吉報配達ブログ

言葉で世界をつくる、変えていく

Top Page › 社会・教育・民俗学 › あなたは内向型人間?
2017-01-09 (Mon) 06:30

あなたは内向型人間?

自分がどんな人間なのか、
分かって、スッキリ!体験をしました。

『内向型を強みにする(マーティ・O・レイニー:著)』


アマゾンキンドル読み放題対象本です。

これを読んで、長年、
「なんで、私は『わかりにくい』って言われるんやろ・・・?」
の謎が解けました。


自分が内向型外向型か、判断チェックできます。


Aチェックシート

・物事の中心にいるのが好き
・多様性を好み、単調だと飽きてしまう
・大勢知り合いがいて、その人たちを友だちだと思っている
・相手が知らない人でも、おしゃべりするのは楽しい
・活動の後は高揚し、もっと何かしたいと思う
・前もって考えなくても、話したり行動したりできる
・たいてい元気いっぱいだ
・聞き手になるより、話し手になることが多い



Bチェックシート

・自分一人か、2・3人の親しい友だちとくつろぐほうが好き
・深く付き合っている人だけを友だちだと思っている
・たとえ楽しいことでも、外で何かしたあとは、
 休けいする必要がある
・聞き役になることが多いが、
 自分にとって重要なテーマについてはたくさん話す
・無口で冷静に見え、観察するのが好き
・話したり行動したりする前に、考えることが多い
・人前で、またはプレッシャーがかかったときに、
 頭が空っぽになったことがある
・せかされるのは好きではない


自分に当てはまるほうが多いのは、
AとB、どちらでしたか?

Aが多い人は、外向型。
Bが多い人は、内向型。



どっちも同じくらいだったら、
「自分がリフレッシュしたと感じるのは、どっち?」
静かに過ごした後なら、内向型。
活動的に過ごした後なら、外向型。




内向型と外向型は、社交術の問題ではなく、
エネルギーの補給方式の問題



私は、内向型と判断。
静かに過ごすことで、エネルギーが補給される、
これを知って、スッキリしたんですね。

エネルギーの補給方式として、
内向型=充電池
外向型=太陽光パネル

こう表現されてたのも、言い得て妙でした。


外向型人間は、活発に動いてるときや、
人と接してると、どんどん元気になっていきます。


外向型のダンナと買い物に行くと、
ダンナは何時間でもウインドーショッピングを楽しめます。
どんどん元気になってるのが分かりますし、
実際、とても楽しそうです。

反対に、内向型の私は30分ほどで
「もう、疲れた、帰ろ・・・」と言います。
自分が欲しい物を探しに来てるのに、です。

そんな私にダンナは毎度
「ほんっと、オマエなら・・・」

だって、めちゃめちゃ疲れるんですもん・・・。
早く家に帰って、じっとしていたい・・・。



内向型人間って、
「こんな自分は、おかしいんじゃないか」と思うことが多いと

書かれていたんです。


なぜか?

それは、世界は外向型向けに出来ているからです
世界の75%の人間が、外向型だそうです。

少数派の内向型には、生きにくい世界なんですって。

そして、外向型人間からしたら、
内向型人間は、謎にしか見えないんだとか。
分かりづらいんだって。


だから、もし
生きにくいとか、自分はおかしいと思っていたとしたら、
ただ内向的なだけ、
変人でも無能でもないし、一人ぼっちでもない


著者は、そう語ってくれています。



外向型が得してるとか、
内向型はここを直せ、とかではないんです。

外向型・内向型のそれぞれに長所も短所もあります。


それは、
知的だけれど、常識や思いやりに欠けた人がいる一方で、
共感の心にあふれていても、知的でない人がいるように。

善と悪という話じゃありません。
全ての人に、多くの面があるということ。
全ての人が、必要とされるということ。

それさえ理解できればいいんです。



『EQ こころの知能指数』に書かれている、
次の文章が、素敵です。


感情に知性を、街に礼儀を、社会に思いやりを
もたらすには、どうすればよいのか?

私たちは頭と心の両方を必要とする
反対の能力を持つ人から学ぶのは当然のこと。
この社会は、人間性のあらゆる側面の恩恵を受けている




いろんな人が、必ず、必要なんです。
卑屈になることなんて、ないんです。


ただし、内向型が気をつけなければならない点もあります。
それは、

内向型人間は、世間に充分接していないと、
自分だけが多くの悩みを抱えていると思い込む恐れがある

ということです。

そして、自分はどこかおかしいのだという考えが強化され、
ますます恥じ入り、孤立を深めてしまうのです。

内向型人間の多くは、
人生にはストレスと緊張がつきものだということ、
どんな人でも何らかの形で苦労しているということに
気付かない




内向型人間のエネルギー補給方法が
「一人で過ごす時間を持つ」なので、
へたすると、どんどん部屋に閉じこもってしまいます。

そして、どんどん世間を恐れるようになってしまい、
ますます、外に出られなくなってしまうのです。

充分、エネルギー補給したら、
部屋から出なければ。
それしか、世間と関わる方法がありません。


逆に外向型人間は、
時々、一人の時間を持つことを意識することが大切。

外向型人間は、
世界が自分を中心に回っていると思いがち。
(著者の考察です)

時には、一人で読書したり、
好きな音楽を聴いてゆっくりしてみる。
そうすることで、その後のパフォーマンスが
さらに良くなるというもの。


どんな人も、
ちょっと自分ががんばらなければ出来ないことを
生活に取り入れてみる

そうしたら、自分の短所が短所にならなくなるのです。


気のすすまない飲み会、
いつもいつも断るのではなく、たま~に行ってみる。
私がそうなんだけど、
これって、かなり苦痛というか、努力が必要な行動。

でも、それだけでいいんです。
自分を必要としてる外向型人間がいるんです。

外向型人間ばっかり集まると、
みんな自分の話をしたがって、誰も聞かない(笑)。
そこに内向型人間がいると、
どれだけ喜ばれるか!!

そこにいるだけで、喜ばれます。

世界って、こんなもんかも。
全然、ややこしくないかも。


私は自分の特性が分かって、ほんと、スッキリでした。
自分を一言であらわすなら、
元気な内向型人間」です。
もしくは、
陽気なひきこもり」。

これ、ダンナに言ったら、
「分かりにくいけど、当たってる」と言われました。


内向型のエネルギー補給のポイントは、
疲れきる前に、一人の時間をつくる
です。
これ、大事、テストに出ます。


興味のあるかた、ぜひ、読んでみてくださいね。


最終更新日 : 2020-07-18

おはようございます! * by ダリルジョン
解りやすい解釈、ありがとさまです!

ちなみに、私は「内向型」です。

ではではー!

Re: おはようございます! * by 馬場亜紀
おはようございます、コメントありがとうございます!

内向型でしたか。
そんな気はしてました。
ブログをやっておられる方は、ほぼ全員、
内向型ではないかと、思いました。

外向型には、向かない作業だと思います。

内向型の私たちには、ブログって、
なかなか味わい深い作業で、楽しいですよね~。

Comment-close▲