吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 励ます言葉 › 手遅れになる前に、「孤独論 逃げよ、生きよ」
2017-05-27 (Sat) 06:45

手遅れになる前に、「孤独論 逃げよ、生きよ」

『孤独論 逃げよ、生きよ(田中慎弥:著)』




田中氏といえば、2012年に芥川賞受賞の記者会見で、
「都知事閣下と東京都民各位のために、もらっといてやる」
この発言で騒がれましたね。

そんな作家のエッセイです。

タイトルどおり、「逃げていい」というメッセージです。



やりたくないことはやるな

できないことと、やりたくないことを明確にする。
今の仕事が体力的にきつくても楽しいならやればいい。
でも辛いだけなら奴隷になっている。今すぐ逃げろ、とにかく逃げろ。
逃げることは、負けではない。




言いたいことはシンプルで明確です。
田中氏自身は高校卒業後から一度も働いたことはなく、
日中は文章を書き、夜は眠る、
実家にずっといる、清く正しいひきこもりさんでした。

田中氏のやりたいことは、小説を書くことだけ。
だから、他のやりたくないことは絶対にやらなかったのです。



この著書の言いたいことを、「なぜ逃げるのか?」を
更にシンプルに表現した絵本があります。

『にげた!(宇治勲:絵と文)』です。



インパラがチーターから逃げる、
オタリアがシャチから逃げる、
マダコがウツボから逃げる、
バッタがカマキリから逃げる、
敵わないから、逃げる。食べられちゃうから、逃げる。


きょうも ちきゅうの あちこちで
いきものたちが にげている

ちからのかぎり
だいちを けって
あしたが あるから
にげている



明日も生きるために、逃げる。
ただそのために、逃げる。



田中氏の主張はもっともなんですよね。
ただし、孤独になってしまう前に、逃げなくてはならないんじゃないかな。

奴隷のようになっていると気づければ、逃げる方法を考えられますが、
もう、それすら気づけないから、
本能が機能していない状態だから、手遅れになるまで逃げられないんですよね。きっと。
いえ、逃げるなんてことすら選択肢に入ってないんでしょう。

おそらく、誰にでも身体を心配してくれる人はいると思う。
自分の身体も危険を知らせてくれている。
けれど、その声が聴こえるかどうか。
そこを乗り越えていかないと、今後も哀しい例は出てきてしまう。


そして、「もう辞めるの?」の声に負けないように。
その声を聞き入れてしまって手遅れにならないように。
人がいても孤独になる。

孤独の見極めができるかどうか。
本能を潰してしまわないうちに・・・逃げろ!

最終更新日 : 2019-02-06

* by てかと
目的を決めてそれを達成したのならゴールしてエンディングでいいんではないでしょうか?
田中先生はいいことをおっしゃるし、俺は事実そうしました
ネット掲示板でこれを言うとぼっこぼこにされますね
とくに既婚者からのぼっちへの中傷がひどいのなんのw
もう大笑いですよ

* by 節約ドットコム
難しいところですね~(笑)
逃げるという言葉はあまり好きになれない感じがします・・・
私の場合何事も試練として受け止めがちで、自分を苦しめているところもありますが、性分でしょうか。彼の場合は、物書きが好きだから救われていますが、そんなに熱中するものを見つけられない人もたくさんいるような気がします。
人生自体に楽しみを見いだせないで、嫌で嫌でしょうがない人に逃げてもいいよと言うと、「死」という選択肢しかない場合もありそうです。そっちの気持ちの方が私には良く分かりますので、安易な「頑張れ」も良くないですが安易な「逃げてもいいよ」も使うのにためらわれる言葉です。結婚より離婚の方がいろいろとツラいのと同じで、逃げることにはかなりのストレスが伴います。そこまでして逃げて逃げて生き続けたくないという人も多いような気がします。個人的主観が強いコメントで申し訳ないです。
ただし、明らかに違うことがしたいのに、無理をしているという自覚を持ちながら全く違うことをしている人には、本当にしたいことができるように周りが背中を教えてやる優しさを持ってあげたいとは思います。

Re: てかと様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
> ネット掲示板でこれを言うとぼっこぼこにされますね
> とくに既婚者からのぼっちへの中傷がひどいのなんのw
> もう大笑いですよ
・・・なんでぼっこぼこに?「お前だけ、ずるい!!」みたいな感情?「守るものがいるオレは逃げる選択肢なんかねーよ」ってことかな、それくらいしか想像できません。
既婚かどうかの話じゃないけどな。それに家族がいるからできないみたいな、重荷になる相手を選んだのはアナタでしょって思うけどな。
それに、我慢してどうにかなっているなら、模範的奴隷にもなっていないと思われますね。本当にやばかったら、家族が辞めさせるはず。
ネット掲示板って見ないんですけど、見なくてもよさそうですねww

Re: 節約ドットコム様へ * by 馬場亜紀
コメントには個人的主観で意見を書いてくださいね(笑)。そのほうが面白いですよ~。
確かに、「逃げる」という言葉はあまりいいイメージはないですよね。
先日、てかとさんから「転進」という言葉を教わりました。意味は退去とか、逃げるとほぼ同じなんですが、言葉のイメージは随分変わりますよね。逃げろ!じゃなく、「転進しろ!」なら、方向性を変えてみるという感じで少し違ってくるかも。
ただ、本を読んで、安易に「逃げる」を選択する人のことは、ここでは含まれていないと思いました。無理しすぎる人へのメッセージかなと。
離婚、大変なんですよね(笑)。ホント疲れました。でも、その辛さがあっても離婚したい・逃げたいなら、逃げなきゃ!とは思います。悪あがきしている時間があるのかどうか、ですね。

> ただし、明らかに違うことがしたいのに、無理をしているという自覚を持ちながら全く違うことをしている人には、本当にしたいことができるように周りが背中を教えてやる優しさを持ってあげたいとは思います。
うん、これは本当にそう思います!周りの声を聞かせてあげたら救われる人がいるはずなんですよね。他人への思いやり、私もやれるようにしたいです。
コメントありがとうございました!いつも考えさせられます~。

* by エリアンダー
この作家さん、受賞記者会見での奇をてらった
言動でミソ付けましたが、いいこと言ってますね。
鴻上尚史、マツコも「いじめられたら逃げろ」と。
いじめる相手からも、何もしない先生たちからも
逃げればいいんですよ。逃げて逃げて逃げまくるんですよ。
いじめで死ぬなんてあほらしいです。

* by ミドリノマッキー
新聞の「働き方改革を問う」という特集記事の中に「若い男性が長時間労働明けに帰宅途中事故死」という事例が載っていました。
この方は、かなり前から長時間勤務が続き周りからも疲れ果てて見えたという。心配した母親も「お母さんは〇〇が健康でいてくれれば幸せだよ」と声を掛けたそうですが、奨学金などの返済もあった彼は「やっと見つけた正社員の仕事を手放せない」と無理して働き続けたとのこと。

長々と書きましたが、このように「逃げようにも逃げられない現実もある」ということが分かります。「簡単に逃げる道を選べない」ということも。
それでも自分は逃げるべきだったと思う。

動物は「生きる」、ただそれだけのために逃げる。しかし人間は周囲への思いやしがらみのために躊躇する。
本当に追い込まれているのなら田中さんの言われるようにまず「逃げる」。
命より大事なものはないでしょ。

Re: エリアンダー様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます!
そうなんですよね、なんでいじめられて死ななきゃならないんだ!?って考えられたらいいのに。
端からみると分かることが、当事者になると分からなくなってしまう恐ろしさ・・・気づいてほしいです。本当に。
それと、あの記者会見、私は好意的に見てます!

Re: ミドリノマッキー様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。悲痛な事例ですね。やはりこういうことはどこかしらで起こっているんですね・・・。
奨学金を、結局子どもが支払っていることは問題視され始めていますよね。こういうのって、芋づる式に問題点が続々と見えてくるんでしょうか。どこから手をつければ?状態です。
いくら仕事が大変で本当にやばいけど、お金(生活)のために仕方なく続ける・・・これは多いんでしょうね。でも、お金と命、どっちを大切にするの?と自分で問いかけないといけないのかも。お金は仕事をやめてからでもまたどうにかなるけど、命がなくなったらどうにもならないです。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

目的を決めてそれを達成したのならゴールしてエンディングでいいんではないでしょうか?
田中先生はいいことをおっしゃるし、俺は事実そうしました
ネット掲示板でこれを言うとぼっこぼこにされますね
とくに既婚者からのぼっちへの中傷がひどいのなんのw
もう大笑いですよ
2017-05-27-14:13てかと [ 返信 * 編集 ]

難しいところですね~(笑)
逃げるという言葉はあまり好きになれない感じがします・・・
私の場合何事も試練として受け止めがちで、自分を苦しめているところもありますが、性分でしょうか。彼の場合は、物書きが好きだから救われていますが、そんなに熱中するものを見つけられない人もたくさんいるような気がします。
人生自体に楽しみを見いだせないで、嫌で嫌でしょうがない人に逃げてもいいよと言うと、「死」という選択肢しかない場合もありそうです。そっちの気持ちの方が私には良く分かりますので、安易な「頑張れ」も良くないですが安易な「逃げてもいいよ」も使うのにためらわれる言葉です。結婚より離婚の方がいろいろとツラいのと同じで、逃げることにはかなりのストレスが伴います。そこまでして逃げて逃げて生き続けたくないという人も多いような気がします。個人的主観が強いコメントで申し訳ないです。
ただし、明らかに違うことがしたいのに、無理をしているという自覚を持ちながら全く違うことをしている人には、本当にしたいことができるように周りが背中を教えてやる優しさを持ってあげたいとは思います。
2017-05-27-14:50 節約ドットコム [ 返信 * 編集 ]

Re: てかと様へ

コメントありがとうございます。
> ネット掲示板でこれを言うとぼっこぼこにされますね
> とくに既婚者からのぼっちへの中傷がひどいのなんのw
> もう大笑いですよ
・・・なんでぼっこぼこに?「お前だけ、ずるい!!」みたいな感情?「守るものがいるオレは逃げる選択肢なんかねーよ」ってことかな、それくらいしか想像できません。
既婚かどうかの話じゃないけどな。それに家族がいるからできないみたいな、重荷になる相手を選んだのはアナタでしょって思うけどな。
それに、我慢してどうにかなっているなら、模範的奴隷にもなっていないと思われますね。本当にやばかったら、家族が辞めさせるはず。
ネット掲示板って見ないんですけど、見なくてもよさそうですねww
2017-05-28-05:31 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

Re: 節約ドットコム様へ

コメントには個人的主観で意見を書いてくださいね(笑)。そのほうが面白いですよ~。
確かに、「逃げる」という言葉はあまりいいイメージはないですよね。
先日、てかとさんから「転進」という言葉を教わりました。意味は退去とか、逃げるとほぼ同じなんですが、言葉のイメージは随分変わりますよね。逃げろ!じゃなく、「転進しろ!」なら、方向性を変えてみるという感じで少し違ってくるかも。
ただ、本を読んで、安易に「逃げる」を選択する人のことは、ここでは含まれていないと思いました。無理しすぎる人へのメッセージかなと。
離婚、大変なんですよね(笑)。ホント疲れました。でも、その辛さがあっても離婚したい・逃げたいなら、逃げなきゃ!とは思います。悪あがきしている時間があるのかどうか、ですね。

> ただし、明らかに違うことがしたいのに、無理をしているという自覚を持ちながら全く違うことをしている人には、本当にしたいことができるように周りが背中を教えてやる優しさを持ってあげたいとは思います。
うん、これは本当にそう思います!周りの声を聞かせてあげたら救われる人がいるはずなんですよね。他人への思いやり、私もやれるようにしたいです。
コメントありがとうございました!いつも考えさせられます~。
2017-05-28-05:43 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

この作家さん、受賞記者会見での奇をてらった
言動でミソ付けましたが、いいこと言ってますね。
鴻上尚史、マツコも「いじめられたら逃げろ」と。
いじめる相手からも、何もしない先生たちからも
逃げればいいんですよ。逃げて逃げて逃げまくるんですよ。
いじめで死ぬなんてあほらしいです。
2017-05-28-10:03 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]

新聞の「働き方改革を問う」という特集記事の中に「若い男性が長時間労働明けに帰宅途中事故死」という事例が載っていました。
この方は、かなり前から長時間勤務が続き周りからも疲れ果てて見えたという。心配した母親も「お母さんは〇〇が健康でいてくれれば幸せだよ」と声を掛けたそうですが、奨学金などの返済もあった彼は「やっと見つけた正社員の仕事を手放せない」と無理して働き続けたとのこと。

長々と書きましたが、このように「逃げようにも逃げられない現実もある」ということが分かります。「簡単に逃げる道を選べない」ということも。
それでも自分は逃げるべきだったと思う。

動物は「生きる」、ただそれだけのために逃げる。しかし人間は周囲への思いやしがらみのために躊躇する。
本当に追い込まれているのなら田中さんの言われるようにまず「逃げる」。
命より大事なものはないでしょ。
2017-05-28-18:19ミドリノマッキー [ 返信 * 編集 ]

Re: エリアンダー様へ

コメントありがとうございます!
そうなんですよね、なんでいじめられて死ななきゃならないんだ!?って考えられたらいいのに。
端からみると分かることが、当事者になると分からなくなってしまう恐ろしさ・・・気づいてほしいです。本当に。
それと、あの記者会見、私は好意的に見てます!
2017-05-29-05:35 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

Re: ミドリノマッキー様へ

コメントありがとうございます。悲痛な事例ですね。やはりこういうことはどこかしらで起こっているんですね・・・。
奨学金を、結局子どもが支払っていることは問題視され始めていますよね。こういうのって、芋づる式に問題点が続々と見えてくるんでしょうか。どこから手をつければ?状態です。
いくら仕事が大変で本当にやばいけど、お金(生活)のために仕方なく続ける・・・これは多いんでしょうね。でも、お金と命、どっちを大切にするの?と自分で問いかけないといけないのかも。お金は仕事をやめてからでもまたどうにかなるけど、命がなくなったらどうにもならないです。
2017-05-29-05:56 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]