吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 読書日記 › 偏見をもたないために、「エウレカの確率」
2017-04-30 (Sun) 06:28

偏見をもたないために、「エウレカの確率」

偏見はもちたくない、いろんな視点でものを見るようにしたい。
そう思いつつ、なかなか出来ないところもあります。

私にとってその一つが、
自分より若い作家の小説が読めない。

これがあります。
しかし嬉しいことに、そんな私に出会いがありました!

『エウレカの確率 経済学捜査員・伏見真守(石川智健:著)』

著者、1985年生まれ!!


連続殺人事件が発生して1ヶ月。
まだ犯人の目星もつかず、焦る警察。
そこに、プロファイラーと、行動経済学者が派遣されてきます。


主役は行動経済学者の伏見真守。
「なんで経済学の先生なんかが来るんだ」という刑事たちに、
伏見は言います。

「殺人事件の7割はプロファイリングで解決する。
残りの3割で行動経済学が役に立つ」



推理小説でもありますので、あまり詳しくは書けませんが。
私がこの小説で、これ実生活でも大事でしょと思ったのが、
伏見が何度も言う、

「どうか、バイアスにだまされないでください」という言葉。

バイアス=偏り、偏見 です。



データの一貫性幻想



データの一つ一つが
本当に意味のある情報であるかどうかを十分確認しないまま、
”自分の仮説と合っている”と都合よく解釈してしまう現象です。


人は、自分の考えに沿った情報やデータに意味づけをするのが好きな生物。
自分に都合よく、意味を作れる情報だけから、
”きれいな結論”を導きたいという衝動にかられるのです。


物語のなかで、プロファイリングはある程度犯人像が浮かんだら、
その後、新たな証拠や証言が出てきたときに、
浮かんだ犯人像に当てはまるように解釈してしまいがちだと
語られてます。

そこを柔軟な視点で解決策を探すのが、行動経済学であると。

ちょっと心理学と似ています。



私の中にある、「若い作家の小説は読めない」というバイアスは、
過去の経験からきていました。

何度か読んでみたんです。何人かの若い作家の小説を。

・・・最後まで読めたものがないのです。


それから長い間、若い作家のものには手を出していませんでした。
でもそれでは、自分のミーハー的感覚が衰えているだけじゃない?と思いました。
ミーハーって、あまりいい印象のある言葉ではありませんけど、
本来は、面白いことを本能的に感じとれる才能の一つといえます。

いろんな視点をもってモノを見るために、
面白いことを感じとることは大切だと思うのです。


そして今回、思い切って(そんな大げさなモンじゃないけど)
自分より10歳以上年下の作家の小説を読んでみた。
そしたら面白かった。

松本清張や横山秀夫のような重厚さはないけど、
エンターテイメント小説としては十分。
なにより、最後まで面白く読めました。



偏見をもたないでいると、面白いものに出会う確率が高くなりそうです。

この小説、シリーズ化されていて、
私の手元にあと2冊あります。

GWは普段通り仕事で、お出かけもしない私です。
ミーハー的に読書を楽しむチャンスです。




最終更新日 : 2019-02-06

No title * by エリアンダー
期待に応えてくれてありがとう。
プロファイリングより行動経済学!
行動経済学にも興味が出てきそう。
お、amazonで1円で売ってる。

Re: エリアンダー様 * by 馬場亜紀

> お、amazonで1円で売ってる。

お、マジですか。いい情報をありがとうございます!
この本の行動経済学は、超初心者に分かるレベルで書かれているので、もしかしたら物足りないと感じるかもしれませんよ~。私は超初心者なので、出てくる計算式とか面白く感じました!

No title * by てかと
もう小説、手に取ってないな
電子書籍ってのに置き換わったのもあるけど、ブログ読んでたら1,2時間くらい過ぎてるから本いらんって感じw

No title * by 節約ドットコム
私も以前、「現状維持バイアス」という言葉について記事を書いたことがありますが、
バイアス=偏り、から抜け出すのは結構大変な作業だと感じます。

経験による固定概念や、視野が狭いために起こってしまう偏見、これらから抜け出し、客観的に物事を見ることができるようになるには、自分自身を深く見つめ直し、いつも問い続けないといけない。
壮絶な戦いです。満足してしまったらそれ以上の成長は見込めず、思考も停止してしまいますので、
こうした記事を読むととても助けられます。

いつも感謝です!

Re: てかと様へ * by 馬場亜紀
てかとさん、コメントありがとうございます。
小説は読み飛ばせないので、本当に時間かかるし、私も随分読むことが減ってしまってます。
ブログを読むのも、すごく時間がかかります・・・。コメントや返信をするのにも。
てかとさん、すっごい時間かかるでしょ。いつもすごいな~って感心してます、ホント。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

期待に応えてくれてありがとう。
プロファイリングより行動経済学!
行動経済学にも興味が出てきそう。
お、amazonで1円で売ってる。
2017-04-30-07:14 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]

Re: エリアンダー様


> お、amazonで1円で売ってる。

お、マジですか。いい情報をありがとうございます!
この本の行動経済学は、超初心者に分かるレベルで書かれているので、もしかしたら物足りないと感じるかもしれませんよ~。私は超初心者なので、出てくる計算式とか面白く感じました!
2017-04-30-07:42 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

No title

もう小説、手に取ってないな
電子書籍ってのに置き換わったのもあるけど、ブログ読んでたら1,2時間くらい過ぎてるから本いらんって感じw
2017-04-30-09:41てかと [ 返信 * 編集 ]

No title

私も以前、「現状維持バイアス」という言葉について記事を書いたことがありますが、
バイアス=偏り、から抜け出すのは結構大変な作業だと感じます。

経験による固定概念や、視野が狭いために起こってしまう偏見、これらから抜け出し、客観的に物事を見ることができるようになるには、自分自身を深く見つめ直し、いつも問い続けないといけない。
壮絶な戦いです。満足してしまったらそれ以上の成長は見込めず、思考も停止してしまいますので、
こうした記事を読むととても助けられます。

いつも感謝です!
2017-04-30-19:09 節約ドットコム [ 返信 * 編集 ]

Re: てかと様へ

てかとさん、コメントありがとうございます。
小説は読み飛ばせないので、本当に時間かかるし、私も随分読むことが減ってしまってます。
ブログを読むのも、すごく時間がかかります・・・。コメントや返信をするのにも。
てかとさん、すっごい時間かかるでしょ。いつもすごいな~って感心してます、ホント。
2017-05-01-04:56 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]