2017. 07. 18  
そうじをすると運が良くなる
トイレ掃除は金運が上がる



多くの人が知るようになった、嘘のようなホントのような名言(迷言?)。
それがずばり、本のタイトルになった小説を読みました。

『なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?(志賀内泰弘:著)』
実話をベースとした、日本初のそうじ小説、とうたわれています。


3つの短編からなる、フィクションではありますが、
著者は、「多くの人を取材して分かった事実を小説にしたので、あながちフィクションとも言えません」とおっしゃってます。


一つ目の、「そうじをすると、お金が手に入るのか?」を紹介します。

ガスショップの営業兼工事マネージャーの山村。
社長からしょっちゅう、
「作業場のそうじをやってくれないか」と言われます。

でも、忙しいのです。
営業から19時に戻ってきても、「銭湯のボイラーを見て欲しい」と依頼がくれば出向き、夜中の0時まで仕事するような、そんな日々です。

それなのに、いつそうじをする時間があるんだ?

社長にもくってかかっていってしまいます。
「そうじをしたら、お金が入ってくるんですか!?」って。

そうじを30分する時間があったら、営業を一軒でも取った方が確実に「利益」につながるはずだ。
だって、「お客さん」はお金を払ってくれるが、「そうじ」はお金を払ってはくれないのだから・・・。



そんなある日、いつも通る道が通行止めだったため、公園を横切るように歩いて会社に向かっていた山村は、
両手に軍手をはめ、ゴミ袋を2つ持つ「公園の老人」を見つけます。

たった一人でゴミ拾いをしている。
ひと目で高級だと分かるスーツを着て・・・。ボケてんのかな?


どうにも気になって、別の日、ついに話しかけました。

なぜ、ゴミを拾うんですか?
「拾いたいから、拾っているんじゃよ」

拾うと何かよいことがあるんですか?
「よいことがないと拾っちゃいけないのかな?」

何か得することがないと、普通は行動に移さないものでしょう?
「答えを言ってしまうと、実は、そうじをすると、得することがあるんじゃな」

ひょっとして、今までの人生で悪いことをして、それの「罪滅ぼし」か何かなのですか?
「拾った人だけがわかるんじゃよ」


こんな会話をして、山村はちょっとだけ勇気を出して、落ちている空き缶を拾って近くのゴミ箱に捨てました。
それから、「よし、実験してみよう。そうじをしたら何が分かるのか知りたい」

こう考えて、出社時間を30分早くし、作業場のそうじを始めることにしたのです。


ここから物語りはとんとん拍子に展開し、結果としては、会社の売り上げが上がることになりました。



そこの要約を書けよって思いました?
いえ、書きません。

ここ、種明かしはしないほうがよさそうです。

最後、山村は公園の老人に、自分や自分の周りで起こったことを興奮して報告しました。
老人はとても嬉しそうにしていて、でも忠告をします。

「だがな、『売り上げが上がるから拾おうとか、お金が手に入るから拾おう』と思ったとたん、
売り上げが上がらなくなる

これがまた不思議でな。
このカラクリは、ワシもいまだにわからん。ワッハハハ」



「いいこと」を求めてそうじをすると、いいことが起こらなくなる。

欲を出さずにそうじをすることで、変わっていくようです。
お金に関する話のほかに、
「そうじをすると、夢がかなうのか?」
「そうじをすると、人生が変わるのか?」

この2編が収録されています。

なぜ、そうじをしたらよくなるのか。
それは、
拾った人だけが分かるんじゃよ。


というかですね。

そうじって、なんでするの?ってことを忘れなければ、みんな知らず知らずよくなっていくんですよ、きっと。

なぜ、そうじをするのか。
山村が社長にくってかかっていったときに、社長が言った言葉が全てだと思います。

「とにかくだなぁ。キレイにすると、すごく気持ちがいいんだよ!」


これで十分なんですよ、ね。




そうじするにしても、汗が落ちてきて、汗をふき取るためにそうじしてんのか?なんて思ってしまいますが、
きれいさっぱりしたら、気持ちいいのも確かですよね。
今日もありがとうございました!

