吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 詩・短歌・俳句 › やる気になるには、その気になるしかない。『自分におどろく』
2019-01-15 (Tue) 08:00

やる気になるには、その気になるしかない。『自分におどろく』

考えてごらん
いまここに
きみはいる
なぜだ?
なぜいるのだ
どこから来たのだ
きみは
いったい
だれだ?



自分におどろく


『自分におどろく(たなかかずお:文 あべ弘士:絵)』です。
一応、子供向け詩集とされていますが。

子供だましなんて言葉は当てはまりません。
私は次の詩がお気に入り。


なぜ彼は二本足で立ったのか?
それはねー
そのとき
その人は
二本足で立ってみようと思ったのだよ!
その気になったのだね
その気にならなければ
人はなにもしない




なんか、笑った。
その気になったから、立った。
その気にならなかったら、
人は今もまだ四つんばいだったのかもww


「その気になる」のと、「行動する」の幅は、けっこう広い。

その気になって実行するためには、
その気になった事柄の優先順位を上げるしかない。



自分におどろく


ビッグバンから今のコンピュータ文明までを、
子供にわかる詩で表現しているってところが素晴らしい。

最終更新日 : 2020-07-17

No title * by てかと
祖先がやる気ださなかったらいまだにハイギョのままだったかもしれんねw
陸にあがれてないという。

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
その気になったから
2本足で立って歩いているんですね。
その気になってよかった(´∀`*)ウフフ

Comment-close▲