2017. 07. 14  
『警察犬になったアンズ(鈴木博房:著)』を読みました。




表紙の写真で分かるように、警察犬になったのは、トイプードルです。
全国初の小型犬の警察犬。
当時、地元の茨城県では新聞に載ったり、今もネット検索するとすぐ表示されるほど話題になっていたようですね。

なぜ、話題になったのか。
小型犬は警察犬になれなかったんです。

基本的に警察犬として認められているのは、7犬種のみ。
エアデール・テリア
ボクサー
コリー
ドーベルマン
ゴールデン・レトリバー
ラブラドール・レトリバー
ジャーマン・シェパード 
です。


そもそも、著者の鈴木さんはアンズを警察犬にしようと思って飼育していたわけではありません。


出会いは、動物指導センター(これ、「俺は楽をしたい」ブログに出てきた名前やヮ)。
たまたま用事があってセンターに来ていた鈴木さんは、
「この犬、もういりません。
しつけ本のようにいかない。こんなバカ犬、いらない、引き取ってくれ!」
と、アンズを連れてきてる人を見かけました。

そのまま動物指導センターに引き取られると、殺処分されます。
どうにもほっておけなくなり、鈴木さんは自分がアンズを引き取ったんです。


鈴木さんは、警察犬指導士30年、
今までに10頭のシェパードを育てたベテランの指導士です。


アンズを引き取ったときも、家には訓練中のシェパードが4頭いました。

一緒に育てているうちに、アンズが訓練に興味を持ち出したこと、
そして、アンズは前の飼い主から虐待を受けていて、そのトラウマから女性に会うと悲鳴をあげていたため、
その傷を克服するために役立つかもと考えて、アンズも警察犬になるための訓練を始めたんです。

訓練をしたって、警察犬になれる犬種ではないから、別に警察犬にしようともしていなかったんですよね。
それが、
「規定の訓練資格を取っていれば、どの犬種でも受験できることになった」んです。


訓練中からけっこううまく出来ているアンズ、
しかも楽しんでやっているのが伝わってきていたので、鈴木さんはとにかく試験を受けてみようと考えたんですね。
犬も人の役に立ちたいと思っているんだ、そう感じて。


結果、
受験するまでの規定の訓練を5つ受けて、すべて合格。
そして警察犬になるための最後の試験も合格して、晴れてアンズはトイプードルとしては初の警察犬となりました。



小型犬が、ちゃんと仕事できるの?って思いますよね。
デメリットは、あります。

体格差がそのまま体力差になります。
持久力がありません。
だから、山の中で遭難した人を探す、などという仕事には向いていません。

しかし、小さいことがメリットにもなっているようです。
ショッピングセンターや街中など、人の多いところでの捜査は、小型犬のほうが捜査らしくなく、
ただ散歩させているように見せかけられる(警戒されにくい)。


大型犬では入れない狭い場所に入ることができる。

身体が小さく、鼻の位置が低い、歩幅が狭いため、
髪の毛やコンタクトレンズ、薬の錠剤などの小さなものを発見できる可能性がある
、などです。



仕事とはいえ、収入のほうはというと・・・

警察で飼っている直轄警察犬は、160頭ほど。
プロの指導士や愛犬家が自分のところで育て、警察からの要請に応じる「嘱託警察犬」が1300頭ほど。

日本の警察犬は、嘱託警察犬に頼っているのが現状です。
1回の出動につき、数千円の謝礼は出ますが、
移動や訓練の費用などはすべて、飼い主の自己負担だそうです。



資格をもっていれば誰でもできるというものでもなさそう・・・。


そして、これに驚いたんですが、
警察犬として認められても、その任期は1年。
活動を続けるためには、毎年、試験を受けて合格しなければダメなんです。


人間の資格より厳しい・・・。
1度資格を取ってしまえば一生モノ!!
こんな資格がいっぱいです。
本当は人間の資格だって、ちゃんと適性が保たれているのか試験が必要だと思いますが・・・。



アンズが話題になり、数社の出版社から「本にしませんか」と依頼が押し寄せてきたそうです。
鈴木さんは、「子ども向けにしたい」という意向を示した岩崎書店さんからの出版を決めました。

