--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 03. 08  
人間はいいですね、凄いですね。
なろうと思えば何にでもなれる。



最近「神様」とつく小説を頻繁に手にしてるような。何のご縁?
今回もそれ。
『すべての神様の十月(小路幸也:著)』です。



死神、貧乏神、疫病神、道祖神、九十九神、福の神。
これらの神様が登場します。

著者の神様解釈が愉快な小説でしたね~。
とくに、「福の神」。
めっちゃ迷惑な神様でした(笑)。


働く女性の姿になっている福の神。
彼女の周囲にいる人はみんな幸せになっていく。

福の神が不幸になればなるほど、周りは幸せになっていく。

その幸せになっていく姿を見ることが神の喜びである。
それなのに・・・

この福の神、健忘症。
自分が神様だってことを忘れてしまい、

「ああ、なんで私だけ不幸なんだろう。
こんな私、いなくなっちゃっても、かまわないよね」と、
マンションのベランダから飛び降り自殺します。

でも死ねない。神様だから。
「あれ~?」ときょとんとしてるところに、

「おい!いいかげん思い出せよ!
おまえは”福の神”だろが!!」と死神登場。

「そだね~」の福の神。



自分ばっかり損してる、私だけ不幸だと思い込んでしまう。
人間に近いところで過ごすと、神であっても人間みたいになってしまうと。

福の神と死神がしみじみ語ります。

「人間はいいですね、凄いですね。
なろうと思えば何にでもなれる」


神様は神様以外のモノになりたくてもなれない。
人間がいなくなったら、神の存在価値もなくなるね。

人間ってなににでもなれるのに、なんであんなに苦しむんだろうね。
もし人間がいなくなったら、どうなるだろう、オレたち。

大丈夫。

絶望しても、どん底に落ちても、
人間という生き物はそこから這い上がる力を持っている。
それを、ほんの少し手助けするために私たち神様はいる。




温かい解釈だな~。

この小説に登場する貧乏神は、
運が強すぎるために災いをもたらしてしまいそうな青年にとりつき、
「小吉人生」にするために存在します。

宝くじの1等を当てた人のほとんどが転落人生を送る、というデータもありますね。

「強運を手にした人間は、例外なく皆、
不幸になってこの世から消えていく」
と。

こうならないために貧乏神がいてくれる。


家々のなかに入って人々を病気にしたり、災いをもたらす疫病神は、
人を不幸にするために疫病を起こしているんじゃない。

規則正しい生活をする、
きちんとご飯を食べる、
そして笑って過ごす。

この大切さに気づかせるため。
病気で立ち止まることで、人生そのものを見直す時間を与えてくれている。


人から避けられる貧乏神や疫病神ですが、
考え方で素敵な神様、ありがたい神様でいてくれるということ。

こんな解釈、いいなあと想う。



神様の目的って、人間に優しい。
ありがたや~、ありがたや~☆


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
羨ましい気持ちを手放すには
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
ご無沙汰しております。

いたるところに「神」が宿る日本。
どんな神につかれても、宝くじが当たれば幸せな人生を歩んでみせます(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
神無月
はじめまして~いつもふむふむとうなずきながら拝読しております^^
「人の不幸は蜜の味」といいましょうか~
ニュースといえば人の転落をあざ笑うかのように注目し
自分らの薄味に折り合いをつける。
先の七福神の内角の和のお話しにも通じるかもしれませんね^^
No title
いや~、神様、それは他山の石でしょうって、ちょっと私は突っ込んでしまうかもしれません^^;人間は何にでもなれる。ということですが、私は、人であろうと神であろうと、いかなる生命体であろうと、意思を持つものは、「自分以外の何物にもなれない」って思っています。でも「それでいいんです」って思います。たまたま強運を手にしてしまって身を崩すのは、たぶんお金を手に入れたことによって、「自分以外の何かになろうとしてしまった」からではないかと思っています。
こんばんは♪
高額宝くじが当たってほしかったけど
不幸になるならいらないかな?(笑)。

私たちは神様なんていない
いろんな病気を治せないなんて
神様の意味ないや~んって思っていますが
病気を持っているからこそ
気づける大切なこともあって。
病気が教えてくれることがたくさんあって
感謝しているけど、本当は誰も病気なんて欲しくないよねと
思っちゃうのでした(・ω<) てへぺろ
No title
どの神様も愉快で有益なんですね。
この福の神さん、人間より人間らしいというか。好きです。
それと福の神と死神の会話。
「ほんの少し手助けするために私たち神様はいる」
有難い言葉ですが、死神さんはどんな手助けをしてくれるんでしょうね。
なんか、いい神様ばかりで救われた気持ちになりました。

Re: 節約ドットコムさまへ
コメントありがとうございます。こちらこそいつもコメントなしで訪問しててごめんなさい!

どんな神につかれても、宝くじが当たれば幸せな人生を歩んでみせる。
節約ドットコムさまがおっしゃると、ただの強気発言とは思えず、きっと理性と合理性で不幸に転落しないだろうと想像できます☆
みんながみんな転落人生ではないんでしょうけど、ダメになった話ばかりが出てきますもんね。
他人の幸せは蜜の味?
幸せパターンはお手本にならないんでしょうかね~。
Re: 神無月
aiupaさま、初めまして。コメントとても嬉しいです。ありがとうございます。

> 自分らの薄味に折り合いをつける。
自分が薄味だから、人の蜜で味を足して満足してる・・・おもしろい表現ですね、言い得て妙です!
味付けは自分でするものですよね。人任せだと自分好みの味にはなりませんね。
内角の和・・・そうかも、今回の神様たちもやたらと人間に振り回されるところがあって、そこがよくも悪くも神の力であって。
コメントいただいたことで、小説のコク・味わいが深くなりました☆

Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
おもしろい意見が出てきたので私が楽しいww
そうかも、この小説の神様たちは人間に少し「甘い」という見方もできます!
肩入れしすぎというか。
強運を手にして身を崩すのは、自分以外の何かになろうとした。
不幸には人の数だけあるけれど、根底はこれだということですね。うん・・・「身の程知らず」という言葉も当てはまりますかね。手に負えない力をもってしまって、制御不能になっちゃった。
まずは自分の力量を把握して、ですね。
それから努力、そうしてやっと神がちょこっと手助けしてくださることで幸せのほうにいけるのかもしれませんね。
Re: こんばんは♪
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
> 病気を持っているからこそ
> 気づける大切なこともあって。
> 病気が教えてくれることがたくさんあって
> 感謝しているけど、本当は誰も病気なんて欲しくないよねと
> 思っちゃうのでした(・ω<) てへぺろ
わかる!いや、私が病気してるわけじゃないから本当の共感とは言えないんですけど。
感謝の気持ちもあるけど、なけりゃないほうがいいに決まってます。
そこを隠さない正直なふたごパンダさまだからこそ、信頼できますし、好きなのです☆
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
どの神様も有益しかもたらさない存在だという解釈でした。実際、そうなんだろうと思えます。
死神は一番クールな奴でして(笑)。
死期が間近な人のところに来て、死んだら即あの世へ連れて行く。
連れて行って仕事は終わりなので、その人が天国に行くか地獄へ行くかまでは知らないそうですよww
ナビゲーターなだけなので、怖くはないですね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。