吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 励ます言葉 › ありがとうなんて言いたくないときに、「テオの「ありがとう」ノート」
2017-08-27 (Sun) 06:45

ありがとうなんて言いたくないときに、「テオの「ありがとう」ノート」

障がい者だからって、なんでも「ありがとう」って言わなきゃいけないの?




帯コピーに魅かれて手にとった本です。
中学校の読書感想文課題図書に指定されているようです。

そういう本って、説教臭くて面白いものがあまりないというせんにゅうが。
でも「なんでも『ありがとう』って言わなきゃいけないの?」という問いに興味が出ました。



生まれつき両足と左手にマヒがあり、車椅子で生活している12歳の少年・テオ。
家族の負担が大きくなってしまうため、施設で生活しています。


施設の職員に着替えや食事、入浴の介助をしてもらっています。
そんな毎日が当たり前だったんですが、ある日思ったのです。


なんで頼んでもいないことにまで『ありがとう』って言ってるんだろう?
おかしくない?
ボクは好きで障がいをもって生まれたんじゃないのに。
障がいがなければ言わなくていい『ありがとう』がいっぱいじゃん!



そこでテオは、なにをしてもらっても「ありがとう」と言わないことにしてみました。

でもこのやりかたはうまくいかなかった。
みんなの機嫌を損ねただけだったし、テオ自身も居心地が悪かった。


次にどうしたか。

「ありがとう」を言う回数より、
「ありがとう」と言われる回数を多くしよう
と考えたのです。



してもらって当たり前だったことを、自分でやろうとしました。
そうするとお礼を言う回数を減らすことができます。

それだけでも大進歩、「自立」を始めたんです。
さらにもう一歩、がんばります。

両足と左手のマヒがあってもできる、「お手伝い」を始めました。


施設で暮らしているので、自分より年下の子もいます。
その子たちにやってあげられることが意外と多いことに気づいたんです。


テオの自立にちょっと感動です。
これだけだと説教臭いですね。
おもしろいところが出てきます。


テオ、疲れてしまいます(はりきりすぎた笑)。


そうすると、「ありがとう」にケチになっていったんです。
疲れてお手伝いがあまりできない日は、「ありがとう」をもらえません。

するとそんな日は、自分から「ありがとう」を言いたくなくなっているのです。


もらう「ありがとう」と、言う「ありがとう」の数を数えているテオ。
(だから、「ありがとう」ノートなんです。ノートに記録してる)



こういう、少しけちんぼの気持ちになることって、自分にもあるよな~って思ったんですよね。
数えたりはしませんが。
「なんで自分ばっかり・・・」なんて気持ちがね。特に昔はよくあったと思う。

疲れてると、人に親切にできなくなる。
それは障がいがあってもなくても一緒なんですよね。


著者自身、障がいを持つお子さんがいらっしゃるそうです。
同じ障がいの設定かどうかは分かりませんが、テオが生き生きと表現されています。



してもらったんだから「ありがとう」を言うのが当たり前。
そのことに疑問をもつこと。


実は自分がちょっとがんばれば出来ることをやらないで、
やってもらっていることがあるんじゃないの?って考えること。


自分が「ありがとう」と言ってもらうにはどうしたらいいのか考えること。

「ありがとう」って言わない人に、ムカ(イラ!)としている自分はいないか。
相手のしてほしいことをやっていないのに「ありがとう」を求めているんじゃ?とか。


中学生用に指定された本ですが、私はこのお話好きです。


最終更新日 : 2019-02-05

* by てかと
俺はスリーハンドレッドってスパルタの映画をみたとき、
冒頭で体の小さい赤ん坊、奇形は谷底に捨てられると聞いて衝撃をうけましたよ
隊列をなしたとき左側の盾を持った兵士が右側の相棒を守るスタイルなので奇形や障害を持ったものは社会リスクとして速攻で捨てるんだとか。
スパルタに生まれていたらテオくんはありがとうと言えなかったかもしれません。
そう考えると俺が読書感想文を書けと言われたら、かなり偏ったことを書いたかもしれませんw
その可能性にありがとうと言いたいです、はい。