にほんブログ村
NEXT Entry
1人でもやってみること
NEW Topics
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
がんばりすぎて疲れてしまうあなたへ
Comment
日本はゴミが落ちていなく、トイレがきれいなことで
世界中から評価を受けリピート率も高いです。
会社でも同じことなんでしょうか。きれいにすれば自分も社も
磨けて向上し、業績が上がる。
「円周率の謎」、とても面白かった。エイトケンの加速法
より200年も先立っていたとは驚きです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
手を洗うだけで罪悪感が消える。
以前心理学の本か何かで読みました。散らかった部屋では色々なモノが目に飛び込んできて、それだけでストレスになるそうです。
掃除ってのは、心を綺麗にする行為なんですね^^
掃除をするのはもはや使命感となっているおっさんです
いやね、うちの叔父とか掃除まったくしないタイプだったのですが
ものすごい晩年患って死にましたよ
ハウスダストとかカビとかもういろいろ不潔すぎて助からなかったw
もう笑っちゃうくらい掃除しなかったそうな
俺はそれを聞かされて、256歳まで生きたかったら掃除するしかねーわ、って感じでやってますw
金とかどうでもいいって感じw
そうか、とにかくまずキレイにすることなんですね。
見返りを求めずってことか。難しいな。

今度の日曜日は地域の清掃日。
毎回、「またか」とこぼしながら出かけていました。
この話を聞いた今は「キレイにしよう」の意気込みに燃えています。見返りを求めません。

見返りを求めずやれば何かいいことがあるんだよね。
これってもう求めてるってこと?いけませんねぇ。無心で頑張ります。
(*´▽`*)
なんか自分にとって耳が痛い話です(笑)。
欲なしで掃除するからこそ開ける運なのかな?
掃除ってスッキリしますもんね。
掃除に対して見方が変わりました(*´▽`*)
馬場 亜紀さん、こんばんは^o^
整理整頓が行き届いたところには、いい運気が呼び込まれそうです!!そうじは自分自身の気持ちの整理整頓にも繋がるのではないでしょうか。

Re: エリアンダー様へ
コメントありがとうございます。
小説のなかでは、「気づき」が増える、というのもポイントのひとつになっていました。あと、工夫をすること。夜中までかかっていた清掃を、どうやって時間短縮させるか。
それは、さぼって短縮させるのではない(当然)、などなど。
いろんな要素がつまっているようでした。
> 「円周率の謎」、とても面白かった。エイトケンの加速法
> より200年も先立っていたとは驚きです。
ああ!楽しんでもらえて良かったです!!嬉しい。
Re: 八咫烏(全力稼働中)様へ
コメントありがとうございます。お忙しいのに、ひとつひとつに返信していただいて・・・感謝してます。どうぞ無理されませんように。
> 手を洗うだけで罪悪感が消える。
おお、これの行き過ぎが「強迫観念」みたいな、メンタルの病気になるのかな。いくら洗っても汚れている!!という・・・。
あと、犯罪者の家は必ずといっていいほど汚い、乱雑、というのも読んだことがあります。
外をきれいにすると、自分の内面もきれいでいられるんでしょうか。
Re: てかと様へ
コメントありがとうございます。
その叔父さん、どこに住んでいらっしゃったんでしょう。日本の話ですか?
どんだけなんですか、ハウスダストやカビが命に関わるって。
ウチの叔母の1人は、逆に潔癖症でした。
「おじゃましまーす」ってあがったら、後からドアノブや取っ手を拭きまくってるんです。なんの証拠隠滅かと(笑)。
どちらも行き過ぎるとちょっとね・・・です。
きれいの基準は人それぞれでいいけれど、上限下限のラインはありますね。
毎日2階建てを掃除するのは体力いりますけど、そんな理由があるならば、もう掃除するのみですね。腰とかに気をつけてがんばってください!
Re: ミドリノマッキー様へ
コメントありがとうございます。
見返りを求めずにやったら、いいことあるんだよね。
それがすでに求めてる(笑)。
求めるな、と言われたら、逆に意識してしまいますよ~。本の最後には、全然求めないってのはたぶん無理、だから、ちょっとならいいですよ(笑)、そして、「そのうちいいことある」くらいで待っていたらいいとありました。
地域のゴミ拾い、暑いとかなり辛そうですね。帽子をかぶり、ゆっくり一つでも、くらいでがんばってくださいね。
Re: (*´▽`*)
ふたごパンダ様、コメントありがとうございます。
掃除ってスッキリする。
もうその感覚があるならば大丈夫ですよ~。
断捨離などに通じるかもしれませんが、「これをすれば、よくなる!」と即効性を期待すると裏切られたような気持ちになって、諦めてやめてしまったりします。そうじゃないってことですよね。
そのうち、いいことある。
これくらいの欲で、続けることが大切なんだと思います♪
Re: Ichi 様へ
コメントありがとうございます。
自分も気持ちいいですよね。清潔で、物があるべきところに置かれていてって部屋。
なにかを始めたくなりそうです。
テスト勉強中、机の上や周辺を片付けたくなるのはなんなんだろう(笑)。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR