--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 04. 22  
『アメイジング・グレイス』を授かっているのよね。


『虹の岬の喫茶店(森沢明夫:著)』です。



おいしいコーヒーとお客さんの心に寄り添う音楽を提供してくれる音楽のソムリエ。
喫茶店の店長さんがソムリエの連作短編集です。


第一話、妻を病気で亡くしたばかりの男性とその娘が岬の喫茶店にやってきます。

大切な人を亡くした落胆と哀しみと憔悴。
そんな男性に音楽のソムリエは、「アメイジング・グレイス」を静かに流します。

ソムリエさんもずっと前にダンナさんを亡くしているのでした。


「アメイジング・グレイスって、驚くほどの恩恵、って言うのね、直訳すると」
「人間って、生きているうちに色々と大切なものを失うけど、
でも、一方では、『アメイジング・グレイス』を授かっているのよね。
そのことにさえ気づけたら、あとは何とかなるものよ」




自分にとっての「アメイジング・グレイス」に気づく・・・。
小説のなかの男性は、娘の存在がアメイジング・グレイスだと気づきますが。

もしも、気づけないとしても、
自分が「アメイジング・グレイス」な存在だったことは事実だなあと。


どんな人にも親がいて。
自分が生まれた瞬間、どんな親も安堵と喜びしかなかったはず。

親にとって、自分はアメイジング・グレイスな存在だった。
こう感じるだけでも、絶望しなくていいと思えるのです。


それにアメイジング・グレイスな存在って、
人に対してだけじゃなくても構わないですよね。

すごく大事にしてる写真集やCDがアメイジングでもアリかな。
恩恵って、けっこうたくさんもらえてるんじゃないかと思えます。


音楽のソムリエがほかに選んだ曲は・・・

ガールズ・オン・ザ・ビーチ(ザ・ビーチ・ボーイズ)
ザ・プレイヤー(ドニー・マクラーキン、ヨランダ・アダムス)
ラブ・ミー・テンダー(エルヴィス・プレスリー)


ここでは「アメイジング・グレイス(ケルティーク・ウーマン)」の動画を載せておきます。
パグパイプの演奏が望郷の印象を与えてくれます(5分)。





いじわるな人や嫌な人間は出てこない。
だからといってのほほんと生きていられるわけもなく。
いい人にも辛いことはやってくるんですよね。
それでも手にしている「アメイジング・グレイス」を大切にするために、
生きられるだけ生きていくんですね。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます
今日はコメント欄閉じます。

にほんブログ村
NEXT Entry
引退した盲導犬はどうなるの?
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。