* by 節約ドットコム
確かに私には思いつかないようなケチ笑
でもそれぞれの人生で精一杯やっているところに共感できます。
私はもっとケチですが・・・

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
すごいわかる~(笑)。
ありがとういう機会が多い気持ち(笑)。
でもありがとう♪はたくさん言って
減るもんじゃないし
とてもいい言葉だから
たくさん使っていいと思うんです。

感謝の気持ちって人を嬉しくする言葉だと思うし。
ありがとうと言われたらやっぱり嬉しいので
自分もありがとう♪を言ったり
言われたりするよう努力しないといけませんね(。ゝ∀・)b

* by ミドリノマッキー
“ありがとうと言う数”と“ありがとうと言われる数”ですか。考えたこともなかったな。
数はともかく、言うほう、言われるほう、どっちもありたいなと思いました。
出来たら両方とも多いほうがいいですけどね(^^♪

Re: てかと様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
先生、ちゃんと返事書いてくれるんならいいけど、けっこう感想の中身自体はスルーされるからなあ。好きに書きなぐったほうがスッキリできます。
「スリーハンドレッド」観た観た!いろんなことがあり得ない映画でした。でも面白かったです。
今、人間があからさまに排除されるようなことはないけれど、犬や猫など、改良品種の障がいをもって生まれた動物が処分されてるんですよね。障がいが出やすいらしく、ブリーダーが、健常な子だけを残す、ということがまかり通ってるそうです・・・。

Re: 節約ドットコム様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
人それぞれに譲れないところの「ケチ」るがありますよね。それもよくよく見れば面白い。その人なりを表しますものね。
節約ドットコム様は「ありがとう」にはケチらないでしょう、どこらへんでケチるのか(笑)、それがあのブログにつながってますね!また後で訪問します~。

Re: こんばんは♪ * by 馬場亜紀
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
気持ちよく「ありがとう」が出る、そんな自分でいられることが心地よさそうですよね。
そして言われると嬉しい気持ちもありますから、
「ありがとう」をもらえることって、どういうことだろうと考えるのはとても大切なんだな~とテオくんに教えてもらえたと思います!
最後にはテオくんも気持ちよく「ありがとう」って言えるほど成長してましたよ♪

Re: ミドリノマッキー様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
数を数えだしたら、ケチになっていきそうですよね、守銭奴みたいで(笑)。
言うほう、言われるほう、どっちも多くしようとしたら、結局、人と関わるということがないと駄目なんだなと気づきました。ひきこもってたら、どっちも無いですね~。他人と関わることって大切だわ~。

* by 八咫烏(全力稼働中)
ありがとう、と一言でいうのは実に簡単なんですが、実際にはその言葉にまつわる考え方で本当に様々だったりしますよね。テオのノートはとある学校でも読書感想文などのテーマになっているようで、実は私もちょっとだけページを開いたことがあります。日頃何気なく使っている言葉こそ、その意味するところを考え直してみるべきだと思わせてくれる話ですね。

Re: 八咫烏(全力稼働中)様へ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
「テオのありがとうノート」ご存知だったんですね!嬉しいです!
図書館で借りて読んだんですが、私が借りて読むより、もっと読むのにふさわしい子がいっぱいいるのに・・・と想いつつ(汗)、誰も借りないままだったんですよ~。
何気無く使っている言葉に関して、障がいを持って生活するということ、いろいろ考えることの多い1冊ですよね。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

俺はスリーハンドレッドってスパルタの映画をみたとき、
冒頭で体の小さい赤ん坊、奇形は谷底に捨てられると聞いて衝撃をうけましたよ
隊列をなしたとき左側の盾を持った兵士が右側の相棒を守るスタイルなので奇形や障害を持ったものは社会リスクとして速攻で捨てるんだとか。
スパルタに生まれていたらテオくんはありがとうと言えなかったかもしれません。
そう考えると俺が読書感想文を書けと言われたら、かなり偏ったことを書いたかもしれませんw
その可能性にありがとうと言いたいです、はい。
2017-08-27-15:25てかと [ 返信 * 編集 ]

