タイトル画像

北海道のインド人

2019.03.25(06:00) 740

海外に定住すること。
自分が住もうと決めたその地域の人たちを信頼できるからこそ出来ること。

こんなことを想ったきっかけは、帰宅したダンナの話から。

「今朝乗ったバスさあ。
乗客全員、インド人だったさ」

ここは北海道。観光地ではない、普通の中規模市です。
時々バスで出かけるダンナですが、
通常は学生たちもおらず、少し空席があるくらいのゆとりがあるそうです。

今日に限って、すべての座席がインド人で占められていたって。
インド人なのかネパール人なのかスリランカ人なのかパキスタン人なのか、
そのあたりは見分けられないんで、代表として「インド人」にしておきましょう。

「終点まで誰も乗ってこねえし、誰も降りねえし。
なんか・・・イヤってわけじゃなかったけど、居心地悪かった~」って。

インド人同士、わきあいあいって感じでもなかったらしく。
静まりかえる冬の北海道のバスに、インド人ぎっしり。


昔読んだ「北極のインド人」を思い出しました。
『南極のペンギン(高倉健:著、唐仁原教久:画)』の中の短編です。




北極での撮影は、現地にくわしいガイドがぜったい必要だ。
ところが、ぼくらの撮影隊についてくれたガイドは、なんとインド人だった。
”だいじょうぶかなー”




健さんの”だいじょうぶかなー”の気持ち、わかります。
違和感ありありですよね。北極にインド人。

観光ガイドくらいなら別段支障はないですけど、
ブリザードに襲われたらと想うと、
心もとないですよね。


案の定、ブリザードに襲われた撮影隊。
凍え死ぬ覚悟をしたとき、インド人ガイドが助けにきてくれたんです。


信頼できるガイドだった。
いつでもどこでもぼくらの身の安全をまっ先に考えてくれていた。




インド人のガイド・ベーゼルさんに、
なぜ北極に住んでるのか尋ねた健さん。
返ってきた答えは、

「ここに住むと、人間を信じることができる」でした。


海外に住むということ。
旅行でいつか自分の家に帰るのとはまったく違うものです。

観光旅行なら、その国・地域のイイ所だけを見ればいい。
イヤな所があったとしても、帰ってきて話のネタにすればいいだけ。


でも住むとなると、
イヤなところも受け入れるということ。
清濁併せ呑む、みたいな根性はいるでしょう。

それでも住みたいと想うのは、
その地域の人に対する信頼感があるからじゃないかと想像します。



私の妹は8年くらいスペインに住んでいます。
職場の上司や同僚はとても良くしてくれるそうで、
父の病気のことや葬式などのときも、
「すぐ行ってあげなさい」と、
忙しい時期に休みをとることを快く承諾してくれてとても助かったんです。


いいことばっかりかというと、そういう訳ではありません。
バルセロナに住んでいるんですが、通勤電車に乗るとき。

乗客の8割は、改札口を飛び越えていくのだとか。
切符や定期券をもたず、タダ乗りするのがほぼ当たり前になっているのです。

駅員さんはちゃんといるんですって。
「何してんの?怒らんの?」ってきいたら、
「”切符買ってくださ~い”って、言ってるだけや」と。
どうにも手の打ちようがないみたいですね。

モラルとして”どうよ?”みたいに感じることはいろいろある。
それでも、スペインが好きみたいなんですよね。


北海道のインド人。
なんでわざわざ北国に?
日本に住むなら、もっと住みやすいところはいくらでもあるでしょうに。
地震はあるわ、極寒で水道管は凍るわ。

それなのに、北海道を選んでくれた。
私は自分の住む地域のことを、もっと誇らしく想ってもいい。
同時に、来てくれたインド人にガッカリされないように生活したいです。

選んでもらえた責任、というと重いけど、
「こんなところだと想わなかった~」と思わせない、最低限の心づかいをしたい。

とはいえ、近所にインド人はいないんですが。



南極のペンギン [ 高倉健 ]


このストーリーを胸の星に!
俳優 高倉健が世界中で出会った優しい心  (帯コピーより)




大人の絵本。
20分で読めてしまうけど、20年、胸に残ります。



吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(9) | [EDIT]
タイトル画像

春分と満月と桜

2019.03.21(06:00) 741

今週は変則で木曜、土曜に更新します。
今日はめったにない日、
春分の日の満月です。



春分の日の満月。それは世の中が大きく動くとき。

前回の「春分の日の満月」は、2000年。
世紀が変わった年。

今回の「春分の日の満月」が、2019年。
日本の元号が変わる年。

次回の「春分の日の満月」は、2095年。
確認できない(笑)。


スピリチュアルサイトでは、「満月パワー」とか「宇宙元旦」とか盛り上がっているみたい。
詳しくはわかりません。

なぜ記事に書いておきたかったのかというと、なにかで、
「桜月夜」は与謝野晶子の造語です。
こんな文章を読んだから。


今年って、桜の開花がもう始まってるんですよね?
ここ北海道では気配すらないですけど、
本州では、日当たりのイイ所では先週あたりから開花してるんですね。

そこで思い出したのが、こちら。


清水へ 祇園をよぎる 桜月夜
   こよひ逢ふ人 みなうつくしき




与謝野晶子の短歌です(『みだれ髪』より)。



高校で習った記憶がおぼろげにあります。
わざわざ意味を書かなくても分かるけど大意は、

桜のおぼろ月夜。
清水へ行こうと祇園をよぎって行くと、
月も桜も美しい。
私の心が浮き立っているせいか、行き逢う人がみな美しく見えた。



京都の桜と月が目に浮かんでくる短歌です。

「桜月夜」。
桜と月夜の組み合わせがこれほどしっくりくるなんて。

"なんとなく"という言葉はつかわないようにしているけれど、

春分
満月


この三つ巴が、なんとなくウキウキさせてくれるんですよ。
掘り下げて思考を分析すれば良い記事になるかもですが、できません。

「なんとなく気分がいいなあ」を楽しんでいたいです。

月は、
「あんなの、でっかい岩が浮かんでるだけ」と言ってしまえます。
でも、そうは思えない。

桜だけ特別な花なのか?
そうではないけど、なんとなく別格。

春分はちょっと特別かも。
昼と夜の長さがちょうど同じなのは年に2回だけですから。
元旦の次に特別。


北海道の今夜の天気予報は、くもり、翌日は雪。
まだ雪かい。

満月も桜も見れない可能性92%・・・。


スピリチュアルはわからないけれど、
春分満月パワーのおこぼれはもらえるでしょうか。
自分の目で見れなくても、
自然って美しいな~という気分をもった一日にしていこう。



吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
タイトル画像

春を感じてみる

2019.03.01(06:00) 727

3月ですね、弥生ですな。
若干、読書依存症気味の私ですが、散歩したりもします。

最近知った言葉に、
「ああ、こういう言葉があるから日本っていいなあ」と想ったのが、


花信風(かしんふう) です。

花の咲くのを知らせる風。
初春から初夏にかけて吹く風をあらわす言葉です。
春に限定される名前ではないようですが、
見た感じの漢字がいいじゃないですか。

今ならさしずめ、

花粉風 になりそうですが。字だけでも風流にいきたいですね。

私の住む北海道には、花信風は吹いているのでしょうか。
まだまだ肌にはキリリと冷たいし、雪があちこちに残っています。
花の芽吹きもまっだまだ。

ですが、春を感じるところもあります。
歩道の氷が解けてきて、残っている氷を踏んで歩くのが楽しい。
シャクッ シャクッ ザグッ 
踏んでる間はなにも考えていません。ただただ、踏んで割る。
大きなかけらになってくれたら、勝った感がある不思議。

排水溝からは雪解け水が絶えず流れ込んでいるので、
コポコポ コポコポ
まるで、せせらぎのような音が聞こえてきます。


北海道の春は、足元からやって来ます。


みなさんの地域の春は、どんな感じですか?
「自分だけの春」を感じるために、とても効果的な方法があります。

以前紹介した書籍、『日記の魔力』にこういうことが書かれています。



公の記録は捨て、個の記録を残す。


わかりやすい例でいうと、
日記に、その日の天気は書かない、ということです。

ネットで検索すれば、何年も前のお天気でも、その地域の天気は調べられるからです。
これが公の記録。

個の記録とは、

今日、庭のチューリップが咲いた。

これは、ネットで調べても絶対にでてこない、
唯一無二の個の記録。

個の記録こそが、宝モノであると。


毎年、桜前線・桜の開花予想が発表されますね。
その予想日を書いても、とくに面白くも目新しさもないのです。

ですが、
「日当たりのいい家の桜は、もう咲き始めている」は、オリジナルの春なんですね。


この魔力をつかうと、ブログがぐぐっと書きやすくなると想うのは私だけでしょうか?(笑)
ちょっとでもオリジナルなことを書きたいじゃないですか、ねえ。

何の変哲もない、どこにでも腐るほどあるような景色が、
本当は、あなただけに見えている世界でただ一つの景色。

ただ一つの、あなただけの景色がどれほどすばらしいか。
書き留める価値は、十二分にあります。






*コメントの返信を書いております。今まで不精してすみませんでした。
よかったら、読んでください。




吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(13) | [EDIT]
タイトル画像

夜空ノムコウでもなくコッチでもなく

2019.02.18(06:00) 717

夜空を見上げて明日への希望を持って良いのは、
昼間にずっと地面を見続けている人なのです。




いい言葉だなあとしびれました。
雑誌『Daytona 2019年2月号』
所ジョージさんの「夜空ノコッチ側理論」です。



ミリオンヒットになった、「夜空ノムコウ」の歌詞について語っておられます。
あの歌詞、あんまりよく知らないんだよね・・・。


(スガシカオ作詞)
あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなあ・・・
夜空のむこうには 明日がもう待っている



こんな出だし。
以下、所さんのコッチ側理論です。


一つだけの花になりなさいといいますが、
みんなと同じような努力をして、同じ花として咲くのが基本です。
同じ花として群生している中で、
同じ花だけど一つだけ輝いて見えるような個性を育んでやるべきなのです。
そうでないと、僕は一つだけの花だから~みんなと違うから~と逃げ口上を言って、
夜空ばかり見上げてしまう人間になってしまいます。

現実はつまらないものです。
だからこそ、つまらないものを頭を使って面白くしていく。
それが私の考える「夜空ノコッチ側理論」であります。




夜空のこっちをまず大切にする。
そうできる人だけが、明日の希望を待てる。

いい言葉だなあと思いながらも、
「夜空を見てるしかないときも、あるよなあ・・・」なんて考える私です。


見てるだけでなにも出来ないとき。
それって、落ちてるときじゃないでしょうか。

気分が「落ち込んでる」。

落ちてる途中であがいて、もがいて、
やらなきゃ良かった!みたいなことまで引き起こし。
地上にすら居られず、
地中深く潜ってしまってるような。


私はありました。
自分では焦っておらず、もがいていないと思っていて、
「よし、これは今の自分に必要や!」と、買った教材。

しばらくして、
「あれ?もしかして、本当にこれがしたかったのではなかったとか?」

購入金額10万円。

これなら、ただただ落ち込んでるほうがマシでした。
落ち込むのはタダですもんね(笑)

焦ったりもがいたりすると、判断力が鈍ってることに気づかず、
やらかしちゃうことがあった私なのです。


なにかで読んだお坊さんの言葉で、
落ちたらいい」というのがありました。

「落ちて、落ちて、落ち込んだらいい。
そしたら、落ち着くから」
と。

どん底に着地、成功。

そうしたら、もう上がっていくだけなんですよね。



夜空を見上げて明日への希望を持って良いのは、
昼間にずっと地面を見続けている人なのです。



地上にいられないときだって、あります。
落ちましょう。
落ちて落ちて、落ち着きましょう。

それから地上を目指して。

地上に出たら、空が見えるんですから。

夜空ノムコウ
でもなく、
夜空ノコッチ
でもなく、

夜空ノハンタイ側理論です。




デーモン小暮閣下with群魔交響楽団の「地上の星(4分15秒)」
あえて「群魔」と表記しました。
悪魔と手を組んだ素晴らしい演奏です。

この動画が大好きなんです。
地底の星にしか見えないところが素敵。

これを観て聴いてると、
自分の中の小さなマグマのようなものが揺らされます。
点火され、少し炎が大きくなってきて、元気がでます。





**********************

こんな気持ちになれる小説はない?
凹んでます・・・元気になれる言葉がほしい!

こんなリクエスト募集中です。
ぜひぜひコメント欄に書いてください、お待ちしています☆



吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(9) | [EDIT]
タイトル画像

新年には、運勢を占ってみよう

2019.01.01(00:00) 690

2019年 賀正

あけましておめでとうございます。
今年もますます良い年になっていきますよ♪


ここ数年、お正月はずっと大阪の実家にいたので、初詣は地元の神社や住吉大社、東大寺などへ行っていました。

しかし今年は北海道で新年を迎え・・・
初詣、パス。

極寒の中、参拝のために1時間とか並ぶの、
どう考えても「苦労の1年」になりそうなんで。

12月のうちに、年末詣を済ませていました~。


でも楽しみにしている「おみくじ」だけは、
年末詣では気分が出ない。

なので今年は、ネットで運勢を占ってみました。

「2019年運勢占い」というもの。
血液型と生まれた日にちで占う今年の運勢☆

私はB型で・・・21日生まれ・・・

出ました。


いつのまにか お金がたまる



ウェ~イ!!
めっちゃ嬉しい(笑)

この占い、すっごくカンタンで、ちょっと笑えるものになったりもする。

たとえばダンナだと、

何となく モテる
(おぉっ!?マジか、いいけど笑)

長男だと、

いつのまにか 出会いがある

次男なら、

いつのまにか、優しくされる


私と子供たちは血液型が同じだから、前半の言葉は同じになっています。

お遊びとはいえ、私は思わず越後屋みたいな笑みが浮かんでしまいました。
いい1年になりそうや~$



「ポジティブ占い」ってものもあります。
これもやり方は似ていて、
血液型と生まれた月日で、自分だけの言葉があらわれます。


私の場合だと・・・

どんな壁にぶつかっても 
見失わない
Bilieve in yourself



ZARDの歌にありそうな!ポジティブ!!
でもかなり気に入りました。

今年は、まず自分に優しくしようと思ってるんで。
どんなことをやらかしちゃっても、
自分を嫌いにならないようにと(〃▽〃)


リンク貼っておきます。
おみくじ代わりに、ひまつぶしに、ちょっと遊んでみてはいかがでしょうか?
意外と今年の支えになったりするかも!?ですよ。


2019年運勢占い

ポジティブ占い


今年もどうぞよろしくお願いいたします。


吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(5) | [EDIT]
日常
  1. 北海道のインド人(03/25)
  2. 春分と満月と桜(03/21)
  3. 春を感じてみる(03/01)
  4. 夜空ノムコウでもなくコッチでもなく(02/18)
  5. 新年には、運勢を占ってみよう(01/01)
次のページ
次のページ