2018. 05. 29  
「アスペルガー症候群」
最近はよく聞く言葉ですよね。

アスペルガーってなに?ってなるとひと言で言い表しにくいですが、
コミュニケーションが苦手、
子どもならば、「親がしつけしてないの?」と言われる。

アスペルガーってどんな障がいなんだろう?がよくわかる本、
『私と娘、家族の中のアスペルガー(リアン・ホリデー・ウィリー:著)』です。



著者のリアンさんもアスペルガー、娘さんたちもアスペルガー。
自身の体験から、アスペルガーでもうまく社会で過ごせるコツを具体的に記してくれています。


私には身近にアスペルガー症候群の人(本にちなんで、「アスピィ」と呼びます)がいません。
なので、アスピィの印象は本やネットの情報くらいしかなかったんです。

この本を読んでまず感じたのは、
「アスピィと友だちになりたいな」でした。


面白いんですよ。
アスピィの特徴として、
・遠まわしな言い方ができない
・字義どおりに解釈する
比喩なども通じないのです。


誰かと立ち話をしていたとします。
(あ~話し長い、さっさと帰りたいわ)と想ったとしても
「お話できて楽しかったです。ではそろそろ失礼しますね」

こんな具合にお別れしますね。
ところがアスピィは、

「あなたとはもう話したくありません。さようなら」

こう言ってしまうのです。
悪気はまったくありません。ただ、想ったことをそのまんま正直に言ってるだけなのです。

でもきっと言われた相手は憤慨するか悲しむか、
どちらにせよ、次に会うってことはまずないだろうし、きっとアスピィの言葉について誰かに愚痴りますね。


本音を言ったらダメな社会。
昔から「建前」などで成り立ってきた社会ですし、スムーズに生きるならば必要な技。

ですが、その人の特性だと知っていればどうでしょう。
私は、「ホンマのことを代わりに言ってくれて嬉しい!」と感謝することだってあるだろうと思えたんですよね。

エレベーターで一緒の男性が鼻毛でている。気になる・・・
「鼻毛、でてますよ」
隣でこれを言ってくれたなら、「ありがとう!すっきりしたー!」って感謝するでしょうね。


この本を読むまで、
「アスペルガーの人と友だちになりたい」って想ったことはありませんでした。
なぜ、想わなかったんだろう?

アスピィの人たちは社会でうまくやっていきたくて、それはそれは苦しんで、努力し続けているのに。
それは、使いたくはないけれど、私たち健常者と楽しく生きていきたいからでしょう。

なぜ、私たちはアスピィや、他の障がいを持った人と仲良くなりたいと想わないんだろう?


知らないから、ただそれだけなんだろうと想うんです。
嫌いとかめんどくさいとかじゃない。

特性ってなに? なにに困るんだろう? なにを手助けできる?

わからないから、興味をもちようがなかった。
ただ、それだけ。


すべての人とうまくやっていけるはずがない。
でも、今まで接点のなかった人とすごく気があったり友だちになれたりする可能性があるのなら。

まずは知っていきたいなと想いました。

お子さんたちに発達障がいがあるナカリママさまのブログ「無事にね!」でこの本が紹介されていて、私も読んだのでした。

ナカリママさんからの提案、「中間点で会いましょう

アスピィだけが社会に歩み寄る?
健常者からも歩み寄って、中間点を見つけること。

これが一番いいなと感じています。
本音を言ってくれる友だち、大切な存在ですよね。


私と娘、家族の中のアスペルガー ほがらかにくらすための私たちのやりかた / リアン・ホリデー・ウィリー 【本】


正直すぎて融通がきかない、臨機応変に対応できない。
そんなマイナス面だってもちろんあります。だからこそ障がい。
だけど、
けして人を裏切らない。
人気とりや派閥争いなどに惑わされない。
こんなプラス面も。

誰だっていいところ・ダメなところがある。それもみんな一緒ですね。


2018. 05. 12  
「音楽を聴くと『生きててよかった』と実感できるのです」

『ヤマザキマリのアジアで花咲け!なでしこたち』
です。



自分の意思で決断して、単身アジアに乗り込んで、
根を張ろうとしている女性たちを取材したエッセイマンガです。

4人の日本人女性が登場するのですが、私が心に残ったのは、
カンボジアに行った浦田さんのお話でした。

若かりし頃に歌手としてメジャーデビューをした浦田さん(すぐ事務所をやめちゃって引退になったそうですが)。
ある日見つけた、NGOの「子ども達に音楽を教えませんか?」の企画でカンボジアへ。それからずっとカンボジアで出前音楽教室やピアノレッスンなどのお仕事をされているのです。


