこと。
清濁併せ呑みます。

Re: てかと様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
濁点ついても美しい印象を与える言葉って、すぐには思いつかなかったんですよね・・・なんかあるかな・・・。
目がたれてるのはかわいい、だれてるのは・・・やっぱりアカンヮ。

Re: HAM1826 様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
職場の濁音を嫌う人、すごく面白いですね!変わってるな~(笑)

娘さんの読書感想文のお役に立てたかと思うと、ものすごく嬉しいです。
あの本、若い人にもちゃんと響くんですね、よかった~!!
すごく嬉しい報告をいただきました。私こそありがとうございます!

Re: エリアンダー様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
> そうそう、私も昔作ったことがあります。
>
> ケンカはならんて! 献花はならんで。
> 『桔梗』は特選、企業は独占
> 感動は小泉、間道にも小泉
> 愚妻の気持、臭いのキムチ
> 石屋は字を彫る、医者は痔でぼる。
> パソは固まる、ソバは暖まる。
お上手ですよね、エリアンダー様は!
私、全然思いつかなかったです。これ、記事に追加してもよろしいでしょうか?(笑)
「愚妻は気持ち、臭いのキムチ」
これ、実感とか言いませんよね?怒られますよ、絶対に!

Re: 節約ドットコム様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
これ、おやじギャグとあまり変わりませんよね。イヤミとかじゃなく、ホントに。
ギャグって、簡単に出てくるもんじゃありません。
だから経験と勉強を積み重ねてきたオジサマたちはギャグを言いたくなるのかな?
「オバハンギャグ」とは言いませんものね~。(女性はくだらないことに頭と時間を使わないってふうにも言える笑)

Re: ミドリノマッキー様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
2回も読んでくださったんですね!ありがとうございます~♪
いろんな方のブログを読んでいると、本当にギャグの上手な人とかいらっしゃって、私もよく笑ってます。面白い人っていっぱいいますね~。そういうのも勉強かと思ってます!

* by 八咫烏(全力稼働中)
個人的に濁点で力強いなって主はイラクの首都バグダットですかね~^^全て点々がついています。ッも点々ついてますよね~^^言葉遊びっておもしろいですよね~^^ずっと昔から行われていることだと思います^^

Re: 八咫烏(全力稼働中)様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
バグダッド(笑)
生命力を感じると思ったら、濁音があるからなんですね!
そういや、ゴキブリとかゲジゲジも破壊力ありますよね。
ああ、怪獣も濁音つくのが多いのはそれが理由だったような。ホント、面白いですね~。
アイツの濁音の位置には悩まされます、ホラ、「アボカド」?「アボガト」?「アホダネ」?

Comment-close▲