タイトル画像

今年の疲れ、今年のうちに♪②

2018.12.30(19:00) 689

1日2分でも、1日1回空を見あげてけろ。
歩きスマホじゃなくて、
歩きスカイだべさ。

  by フランクル三世


君が生きる意味――人生を劇的に変えるフランクルの教え


♪今年の疲れ 今年のう・ち・に♪

前回、超カンタンな疲れを取る方法をお伝えしました。
今回も引き続き、カンタンに楽に疲れを取る方法をシェアしたいと想います。

今回はですね、
自然の力を借ります。

いや、借りたら返さなならんか。
大きすぎて返せないから、
ちょびっと、いただきましょう♪


冒頭のフランクル三世の言葉そのままです。

「歩きスカイ」

空を見あげる!


歩きスマホは危険行為ですが、
たった二文字違いの
「歩きスカイ」は、危険じゃない(あんまり上ばっかり向いて歩く人はいませんよね)


これの良さというか、科学的根拠などは知らない!
まあ、いっぱいメリットがあるのでしょう。

私が思うこれの良さは。

「水晶体に青空を映してあげる」

五感のうち、視覚からの情報は8割を占めると言われています。
その情報のうち、いいことや楽しいことばっかりというわけにはいかないです。

どうしても、悲しいことや腹立たしい情報も入ってきます。

私は、
毎日毎日文句も言わず、
私のために働いてくれる目のために、
美しいモノを見あげる責任があると想うのです。

いや、責任って言葉はちょっと違うかもしれんけど・・・。

なんだろ、「自分にやさしくしよう」とかって見聞きすると、
むずがゆくなってしまうんですよ。

自分に照れるというか?
漠然と「自分」というものにやさしく、とか、感謝して、とかってどうやんの?ってなってしまって。

でも不思議と、
体のこの部分に、「いつも頑張ってくれてありがとう!」なら想いやすい。

ちょっと自分から離れて観れるのかなあ。
これなら照れずにできるんですよ。


体のどの部分も欠かせないところだけど、
あえて、「どこか一つを労う」としたら、

私は、目、ですね。

大好きな読書をできるのは、明らかに目のおかげです。
いまだに視力1,5を保ってくれる驚異的な私の目。
(そのうち老視になっても、大切にします!!)


自分のためじゃなく、目のために。
ささやかな感謝のしるしに、
目が癒されるために、

水晶体に青空を。

青空じゃなくても、夜空でもいいね。
9月の地震で停電になったとき。

3時過ぎだからまだ暗くて。

空にはありえないくらいの星が見えて、
あんな非常時なのに、
「きれいやなあ・・・」とぼんやりしてしまったことは忘れられない。

不謹慎かもしれないけど。



君が生きる意味――人生を劇的に変えるフランクルの教え


「フランクル三世って誰やねん?」

『君が生きる意味』に登場する、ちっさいオッサンです。
生きる意味を教えてくれるメンター!

この本は、ユダヤ人収容所に入れられ、生還した精神科医・フランクルの、
『それでも人生にイエスと言う』などの哲学・心理学を、面白く、バカバカしく、易しく解説してくれている本です。

イラストの軽さと文章の読みやすさで、
フランクルの教えがスルスルと入ってきて、おススメの1冊です。

では、フランクル三世の言葉で今年を締めくくりますね。

「それでも人生に、”SAY YES!”」


ありがとうございました。
みなさま、善き新年をお迎えください!!

関連記事

吉報配達ブログ


読書日記 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

今年の疲れ、今年のうちに♪①

2018.12.29(19:00) 688

普通は、「疲れた」と思うと、よけい疲れるものだから、なるたけ思わないように努める方が多いと思う。
そうして疲れをため込んで、ダウンして初めて気がつく。
自分がどんなに疲れていたか。
  『あたりまえなことばかり(池田晶子:著)』
より

あたりまえなことばかり [ 池田晶子 ]


新しい年を迎えるにあたって、
できればシャキッとスッキリした自分でいたいですよね~。

♪今年の疲れ 今年のう・ち・に!(笑)


私もですね、自分でできるセルフケアをちょっとがんばってみようかと、
最近、健康雑誌などをよくみてたんですよ。
「日経ヘルス」とか、「からだにいいこと」とか・・・。

で、どれも素晴らしい内容だし、効果高そうなんですよ。

・・・ちゃんとやれば・・・。

しかし!!

やること多いねん!!
全部やるほど時間とられへんねん!!
コレやるほうが疲れそうやねん!!


こういう気持ち、分かっていただけますか?

でもやっぱり、ヘンな疲れは残したくない。
なので、ものすご~く簡単で時短でできるスッキリ法を見つけました。
それをここでシェアしたいと想います。

*やること自体は5秒なんですが、解説は10分あります(笑)
聞いてられんという方は、5:00~ご覧になってみてください。



これ、信じられない人とか、うさんくさいな~と感じる人もいると想います。
信じられる人だけ、試してみてください。

私はこの先生の著書やブログも読んでいて、すごく尊敬していますので、ちょくちょく実践しています。

よくやるのが、営業電話をとった後(笑)。

ウチ、私設保育園をやっていまして、
「保育士採用のなんとかかんとか・・・」などの電話がけっこうあるんです。

あの電話、最初に用件を言わない!!

「お忙しいところ申し訳ありません(ホンマに忙しい時間に掛けてくる人がいる)、
わたくし、○○の××と申します。
園長先生はいらっしゃいますか?」

「今、不在ですが・・・」

「わたくしどもでは なんちゃらかんちゃら・・・(なにかを語ってくる)」

「あの?用件はなんでしょうか?]

[あ、はい。・・・」
とここでやっと営業だと分かる。
まわりくどいんですよ。

結局、断らんとアカンし。
電話きって、どっと疲れを感じるんです。

そんなとき、この技をやってみると。
不思議とスッキリするんです。
ホントに払い落とせた!って。

これまでだと、

(向こうも仕事なんやし。イラつく私の心が狭いんやな。
これをポジティブに考えるにはどうしたら・・・)

なんて、ポジティブになれるまで、ずっとネガティブをこねくりまわしてたんですよね。

その時間こそ、疲れを抱えてたことにやっと気づけたww


一瞬で疲れをとる魔法なんて、ない。
だから、理想は毎日セルフケアをしてあげること。

でもじっくりやるのは挫折する未来が見えている(笑)

ならば、その場その場だけだとしても、
意識してイヤなものを捨てていくことをやる。

これだけでも、なんにもしないのと違ってくるはず。

永井先生はセルフケアのやりかたを、
とても簡単な方法でいろいろ教えてくれています。

まずは一つ。
もうちょっと余力があれば、もう一つ。

こうやって、疲れを溜めないようにしていきませんか?

♪今年の疲れ 今年のう・ち・に!



あたりまえなことばかり [ 池田晶子 ]

関連記事

吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

きょうの私にさよならしましょ

2018.12.28(20:10) 687


金子みすゞ きょうの私にさよならしましょ。




もうすぐ2018年から2019年に。
あなたにとって2018年はどんな1年でしたか?

私は忘れられない年になるだろうなあと思っています。

新年早々、父が亡くなり・・・
秋には地震、初めての停電を経験しました。
(ウチの地域は被害はなく、停電も1日だけという超ラッキーで済みました)

そして意外なことにチャレンジしてみたくなった晩秋。
今から来年が楽しみなんです。

いいことも、そうでないこともたくさんありましたよね。

でも。

新しい日がやってきます!


「さよなら」

降りる子は海に、
乗る子は山に。

船はさんばしに、
さんばしは船に。

鐘の音は鐘に、
けむりは町に。

町は昼間に、
夕日は空に。

私もしましょ、
さよならしましょ。

きょうの私に
さよならしましょ。




いいですよね、
「きょうの私にさよならしましょ」

きっと真面目なあなたは、
1年の締めくくりに反省することを思い浮かべているのでは?

自分にダメ出ししまくってるのでは?

もう、十分反省しました!!
もう、やめましょっ、大丈夫!!

次は違う選択をし、違う行動をするから、
いい結果がでます!!

そもそも反省する人は大丈夫なんですけどね。
でも、自分を責めるでしょ。
だから、もうやめましょ。


大丈夫やないのは、反省しない人。
なぜ、反省しない人が大丈夫じゃないのか?

ひとつも反省することがないということは、
「ぜったい、自分は悪くない」
と思っているから。

やばいでしょ(笑)

だから、
この詩にじ~んとしてくださるあなたとは、
共感できると信じています。


きょうの私にさよならしましょ。
きょうまでの私にさよならしましょ。
今年の私にさよならしましょ。
良いところはリピートしましょ(笑)

2019年を楽しみにしましょうね☆


金子みすゞ きょうの私にさよならしましょ。



関連記事

吉報配達ブログ


励ます言葉 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2018年12月
  1. 今年の疲れ、今年のうちに♪②(12/30)
  2. 今年の疲れ、今年のうちに♪①(12/29)
  3. きょうの私にさよならしましょ(12/28)