吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 自然科学・医学 › キモカワ動物6年連続第1位、「ハダカデバネズミ」
2018-02-28 (Wed) 06:55

キモカワ動物6年連続第1位、「ハダカデバネズミ」

「はい、おっしゃる通り。私は裸で出っ歯です」




小川洋子さんの『とにかく散歩いたしましょう』というエッセイ本を読んでいたら、
冒頭の言葉が出ていました。

小川さんがインタビューで、
「執筆の疲れを癒すものって、何かありますか?」と質問されたとき、

「ハダカデバネズミです」と答えたそうな。
”裸で出っ歯です”と潔くさらけ出しているところがかっこいいと(笑)。

私も子どもと動物図鑑を見るようになってから知ったんですよ、存在を。
たぶん、私が子どものころの図鑑には載ってなかったと思います。


ということで、『ハダカデバネズミ(岡ノ谷一夫:著)』を。



強烈な姿なんですよね・・・
体毛がなく(全然ないわけじゃないけど、パラパラと申し訳程度に生えている)
上下の歯が突出して(唇の前に歯があるのです)
しわしわの皮膚(皮、あまりすぎ!)


ここ2~30年でやっと研究がすすんできたそうです。
意外にも、秩序あるハダカデバ社会を形作っています。


アリやハチのような社会


群れをなし、土の中に巣穴を張り巡らせて(モグラのように)暮らしています。
群れの大きさは平均80匹。
大きなところでは300匹にもなります。


その群れには、1匹の女王ネズミがいます。絶対権力者です。
次の地位には、女王と交尾するためだけの王様が1~3匹。
そして残りすべてが兵隊、雑用係です。


王様はね、おそらく世界一切ないオスですよ。

女王と交尾し、子孫を絶やさない使命をもつオス。
選ばれしモノなのですが、
女王に呼ばれたらイヤでも交尾しなければならない。
(オスに快感はなく、むしろ苦痛を感じていることが研究でわかっています)
交尾すればするたびにやせ細っていく。
たえず男性ホルモンを分泌させているため、免疫力が低下していて、
病気になりやすく、ハダカデバネズミの中でもっとも短命。


面白い役割があり、
雑用係のなかに、「ふとん係」がいます。


女王が産んだ赤ちゃんネズミたちの「布団」となるのです。
まさに、「肉布団」。

赤ちゃんをのせたふとん係たちは団子状態でくっつき重なりあい、
赤ちゃんが冷えないようにじっとしています。

ハダカデバネズミは哺乳類なのに変温動物なのです。
だから赤ちゃんはそのままだと冷えて死んでしまいます。

そしてなぜか女王もふとんの上で眠ります。
親子ですやすや。

写真もあるのですが、よくもまあ、
圧迫骨折とかせえへんの?ってくらい、
ふとん係はひしめきあってます。


でもね、みんなすやすや眠ってるんです。
ふとん係も(笑)。

なんだか幸せそうなんですよねえ。
赤ちゃんの肌に触れてるのってかなり幸せ感がありますが、
人間と同じように感じるのかなあ、なんて安らぎを感じました。



でもですね、ハダカデバネズミの生態研究は難しいそうです。
実は、実験室では女王が育児放棄をしてしまい、繁殖しなくなるとか。


ネズミの育児放棄?って思いますが、
原因として考えられるのは、「人口密度が高いこと」だそうです。


自然の生態では、巣穴の長さ(広さ)は3kmに及ぶのです。
でも実験環境ではせいぜい10m以下。

ケージの広さに対し、ネズミの数が多すぎるからじゃないかと予想されています。
これはすなわち、「ストレス」が原因ということですよね。



身もふたもない「裸・出歯」なんて名前をつけられ、
「キモカワ動物ナンバーワン」などと言われているハダカデバネズミ。

人間より秩序ある社会を作り、幸せに暮らしているなあ・・・。




鳴き声に19種類もあることもわかっていて、
言語学の研究としてもハダカデバネズミは貢献しているそうです。
未知の可能性を秘めています。

最終更新日 : 2020-07-17

* by ナカリママ
いろんな動物がいますね。
子どもの頃、私も動物図鑑を見るのが好きでしたが、こういう不思議系は載ってなかったなあ。
名前だけ聞いたことがあったハダカデバネズミ。予測変換で出てきた!
生態からなんとなく学べることも多い感じがしました。
ほっとする記事をありがとうございました😊

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by -
なんですかなんですか、この生命体は…。聞けば聞くほど、面妖な生態をしているのですね~。読んでいるだけですっかり魅了されてしまいましたよ~。ちょっと私自身も調べていきたいですね。人間社会もそれなりですが、やはりこういった生物たちの社会もすごいことになっているのですね~^^

No title * by ミドリノマッキー
初めて聞く名前です。もちろん見るのも初めて。
哺乳動物で生態がハチやアリみたいとは驚きです。
間違っても交尾用のオスにはノーサンキュー。
ふとん係のほうがまだましかな。

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
すんまそん。
ハダカデバネズミ、受けつけないです(笑)。
未知の可能性は気になるけど(笑)。
それにオスがかわいそうすぎる(爆)。
女はどこの世界も強いんだな~と
しみじみ思いました(* ´艸`)クスクス

Re: ナカリママさまへ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
図鑑や百科事典は新しいものを買いなさいという言葉を聴いたことがあるんですが、どんどん発見・研究がすすんでいるからこそ、古いものでは役に立たなくなるということですよね。
ハダカデバネズミだけじゃなく、もっと他にもありそうです。
まだこの顔を好きにはなれないんですがwwどうも口のところが・・・苦手ですが・・・
本の中のイラストはめちゃめちゃキュートでした☆
小川洋子さんのように「癒される」ものとして答えられるほどでは(笑)

Re: カラスさまへ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
「キモカワ動物人気ナンバーワン!」とか言われてても、まだまだ認知度は低いんですね、ハダカデバネズミ。
私は子どもとみた図鑑で見かけただけで「キモッ!!」と覚えてしまいました。強烈な姿ですもん。
でも女王が一番苦労して仕事して、下々の者たちは出世欲さえ捨てれば、幸せにぬくぬくと暮らせるシステムになってるんですよね。
きっと学べることがありますよ。

Re: ミドリノマッキーさまへ * by 馬場亜紀
コメントありがとうございます。
血が濃いまま繁殖しているので、ものすごい大家族、くらいの認識でもいいのかもしれませんが(それでも80匹だからな~)。
ふとん係、幸せそうですよ。かなり。
王様は・・・自分の子孫を遺せるという栄誉だけで生きていますね。それ以外のデメリットをすべて受け入れています。

Re: こんばんは♪ * by 馬場亜紀
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
よかった!人形の写真にしておいて。だぶん本物の写真は即閉じにする人が続出するかと思って(笑)
女王は君臨していますが、それなりの仕事もしています。
仕事をさぼる雑用係を励まし蹴飛ばし(ホンマに蹴ってる)、女王の座を狙うメスを寄せ付けないよう絶えず気を張っています。
でも理想の上司像そのものですよ~。

Comment-close▲