確かに私には思いつかないようなケチ笑
でもそれぞれの人生で精一杯やっているところに共感できます。
私はもっとケチですが・・・
2017-08-27-17:25 節約ドットコム [ 返信 * 編集 ]

こんばんは♪

すごいわかる~(笑)。
ありがとういう機会が多い気持ち(笑)。
でもありがとう♪はたくさん言って
減るもんじゃないし
とてもいい言葉だから
たくさん使っていいと思うんです。

感謝の気持ちって人を嬉しくする言葉だと思うし。
ありがとうと言われたらやっぱり嬉しいので
自分もありがとう♪を言ったり
言われたりするよう努力しないといけませんね(。ゝ∀・)b
2017-08-27-20:49ふたごパンダ [ 返信 * 編集 ]

“ありがとうと言う数”と“ありがとうと言われる数”ですか。考えたこともなかったな。
数はともかく、言うほう、言われるほう、どっちもありたいなと思いました。
出来たら両方とも多いほうがいいですけどね(^^♪
2017-08-27-22:07ミドリノマッキー [ 返信 * 編集 ]

Re: てかと様へ

コメントありがとうございます。
先生、ちゃんと返事書いてくれるんならいいけど、けっこう感想の中身自体はスルーされるからなあ。好きに書きなぐったほうがスッキリできます。
「スリーハンドレッド」観た観た!いろんなことがあり得ない映画でした。でも面白かったです。
今、人間があからさまに排除されるようなことはないけれど、犬や猫など、改良品種の障がいをもって生まれた動物が処分されてるんですよね。障がいが出やすいらしく、ブリーダーが、健常な子だけを残す、ということがまかり通ってるそうです・・・。
2017-08-28-05:42 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

Re: 節約ドットコム様へ

コメントありがとうございます。
人それぞれに譲れないところの「ケチ」るがありますよね。それもよくよく見れば面白い。その人なりを表しますものね。
節約ドットコム様は「ありがとう」にはケチらないでしょう、どこらへんでケチるのか(笑)、それがあのブログにつながってますね!また後で訪問します~。
2017-08-28-05:59 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

Re: こんばんは♪

ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
気持ちよく「ありがとう」が出る、そんな自分でいられることが心地よさそうですよね。
そして言われると嬉しい気持ちもありますから、
「ありがとう」をもらえることって、どういうことだろうと考えるのはとても大切なんだな~とテオくんに教えてもらえたと思います!
最後にはテオくんも気持ちよく「ありがとう」って言えるほど成長してましたよ♪
2017-08-28-06:02 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

Re: ミドリノマッキー様へ

コメントありがとうございます。
数を数えだしたら、ケチになっていきそうですよね、守銭奴みたいで(笑)。
言うほう、言われるほう、どっちも多くしようとしたら、結局、人と関わるということがないと駄目なんだなと気づきました。ひきこもってたら、どっちも無いですね~。他人と関わることって大切だわ~。
2017-08-28-06:04 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

ありがとう、と一言でいうのは実に簡単なんですが、実際にはその言葉にまつわる考え方で本当に様々だったりしますよね。テオのノートはとある学校でも読書感想文などのテーマになっているようで、実は私もちょっとだけページを開いたことがあります。日頃何気なく使っている言葉こそ、その意味するところを考え直してみるべきだと思わせてくれる話ですね。
2017-08-28-11:52 八咫烏(全力稼働中) [ 返信 * 編集 ]

Re: 八咫烏(全力稼働中)様へ

コメントありがとうございます。
「テオのありがとうノート」ご存知だったんですね!嬉しいです!
図書館で借りて読んだんですが、私が借りて読むより、もっと読むのにふさわしい子がいっぱいいるのに・・・と想いつつ(汗)、誰も借りないままだったんですよ~。
何気無く使っている言葉に関して、障がいを持って生活するということ、いろいろ考えることの多い1冊ですよね。
2017-08-29-05:56 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]