なので、この本は、子供向けです。
10歳くらいから読める内容・文章になっており、ほとんどの漢字にルビがついています。
写真も多いですし。


アンズのがんばる姿が、子どもたちの未来への挑戦に役立つように。

そんな鈴木さんの想いが込められています。


アンズの奮闘に、まるで子どもを応援するかのように感情を寄せてしまいます。
子ども向けといっても、大人も入り込んで読めますよ。


今日もありがとうございました。

にほんブログ村
NEXT Entry
夏の暑さを和らげる、極楽の余り風
NEW Topics
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
がんばりすぎて疲れてしまうあなたへ
Comment
また実におもしろそうな本のご紹介をいただきました^^プードルではなく、トイプードルのほうなんですね^^実は昔私の実家でも飼っていまして、かわいらしかったのを覚えています。でもトイプードルって(プードルだったかもわかりませんが)猟犬だったような気がしますね。それを考えると、意外と警察犬出来てしまうかも?って思ってしまいました。あのかわいらしい外見だと凶悪犯に立ち向かうのは難しいかもしれませんが、やはりそれぞれ胃一長一短あり、活躍の場面があるわけですね^^しかし一年に一回資格の受け直しとは、確かに人間よりも厳しい世界ですね~^^;
ひっさびさに動物指導センターの名前を聞いたな
ちなみに俺を苦しめていた鳴き声の犬は、もう悲しそうな声をあげなくなったよ
あれはすぐに解決してよかった、隣人のほうは厄介きわまるが・・・
だいたい迷惑なのは人間のほうなんだよなw
毎年試験を合格しないとだめとかきびしいね
でもまぁ、犬の特性、体力、寿命とか考えると納得なのかな
可愛い~。
こんなワンちゃんになら捕まってみたい、そんなことを思ってしまいました。

それにしても安い。エサ代にもならない。
警察はもっとお金を出すべきです。
こんばんは♪
アンズちゃん、動物指導センターに引き取られなくてよかった~(*´ω`*)
がんばっている姿を見ると勇気をもらえますね♪
今晩は!
可愛いけど凛々しい顔!

警察犬の顔ですね(笑)

鈴木博房さんのTVドキュメントで観た記憶があります。

災害救助か何かの訓練でしたね。

お散歩中の犬になりすますところ見てみたいですね。
おとり捜査に同伴してもいいかも?
Re: 八咫烏(全力稼働中)様へ
コメントありがとうございます。
プードルは意外と大きいですよね。子羊くらいありますもんね。プードルはもしかしたら人間の仕事を手伝うような性格や能力があるのかもしれませんが。
トイプードルは人間の愛玩用に改良されているらしいです。なので、本来は人を見ると「遊んで、遊んで!」となる性格が基本。任務には向いていないようです。だから、このアンズはすごい集中力を発揮させています。
人間より厳しい世界ってなにー?って思うんですよね~。
Re: てかと様へ
コメントありがとうございます。暑さとうるささで体力消耗しそうですが、大丈夫でしょうか?
動物指導センター、忙しそうですよ。年間200匹近くの犬猫が持ち込まれ、処分しているようです。
ダメ動物なんていないだろって思った本です。
寿命は、警察犬をしてるとちょっと短いそうです。やはり緊張することが多い(神経をつかう)ので一般的な寿命より短いのかな。そう考えると、いくら人間の役に立ちたいと思っているからといって仕事をさせるのはどうなんだろうって思ってしまいましたけど・・・。
Re: ミドリノマッキー様へ
コメントありがとうございます。
そう、可愛すぎますよね!まさか犯人を追跡してるなんて思いませんよね~。
そして、謝礼安い!それは私も同感でした。せめて交通費(ガソリン代)も出したら?って思いました。
でも、そんな条件でも犬を訓練したい、人の役に立ちたいという、ちゃんとした人だけができることだというなら、ちょっと納得です。高額謝礼をもらいたくてやり始める人が出てこないとも限らない。そう考えてるのかも・・・なんてことも思いましたよ。
Re: こんばんは♪
ふたごパンダ様、コメントありがとうございます。
本当に、出会いのタイミングってあるんですね。ただただラッキーだった、という以上に縁を感じますよね。
アンズ、ホントにがんばってました。普通にシェパードやレトリバーでもバンバン試験に落ちる、それくらい難度の高い試験だそうですよ。これを読んだ人が勇気を出せたら、アンズもきっと喜びますね。
Re: 今晩は!
ダリルジョン様、暑いですが元気ですか~!?コメントありがとうございます!
ドキュメントをご覧になっていたんですか、ご存知だったんですね。あの背筋をピッと伸ばした姿、本当に凛々しいです。
おとり捜査、いけそうですね。ものすごく気を緩ませますよね、犯人(笑)。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR