吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 読書日記 › 美しいものを美しいという、「世界はうつくしいと」
2017-08-31 (Thu) 06:45

美しいものを美しいという、「世界はうつくしいと」

世界はうつくしい   長田弘


うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。




長田弘氏の詩集、『世界はうつくしいと』の中の一編、「世界はうつくしい」の冒頭です。




懐かしいことを思い出しました。
私は20代のころ、ホテルの客室清掃のバイトをしていました。
そこのベテランパートのおばちゃんの一人が、「美しい」を口に出せる人だったんです。


客室清掃は、清掃だけじゃなく、バスルームで使うタオルの用意もします。
タオルに染みや汚れがないかをチェックし、畳みなおしてセットします。


そのおばちゃんはタオルの汚れをチェックする際、
汚れを見つけたら
「美しくない!」と新しいタオルと換えて、その新しいタオルをチェックし、
「よし、これは美しい!」と言ってたんです。


私はそれを見ると、
「大げさやなぁ、”汚れてる”とかでエエんちゃうの?」と思ってました。


休憩時間の雑談のなかでも、そのおばちゃんは好きな小説家のことを、
「あの人の文章は美しい!だから素晴らしいのよ」と表現してましたね・・・。

さらりと「美しい」を日常で使っていたあのおばちゃん、
誰よりも速く美しく客室を整えていました。
貴重なお方でした。


自分がいかに「美しい」という言葉を口にしていないか。


ほんっとに、「うつくしい」という言葉を言ってません。
せいぜい、「きれい」です。


美しいと感じていないから言葉が出てこなくなったのかな。


詩人は、

風のにおい
雲の影
なにげない挨拶
雨の日の家の屋根の色
過ぎてゆく季節
さらりと老いてゆく人の姿

こういったものを「うつくしい」と言っています。


地球には「うつくしい」ものがいっぱいあるし、それらを見ていこう。
そんなふうに思います。


詩の最後の数行を紹介して終わりにします。


一体、ニュースとよばれる日々の破片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何一つ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。






今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
街路樹が少し色づいてきています。
もうすぐ、秋のうつくしい景色でいっぱいになりますね。

最終更新日 : 2019-02-05