なぜカンボジアで音楽?って疑問がでます。
だいたい、カンボジアのイメージというか、キーワードは、
・アンコールワット
・難民
・地雷

観光してみたい!と思える国ではなかったのですよね。
そしてなぜ音楽?なんですが・・・

1975年、ポル・ポト政権が成立します(これは歴史で習った記憶が)。
思想改革という名のもと、自国民の虐殺が行われました。
文化に人々がたずさわる事すら禁止されたのです。

音楽を弾いたり歌ったり踊ったりする人がいれば、
たちまち殺されていた・・・。

もちろん今は違いますが、
今でも多くの小学校では音楽の授業がないそうですし、
歌えない(歌を知らない)子も珍しくないようです。

私と同世代の人たちが子供のころ、音楽が無い世の中を生きていたということ。


音楽の無い生活。

以前、少年犯罪者たちの詩集を読んだことがあるんですが、
その中に、絶対に歌を歌わない少年がいたのです。

少年刑務所内では、情操教育として、詩をつくったり、みんなで歌を歌ったりする時間が設けられていました。
その少年は、頑なに歌おうとしません。

ようやく歌わない理由を語ったら・・・
「歌なんて聴いたことがない。
歌えないから、恥ずかしくてやりたくないんだ」ということでした。

みんなで歌おうと誘った歌、それは「ぞうさん」です。

童謡を一度も聴いたことも、歌ってもらったことのない少年。

歌を知らない子がみんな犯罪者になるとは思いません。
ですが、罪を犯した人間が音楽というものを知らない、と聞けば、
「ああ、そういうこともしてしまうかもな」と、妙な納得ができてしまうんです。


子供って、機嫌がいいとすんごく歌ってるんですよね。
ずっと鼻歌を歌っています。

それはいわゆる「良い音楽」とかではなく、
アニメソングだったりするんですけど。
しかも音程はおかしいし、歌詞もめちゃくちゃなんです。

それでも、あの鼻歌を聴いてると、
なにもかもが、ほぐされていくような、ほんわか心地よくなれるんですよね。

大人も出ますよね、鼻歌。
「お?今ゴキゲンやな~」って自分で気づいたり♪



人生で一時期音楽を奪われた高齢者が、
「音楽を聴くと『生きててよかった』と実感できるのです」
こう語っていました。

あまりにもありふれていて、無いなんてことが起こるはずがない。
そんな国に生まれてきたってことはラッキーなだけなんですね。

歌を知らない子たちに、歌・音楽の良さを伝えていっている日本人がいる。
素晴らしい活躍を今後も続けていってほしいなと応援したいです。



他に登場した女性たちはこんな仕事をしています。
トルコで気球ツアーガイド。
香港で営業ウーマン。
フィリピンでレストラン経営。

そんな彼女たち、全員、「ガッツ」があります!


もしよかったら、フィリピンの童謡「アラピヤ」を聴いてみてください(51秒)。


♪みんな集まると幸せだね
さあ輪に入って 仲良くなって踊ろう
音楽に合わせて、夜遅くまで踊ろうよ
土曜の午後は休みなんだから
1,2、アラピヤ~ヤ~ヤ~ アラピヤ~♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
2018. 05. 09  
わたしひとりの仕事ではない。
幸運か奇跡以外のなにものでもない。


『ひらけ蘭学のとびら(鳴海風:著)』
です。



サブタイトルが、
「『解体新書』をつくった杉田玄白と蘭方医たち」とあります。

罪人の死体の内臓を観察したら、オランダの解剖書にある絵とそっくりだったので、オランダ語を知らないにもかかわらず、医学の発展のためにその本をがんばって翻訳したというお話です。


日本史で必ず出てきていましたよね。
1774年 杉田玄白『解体新書』翻訳

杉田玄白が生きた時代。
徳川幕府8代将軍吉宗の時代でした(8代から10代家治まで)。

ちょっと日本史のおさらい。
吉宗が将軍の位についたとき、幕府はだらけきっていました。
てこ入れのために、「享保の改革」を実行。

目安箱の設置
小石川養生所設立 などなど懐かしいです。

さつまいもの栽培普及で青木昆陽先生が活躍したのもこの時代。
人気のある時代だったから、
暴れん坊将軍」や「大岡越前(これも同時代!)」として時代劇にもなってるんですね。

今回の本ですが、
解体新書は、杉田玄白がひとりで翻訳したものではなかったことを知りました。

冒頭に書きました言葉は玄白のセリフです。


わたしひとりの仕事ではない。
大きな仕事は天の時、地の利、人の和がそろったときなしとげられるというが、わたしの人生の中の一瞬ともいうべき時期に、これだけの人々が、この江戸に集まったというのは、幸運か奇跡以外のなにものでもない。



