--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 05. 26  
「辛いこと・イヤなこと全てに
”ブーム”と”プレイ”という言葉をつけてみる」


「怒られた・・・」

怒ったり腹が立ったり。
そういうとき、本当はどうなれば怒らなかったんだろう?

怒る感情をもてあましてしまうんだけど、できれば怒った後の自己嫌悪には堕ちたくない。
そんなときのためのヒントがありました。

「イヤなことに名前をつけてみる」という方法。
ない仕事の作り方(みうらじゅん:著)』です。



「逆境を面白がる見方」の項目を紹介します。


取材で山形の湯殿山に行くことになったみうら氏。
目的地はまだ先なのに、間違えてバスを途中下車してしまいました。

その路線は、1時間半に1度しか、バスが来ないところでした。

周りは閑散としていて、一人ポツン・・・。
時間つぶしをしようにもなんにもない。

腹が立ってきました、自分が間違ったとは言っても。
こんな風に思うんです。
「こんなに待たされて、まるで地獄だ!」

ふと、時刻表を見て・・・
「地獄のような時刻表、・・・地獄表!!」


こうひらめいたみうら氏、今度は、
ほとんどバスが来ない、地獄のような時刻表を探す旅を始めたんです。

そうなったら、1日に数本バスが来るなんて「多い」と感じる。

強烈な「地獄表」は、1日1回しかバスが来ないもの。
地獄表に出会うとテンションが上がってくるようになってしまった、というお話。




怒ってしまうことの大半は、怒ってしまった自分に対して「言いすぎた」など後悔してしまう後味の悪さがつきまといませんか。
なぜ後悔するのか。

それは、原因が自分にもあるのに、相手のせいだと思うことで攻撃しちゃったと自覚してるから、ということはありませんか。

みうら氏のケースだと、降りる場所を間違えたのは自分なのに、
「こんな所で待たされるはめになるとは!!しかもなんにもないじゃん、バス来るまでなにしてりゃいいんだよ!」
場所に怒ってるんですよね。


複数で遊びに来て、怒ってる人もいますよね。
「なんでちゃんと調べておかないんだ!」みたいな。
じゃあ、自分で調べておけばよかったのに。
それだけの話を、相手の痛恨のミスだといわんばかりに責めていたり。


別の本で、「怒りとは、自分を正当化するために自分をだますこと」という文章を見つけました。

自分の落ち度を相手の落ち度に転嫁させてしまっている。
これって思い当たることが次々出てくるんですよねえ。

私にありがちなのは、子どもになにかで怒ってしまうことですが、
後で「あんなにきつく言うほどのことじゃなかった」となります。


なぜ怒りたくなるのか。
自分が望んでるとおりのことを子どもがやってくれていないときに怒ってるんです。

「なんでこんな簡単な問題が分からんの?ちゃんと授業聞いてんの!?」とか。
勉強ができなくて困るのは子ども自身。
私は困らないから叱る必要はないはずなんです。

だけど、「これくらいちゃんと出来てほしい」という期待を裏切られてるから、怒る。

相手のせいにしないで、自分に原因があると認める。
そうしたら、言い過ぎたという後悔ってかなり減るでしょうね。

ただ、自分に非があることを受け止めるのもまたしんどいこと。

そういうときには、「もう、笑うしかない」んだと想います。
自分で自分を笑えるようにする。

だからこそ、「つらい・しんどい状況に名前をつけてみる」という方法が生かされるのです。
ここら辺を教えてくれるブログがあります。

「怒っていーんです!アンガーマネジメントをヒントに」
怒りの扱い方を教えてくれる、アンガーマネジメントの認定講師をされているIchiさんのブログ。


日常あるあるから、怒りの取り扱いを教えてくれるのです。
「ゴミの日に限って、ゴミを出したあとに次々ゴミが出てくる」とかね。
主婦目線のお話も多いので、共感しやすいんです。


「アンガーマネジメント」とは、怒らないことを目的にしていません。
ブログタイトルどおり、「怒っていーんです」(笑)。

ただ、上手に怒りましょうってこと。
言い過ぎてしまって自己嫌悪・・・これを回避するには、
「言う前に、6秒だけ!我慢してみて!」

たった6秒で、カッとなって沸騰した頭がちょっと冷えるのです。
小さなテクニック。
それらを教えてくれるのです。

本当に必要な、怒らなければならない怒りというのもあります。
全部が全部、怒ることが悪いというのではない。

見極めて、自己嫌悪に陥らない怒り方をしよう!というもの。
ぜひ一度、ご覧になってください☆
「怒っていーんです!アンガーマネジメントをヒントに」
失敗談も多数披露されていて、一緒にがんばろうって思えますよ。



「ない仕事」の作り方


カァ~ッと怒ってる・腹を立ててる、ネガティブな感情にいってるなあというときに、
「ネーミングする」というのは、実は難しいです。

だから、思いつこうとする、そのちょっと数秒だけ、怒りやネガティブから離れてみること。
これがいいのかもしれません。

私もネーミングするだけのゆとりはもてていませんので、まだまだ修行は続きます。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村

NEXT Entry
がんばりすぎて疲れてしまうあなたへ
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
アンガーマネジメント、注目を集めていますね。それだけ怒るってことはストレスと自己嫌悪をともなうことなんですよね。私も仕事ではよく怒る方なので、こういった機会に勉強しておきたいところです。でも、一方で怒って自己嫌悪ってのも、なんだかいかにも人間っぽくて良いかななんて思ったりもします。コントロールしつつも、コントロールできなかった自分を許してやっても良いのかな、って思ったりもします。
怒らなかったのかの自己嫌悪
怒った自己嫌悪は一時な気がします。
なぜあの時、怒らなかったのか…注意しなかったのか…は、
ずーっと気になる木な気がします。
No title
そもそも怒りとは他人の配慮のなさや無能さとの接触で発動するもの。
つまり、セミリタイアスローライフこそ勝ち組。
アンガーマネジメントなどわたしたちには一切不要。
ちなみに独身だからネット上は負け組カテゴリ。
勝負に勝って試合を落とすのがコツかと。
そんなわたしのどうでもいい小話より、その苦労や苦悩を「なんとかゲーム」とか言い換える発想の柔軟さのほうが大切ですね。
みんな余裕がないからキレるんで、その時点でもう無理かもしれないけど。金持ちケンカせず、みたいな。
No title
思いっきり怒ったことはありますが、自己嫌悪に陥ったことはありません。
怒って当然と思ってますから。
とすると自分に非はないということか。これって傲慢かな。
いや、いいんです。怒って当然と思えることに怒ってますから。
でも最近はそんなこともなくなりました。なぜって?
怒るのも面倒くさくなりましたから。
(*^▽^*)
怒っちゃうことある~。
自分のことを棚に上げて(笑)。
反省しないと(* ´艸`)クスクス
6秒我慢しないと(笑)。
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
新入社員を叱ったら、次の日、退職していたりするそうで、困ってる現場もあるようですね。
そういった人たちにはアンガーマネジメントは救世主としたい、そんな気持ちも分かるような。
自己嫌悪も人間っぽい・・。
そう想うと、ちょっとほっとできます!ありがとうございます♪
Re: 怒らなかったのかの自己嫌悪
aiupaさま、コメントありがとうございます。
けっこう盲点かも!!
怒らなかった後悔がある。
あの時言っておけば・・・ってやつ。ああ~・・・
そういうことを語ったものがあるのかどうか、関心をもってみますね~。
ヒントをありがとうございます!
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
考えようによっては、怒ってばかりという人は、ひとりぼっちとは無縁と言い換えられるかも。
「金持ちケンカせず」
この余裕、めっちゃほしいですね。
大事だけど、金持ちの余裕は簡単に手に入らないところがつらいww
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
真っ当な理由や信念があって怒るケースだから、自己嫌悪と無縁でいられるんでしょうね。
コメントを読んで、波平さんのようだなと感じました。
昭和のオヤジ、いい象徴としての。
怒れる人が少なくなったという面があるんでしょうね。
Re: (*^▽^*)
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
6秒までかけなくても、「あ、6秒待とう!」と考えられた時点で、かなり沸点が下がってるんだと想うんです。
それすら考えられず口が出てるとき、自己嫌悪まっしぐら、みたいな。
私も毎日反省してます・・・。
No title
こんばんは。
怒りのコントロールは、
ナカリが小さい頃から親子共通の課題です。
ネーミング!なるほど~~
ちょっと矛先を変えるだけで力が抜けることもあるんですね。
ついでに笑いがとれたら、さらにリラックス。

冷静なときには何でもないことが、
カッとなったら大爆発、どうにも止まらない破壊衝動、
これを深呼吸や数を数えるで乗り越えるには、
かなりの修業が必要です・・・
まだまだ精進しなきゃいけないけど、
昔を思えば、それでもまるくなってきたかな~
親も子も無駄に年とってる訳じゃないですね、
前向き前向き、それとユーモア。

いつもながら皆さんのコメントが秀逸で・・・。
読ませていただいて顔が緩みました、
ありがとうございました。
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
ナカリさんとの攻防というか「トルネード」って感じでしょうか、あれってアンガーマネジメント的に具体的なテクニックがあるのかな?
どうなんでしょうね!
こんどIchiさんに質問してみようかしら。
みなさんからいただくコメント、ヒント盛りだくさんですし、笑えるものを書いてくださっててとっても嬉しいんですよ♪

「私と娘のアスペルガー」
どう記事にしようか、まだ考えています。いつ答えがでるのやら・・・
アスペルガーってひと言でいうと○○!というものがないので、やたら長くなりそうで。
なにか一つの特徴を取り上げて見る方法でも、関心をもってもらえるかなとか、いろいろごちゃごちゃ考えています・・・。
またお邪魔して相談させてください~。
No title
馬場さん、こんばんは。遅くなってごめんなさい。
『ん!コメントせずにはいられない題名♪みうらじゅんさんの例の本だ〜!』と呑気に読み進んでおりましたら、なんとなんと私のブログの紹介をして下さるっている?!((;゚Д゚)))
朝から驚きとともに感無量の私です。
この敬愛する吉報配達ブログでご紹介いただけるなんて本当に夢のようです。馬場さんの関西弁を交えた説得力のある文章のおかげで、私よりも「怒りについて」より皆さんに伝わったのではないでしょうか(≧∀≦)
期待を裏切らないよう、また私の失敗事例盛り沢山でこれからもアンガーマネジメントについてブログでもお伝えしていきます。
この度は本当にありがとうございます!!
Re: Ichiさまへ
こちらこそ、無断でお名前出しちゃっててすみません!
紹介できたらいいな~と考えていたので、つかっちゃいました♪
怒るって、今の私には家族・とりわけ子どもに対してやってしまう、切りたくても切れないもの。
同じように子育てされてる親は、いつも「怒ってしまう自分」に疲れ切ってんじゃないかなと想うんですよね。
そういった人たちのお役に立てるブログだとおもいます、「怒っていーんです!」は。
なのでこれから、私も一読者として、楽しみにしていますので☆
リアルな体験・失敗談も期待しちゃってますので(笑)
どうぞよろしくお願いしま~す!
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。