吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 日本文学・エッセイ › 良きことはすぐに![男と女の理不尽な愉しみ」
2018-02-25 (Sun) 06:55

良きことはすぐに![男と女の理不尽な愉しみ」

その日の良きこと、その日のうちに


『男と女の理不尽な愉しみ』です。
作家の林真理子さんとタレントの壇蜜さんの対談。



結婚出来ない人が増えている、
専業主婦願望、
不倫騒動、
看取り・・・

さまざまな男女を巡る問題について語り合っておられます。
項目が多すぎて、一つ一つの話題に深く切り込んでいっているわけではないのですが、面白かったですね~。


名言っぽい発言も飛び出してきて、それが素敵なんですよ。



その日の良きこと、その日のうちに



ここで言われている内容は、

打ち上げでハッピーな気分、
それで夜中の1時2時まで飲んで、
電話番号なんか交換して、
帰り際に、「まだ一緒にいたい・・・」と言われたら、
そりゃあ行くよね!

って話なんですけど(笑)。


物事がとんとん拍子に進んでいくことってありますよね。
それでそんなときに
「あれ?こんな順調でいいの?なんか落とし穴ない?」って不安になるときもあるけど、
うまく流れている、その流れに乗っていくのがいいときもあります。

ちょこちょこ確認しながら、でもこの流れに乗っていこう!というときを逃さない。
そのために、
その日の良きこと、その日のうちに。


今も放映されているんでしょうか。
♪今年の汚れ 今年のう・ち・に♪ のコマーシャル。

ただのパロディですが(笑)。
「善は急げ」に似てるかな。

でも表現としては、
♪その日の良きこと、その日のう・ち・に♪が頭に残りやすいし、口ずさみやすい!

足取りが軽くなるフレーズ、ということで紹介しました☆




好色な男は大酒を飲まない。
男という「鉢植え」が枯れないように水をやる。
女は心のどこかに「夜叉」を飼っている。



こんなことをお二人が楽しくおしゃべりしている本。
これを読んだ翌日、髪をカットしに美容室に行きました。

いつも担当してくださる美容師さんの娘さん(高3)のお話。

娘さんの友達は、年上にしか興味がないと言い切っているそう。
「35歳以上じゃないと付き合わないよ。
若い子なんか、つまんない」と。

美容師さんの娘さんはというと、
「年上なんかめんどくさ~い。年下もめんどくさ~い。
ぎり、同い年しか付き合えない~」

だけどこの娘さん、今もお父さんとお風呂に入っている。
高校3年生です・・・。

恋愛などほとんど興味ないという・・・。


このお話を聞いて、そりゃ晩婚・少子化も進むわな・・・としみじみ。
「若い男の子、がんばれ。健闘しておくれ」と願いました。

最終更新日 : 2020-07-18

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by ミドリノマッキー
うん、いいことが続くときはとにかく、いけいけどんどん。
ありますね。
そんなとき、どこかに落とし穴があるかもというのは頭をよぎります。
でも、それでも行きます。気分がいいですからね(^^♪

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
ちょ、物事がとんとん拍子に進んでいくこと
まったくないんですけどぉ~(笑)。
とんとん拍子こーい(自虐)(*`艸´)ウシシシ

私たちもけっこう年齢高いときまで
家族風呂(外で)入ってたんですけど(笑)。
晩婚あってるわ。。。(´゚ェ゚)チーン

* by ナカリママ
なんだか、艶っぽいお話で、コメントしづらいんですが(笑)
若い男の子→息子、頑張れ、に共感します!

人として対等にやりとりしあえる関係を、双方が努力して作り上げるには、
機を逃さず、が、キモかもしれないですね。
今年の汚れ、今年のうちに、のフレーズが、私も脳内リフレイン状態です。
壇蜜さんのお顔が浮かんで、私も美容院に行きたくなりました。
なんか変なコメントになってすみません、取り乱してますね、一晩寝たら落ち着くかなあ。
明日読み直したら赤面かも!
えい、機を逃さず送信しちゃおう。




Re: ミドリノマッキーさまへ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
ありますよね、いけいけどんどん♪
これを気をつけるときは、私の場合、車の運転かな~とは思います。
信号がずっと青ですいすい行けるとき、ついつい飛ばしてしまうので(北海道の道路はホントに快適に飛ばせます)こういうときは気を引き締めますね。
それ以外はどんどん!!で☆

Re: こんばんは♪ * by 馬場亜紀
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
あら?その日の良きこと、その日のうちに
きっと知らず知らずとんとん行けてるんですよ(きっと)。スムーズすぎて分かりづらかったりして。

外の家族風呂とか温泉はまた特別感がありますけどね~。
その子は日常生活のひとつでお父さんとですから。
でも美容師さんが言ってました。「ダンナは娘のこと小学生くらいにしか見えてないわ」って。
親の愛ってそういうもんかもな~って思いました。
子どもはいつまでも子どもってことなんですよね♪

Re: ナカリママさまへ * by 馬場亜紀
コメントしにくい内容の本を紹介しましたね、ごめんなさい。
お酒を飲まずに本音女子トークってノリの対談でした。
壇蜜さん艶かしいですww
「壇蜜日記」も好きなんですよね~。艶かしいことをさらりと紹介できずに今までブログにしてないんですけど。

女子パワーに男の子が押されてるような印象はうけました。
一人で生きていける力もいるけど、それは誰とも関わらずというものではないですもんね。
別のかたのコメントで、ご主人の会社で採用面接があり、そこに来た面接者(若い男性)が、「怖い上司はいますか?」と質問してきて唖然とした・・・と。
精神年齢が未発達なだけかもしれませんね。
変なコメントかなと四苦八苦されてる様子を想像してふふふとなってます。ありがとうございます♪

No title * by -
林真理子さん壇蜜さんですか~、なんか、すっごい濃い話になりそうですね。って思ったら、やはりなっていますね^^;うーん、色々な考えがあるんだと思いますが、高校三年生でパパとでお風呂ですか?それはうーん、パパがなんともうらやま、いや、なんでもないです。
その日良きこと、その日のうちに。
いい言葉ですね~^^
今を楽しみましょう^^

Re: カラスさまへ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
林さんが壇蜜さんにセクハラ上司みたいに、「ねえねえ、実はどうなのよ?」と突っ込んでいくところがいい下品さがあって楽しかったです。
その日の良きこと、その日のうちに。
今日のお休みにできることを今日中に、ぜひ♪

Comment-close▲