私が印象に残ったのは、藩主の英断です。
玄白は医者の家に生まれ、「今は治せない病気も治せる医者になりたい」と切望していました。
杉田家はおじいさんの代から藩医として続いていました。

藩医とは、藩主やその家族、家来の武士やその家族のみを診察する医者のことです。

玄白のいた小浜藩(現在の福井県)藩主は、はやり病が流行したとき、
「家来やその家族だけでなく、漁師や商人の治療もするように」とお達しを出しました。

この時代、平民を治療した手でお殿様を触るなどもってのほか。
でもこのときの藩主は広い了見をもっていたのですね。

町医者と藩医との兼任を認められていた玄白は、いろんな患者を多く診ることで、医者としての経験を積むことができたのです。


解剖という言葉すらなかったので、人間の体の中がどうなっているのか、医者も知らずに診療していました。
実際に死体から内臓を見たときに、オランダの本「ターヘルアナトミア」が正しいことを知ったのです。

これを翻訳し、正しい治療法に導いていきたい。

そう考えて翻訳をしようとしました。
しかし、オランダの解剖書が高価すぎて買えない。

そこで藩主にお願いしにいったのです。
当時の藩主は、その本が世の中の役に立つ本だとすぐ理解しました
そして即、玄白に買い与えたのです。


上に立つ人の決断とか判断力の大切が伝わってきました。
何を大事にするべきか、上に立ち、指揮をとるということがどういうことなのか。

日本史に残るほどの有名な人物ではなくても、すばらしい藩主がいたんだなと感動です。

ほかにも『解体新書』が出るまでには多くの人の尽力がありました。
そもそもオランダの本と出会うためにはオランダ人との接触が必要でしたが、
そのきっかけは、平賀源内だったというのも驚きです。


天の時、地の利、人の和。
そして、正しい判断力。先見の明。

これらが合わさって出来上がった、解体新書。

この本で、日本の医学は格段に進歩し、
その後の洋学の発展へとつながっていきます。

解体新書の翻訳がなかったら、福沢諭吉の活躍もなかったかも、ということです。




医者の家でありながら、家族が次々と亡くなっていくのです。
その悲しさ・悔しさの受難を、情熱への着火剤にしていった玄白。
小学生でも読めるよう、ルビが多いし字も大きめ。
でも大人も十分読み応えあります。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
2018. 04. 24  
何が信じるに足る情報なのか自分の頭で考える・・・
それを教えてくれたのは貴様らだ。
それだけは感謝する!


マンガ『Dの魔王(原作:柳広司 作画:霜月かよ子)』です。

Dの魔王(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)


「ジョーカー・ゲーム」、「幽霊」の二編が収録されています。
ここでは「ジョーカー・ゲーム」を紹介します。

昭和13年、「D機関」と呼ばれる陸軍のスパイ養成所が舞台。
D機関と参謀本部との連絡係を任命された佐久間中尉。
帝国軍人らしい、一途な考え方をもっています。

「スパイ行為は卑劣だ」
「国のために死ぬ」
「信じられる仲間がいるから未来が明るくなるんじゃねえかよ」

養成所の三好少尉に突っかかっていきます。
それを受ける三好は平然とこう言い放つのです。

「仲間、信頼という通念は、”D”では全くもって価値がない。
むしろ命とりです」



D機関のトップであり、”魔王”と呼ばれる結城中佐も言います。

「貴様が何を信じていようが構わん。
シャカだろうがキリストだろうがイワシの頭だろうがな・・・
ただし
それが本当に 自分の頭で考えた末に信じたものならばだ」



信じる。
尊いもの、ですよね。

信じるとは、「ほんとうだと思って疑わない」と辞書にあります。

信じて・・・それが間違いのときもある。そのとき、
「信じていたのに・・・!」
この、「のに」。

裏切られた感。
怒り。
絶望。
恨み。

自分の頭で考えずまわりに流されての考えだったとしたら、
こういったものにつながっていくんだなと感じます。


検証し、考えた末の選択ならば、たとえ裏切られたとしても、
恨みなどの感情はかなり少なくて済みそう。

まわりに合わせず、いついかなるときも自分の頭で考えて選択する。
実際の状況でそうできるかどうか、自信がなくて・・・。
でも、そうでありたい。


もしかすると、丸ごと信頼してしまえるほどの信じる力をもてることが幸せなのかも?
「普通のカラスは白色だ」と言われて、
「そうですね!」と言ってしまえるほどの信頼。
これもまた幸せなんだと思ったり。

どっちなのか分からなくなります。
まるで佐久間のように・・・。


「何が信じるに足る情報なのか
自分の頭で考える・・・
それを教えてくれたのは貴様らだ。
それだけは感謝する!」


最後、佐久間は自分の頭で考え、
結城からの「スパイにならないか」を断ります。

物語を見ているこちらとしては、
ああ、そっちを選んでしまうのかと哀しくなってしまいました。

けれど佐久間の晴れ晴れとした表情、
自分で考えて決断した、自分の人生は自分で決めるという潔さ。
清々しいラストとなっています。


Dの魔王(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)


本格的なスパイ物とはいえないですが、
昭和13年の日本の雰囲気を味わえますし、絵がいいですね。
エンターテイメントとして興味が湧いたなら、おススメです。
4月26日22時までの期間限定無料となっております。
アマゾン会員でなくてもどなたでも無料で読めます。
*キンドルアプリのダウンロード、もしくはキンドルタブレットが必要です。

こちらから、まるごと試し読みもできますよ→Dの魔王


原作小説は『ジョーカー・ゲーム』です。こちらも面白いのです!
(でも実は、マンガのほうが気に入りました(笑))





今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
2018. 04. 19  
誰を彼と われをな問ひそ 九月の
露に濡れつつ 君待つわれを



『小説 君の名は。(新海誠:著)』です。



大ヒットアニメ映画の監督自らが書いた原作小説です。
私はまだ映画の「君の名は。」を観ていないんですよね~。

最初は少し読みづらかったのですが、ちょっと話が進んで、
みつはちゃんがタキという男子高校生の身体になって目覚めたところとか最高に笑えました。


男の体っていったいなんなのよ!?
おしっこをしようとすればするほど、なんとか指で方向を定めようとすればするほど、
排尿困難な形状になっていくってのはどういうコトなんよ!?
アホなの、バカなの!?それともこの男がヘンなの!?



アハハ!高校生って大変なんやなあ。
ここ、映画ではどういう風に表現されてたんだろうと気になります。


新海監督の「あとがき」がありました。
なぜわざわざ小説を書いたのか?
映画の原作として話を創るのは当然だけど、別に小説にしなくてもよかったのです。
なぜ書いたのか・・・。


この物語はもちろんファンタジーだけれど、でもどこかに、
彼らと似たような経験、
似たような想いを抱える人がいると思うのだ。

大切な人や場所を失い、それでももがくのだと心に決めた人。
未だ出逢えぬなにかに、
いつか絶対に出逢うはずだと信じて手を伸ばし続けている人。
そしてそういう想いは、映画の華やかさとは別の切実さで語られる必要があると感じているから、僕はこの本を書いたのだと思う。



「それでももがくのだと心に決めた人」
こういう人を想像して創られたお話。
全編を通して星のような、ガラスのかけらのような輝きを放つ理由がわかりました。


冒頭に和歌を書きましたが、みつはちゃんの授業風景です。

「誰を彼(たれをか)、これが黄昏時の語源ね。
夕方、昼でも夜でもない時間。
人の輪郭がぼやけて、彼が誰か分からなくなる時間。
人ならざるものに出会うかもしれない時間。
魔物や死者に出くわすから『逢魔が時』なんていう言葉もあるけれど、
もっと古くは、『かれたそ時』とか『かはたれ時』とか言ったそうです」

「はーい、先生しつもーん。
それって『カタワレ時』やないの?」



カタワレ時がこの世ならざるものに出逢う時間。
そしてみつはのおばあちゃんの言葉。


「糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、
時間が流れることもムスビ、ぜんぶ、同じ言葉を使う。

それは神さまの呼び名であり、神さまの力や。

よりあつまって形を作り、捻じれて絡まって、
時には戻って、途切れ、またつながり。

水でも、米でも、酒でも、なにかを体に入れる行いもまた、ムスビと言う。
体に入ったもんは、魂とムスビつくで」



ムスビ。
過去の私にはムスビに捉われていたところがありました。
ムスビ(縁とかですかね)を辛く感じる自分が間違っているのだと、
これを乗り越えればいいんだと思おうとしていたなあって。

ムスビと一緒に、私は「ほどく」こともできることを忘れたくないなあと思うのです。
そう感じながら、ほどき過ぎてきてしまったのか・・?なんてことも感じたり。
どっちがよかったのか、今はよかったのだと思いたくて。


そしてこれからも、ほどいてはこんがらがって、
もがき続けることを選ぶだろうと思えます。
この小説、読んでよかった・・・。




みつはの住んでいる集落や彗星など、
映像の素晴らしさは映像でしか確かめられないですね。
だから、映画を観たくなりました。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR