--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 03. 13  
さあ、行動を起こせ。実行あるのみだ。


児童書、『きょうから飛べるよ(小手鞠るい:著)』です。



楽しみにしていた4年生進級。
新学期を前にして熱を出し、そのまま入院してしまったさくらちゃん。

桜の花が散り、若葉が輝くころになってもまだ退院できません。
ごはん残したら元気になれないよ。
元気になれないといつまでたっても退院できないよ。
退院できないと、学校に行けないよ。


ない・ない・ないと言われつづけ、気持ちは落ち込んでしまっています。
そんなある日の食事プレートに手紙がはさまっていました。


「かいだんをおりて、二かいのわたりろうかへ。
ベランダにでて、右から三ばんめの木だ。
さあ、行動を起こせ。実行あるのみだ。
              花さかじいさんより」



手紙のとおり行ってみると、そこには小鳥の巣があり、
親鳥が卵を温めている姿を見つけます。

孵化したヒナたちの成長を見守るさくらちゃん。
ヒナたちの巣立つ日を見届け、さくらちゃんの退院も決まりました。


花さかじいさんには会えないまま。
実はおじいさんがさくらちゃんを励ましていた理由を
あとになって知るのですが・・・。


励ます場面で脅してしまっていること、
病院では日常に見る光景かもしれません。

手術後の患者さんに必ずこんなアドバイスをします。
「痛いですけど、できるだけ歩いたり動いたりしてくださいね。
痛いからってじっとしてたら、入院が長引きますよ」って。

動いたほうが手術した箇所の傷の血行が良くなり、治りが早まるんですよね。

それを伝えたいだけなのに、脅してしまう(そんなつもりはないけど)。
ただこう言えばいいだけだった。

「痛いですけど、どんどん歩くことでリハビリになり、
早く退院できますよ!」


新しい環境でがんばり始める人たちが今年もいっぱいいます。
きっとビクビク・おどおどしてる人も大勢いるんじゃないかと。

大人たちって、なんにも言わなくても実はけっこう応援してますよね、若者たちを。
でもそれが伝わってないと想う。


こないだブロ友さんからこんなお話をうかがいました。
ダンナさまが面接担当されていたそうです。
面接に来た青年に「なにか質問はありますか?」と尋ねたら、

「怖い上司はいますか?」と質問してきたそうです。

笑っちゃうでしょ?それ訊いちゃうの?
ダンナさまは「最近の若者の精神年齢が幼すぎる」と嘆いていたそうです。

でもこれだけ「ブラック、ブラック!」と騒がれてて、
いったいブラックじゃない会社はどこにあるんだろう?と
大人社会が不安にさせてるんですよね。

若者たちが幼いというのは確かにあるけれども、
甘い言葉で嘘ついて入社させるのもダメだけど。

失敗を望んだりしていないってことは伝えないとな~って思います。
「期待じゃないよ、応援してるんだからね」って。




さくらちゃんには花さかじいさんの声が聴こえます。


きょうから飛べる。
あしたも飛べる。あさっても飛べる。
だいじょうぶだ。心配するな。
しあさっても飛べる。そのつぎも、そのつぎも。
今年も来年も、りっぱに咲けよ。
まんかいのさくら。





今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
料理のちょっとした工夫で小確幸
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
I Can Fly !!
人を励ますことで自分を励ます。
人を注意することで自分を注意する。
花さかじいさんもまた飛んでいってくれたことに喜びを感じ
お花見を楽しんでいたことでしょう…
ビール片手に焼き鳥をほおばりながら…w
No title
言い方ひとつ変えるだけで、全然受け取るものの印象も変わる。ですかね。常に相手のことを考えて、プラス思考にしていかないといけません。モノを言う時は、考えないといけませんね。しかし、現代では何でも言えばいいってものでもありませんね。その若者は、思ったことをそのまま言ったのでしょう。相手の存在を考えない主観。うーん、確かに幼いと言われても仕方ないかもしれませんね。しかし、そこをプラスの言葉でやんわり否定していくのが、対応する大人のやり方ってことですかね。
No title
痛いけどリハビリ頑張れば早く退院できる、っての大事ですよね。
俺も肝機能検査受けてるけど、酒は正月とお盆に飲むから
その数値を拾い上げられてまたこい、ってのを繰り返してる。
これってバカだよなぁ、と思いますよね。
精神年齢幼い所業だと。
このほかにもパンだめ、菓子だめとか守れる気がしないと。
これが実現できるようなすごい食事習慣とかを
持続できるようになったら神の子かもしれませんね。
自家製ジャムとかいっぱい作ったのにもう食えないのか、みたいな絶望感とかと戦うしかないという。
未練すごいんですがちょっと俺も不可能に挑みたいと思いますw
No title
>さあ行動を起こせ、実行あるのみだ!
すごく力強い励ましの言葉ですね。
そう言われても、なかなか腰を上げられない、
そんな時もあるだろうけど、
具体的に「これをやろう」という提案なら、気持ちも持ち上がりやすいんじゃないかな。

脅してやらせる、というやり方に、息子がいつも異議を唱えてました。
「受験勉強」「就職活動」「保険の勧誘」…
人の不安を煽り立てて動機づけようとするのはおかしい!と。

それに対して
>だいじょうぶだ。心配するな。
この言葉の何と心強いこと!
>期待じゃないよ、応援してるんだからね。
この声かけもあたたかいですね。
新しい春を迎えるのにバッチリのメッセージ。
ありがとうございました~~
No title
はじめの一歩。
マンガのタイトルではありませんが、一歩目の踏み出しが大事なんですよね。
いや、大事というより大変か。
一歩踏み出せば済むことなのに、それがなかなかできない。大変なんですよ。
今まで随分反省してきました。
こんばんは♪
言い方ひとつで全然違いますね。
難しいな~。
私はちゃんと自分の伝えたいこと
人に伝えられているかな?

行動を起こせ。実行あるのみだ。
元気をもらえる言葉ですね(*^^)v
おはようございます!
「君、いいね!応援させてよ!!」
「だから期待させてね、」
ん~、、これもまた、重荷がかかるんだねぇ、

言葉を大切にしないとですよ、
即!突っ込みが入りますもんで、、(笑)
職場のお姉さま方の扱いと言ったら、失礼になりますが。
皆さん個性があって、、、とほほ(;´д`)
Re: I Can Fly !!
aiupaさま、コメントありがとうございます。
人を励ますことで自分を励ます。
まさにそうかも。
このお話にも通じます。じつは花咲かじいさんは天国へ・・・でもさくらちゃんがイキイキしてくるのを見て自分の喜びになっていたでしょう。現実でもそれと同じようなことは多いです。
きっと焼き鳥とビールに舌鼓ですね♪
御年を召していたので巻き寿司とかもいいかも♪
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
本当に、駄目とか「○○しないで!」とかばっかりになっている時があるんで、気をつけたいです。
「じゃあ、○○しないならどうしたらいいの?」まで考えて言ってあげるようにしたいんですが、そこまでのゆとりがないほうが多いですww
幼いのが普通になってくるんでしょうか。
家庭でできず、学校でできず、会社がしつける世の中なのかも・・・。
そんな人ばかりじゃないから、同期を見習って自分を上げていくってなればいいんですけどね。どうでしょね。
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
実際の指導とか食生活がどれほどなのか全貌が見えないからホントはなにも言えないんですが、ちょっと思ったのは。
その先生、指導することが生きがいというか、医者としてのプライドを保つことになってるんじゃないかと。
お盆と正月後の検査値がちょっとダメなんですよね。
逆にいうと、それくらいしかいちゃもんつけようがない。「このてかと君は私の指導がなくても健康でいられるのか・・・いや、そんなはずはない、私の助言が必要なのだ!」みたいな。
そして「先生のおかげでずっと数値が安定しています、ありがとうございます!」と言われ、「そうじゃろそうじゃろ」と気分良くなる、先生の寿命が延びる(笑)。
普通の医師は尊敬されて当然、くらいに思ってますよ。偉そうにしない先生もいるけど。
あまりにも厳しい食の制限って、透析患者レベルくらいですよ?
投薬治療もしてないてかとさんに、そこまで厳しい食生活はいらないと思ってます。神の子めざしてもいいけどww
今の食生活を維持できれば十分◎だと思います。
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
息子さんの意見、共感です!
世の中の産業・商業は不安を駆り立てることで成り立っているともいえますし、それに乗るかそるかは自分の意思しかないんですよね~。
でもうまくいってるところは、本当に必要なんですよというところを伝えてくれるだけなんだと思います。

児童書はいいですね。
基本、前向きで、「とにかくやってみればいいじゃん!」の姿勢です。
そこで「ただの夢でしょ」「向いてないことが分からないの?」は出てきません。
まずやってみることの大切さを教えてくれるものです。
応援、してあげたいですね、あったかく♪
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
一歩目が一番大変なんですよね。私にもありますよ、なんでもっと早く踏み出さなかったのか?っての。
後悔はしてもしかたがないから、もういいやってなってますけど。なるべく躊躇しないでいきたいです。
「はじめの一歩」っていいタイトルですよね~。
そろそろ連載終了するそうですが・・・マジ?一歩、世界チャンピョンになってないんですけどーー!!消化不良起こしそうですよ。
Re: こんばんは♪
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
「~したらダメ」「~しないとこんなになるよ」と否定形で言うのって楽なんですよね~。だからつい言ってしまいます。
病院で言われないですか?
言われないとしたらそこの医師・看護師たちは素晴らしいです☆
人に伝えるとは、相手にどうなってほしいかというものが先にあるわけだから、ダメになってもらいたいんじゃないなら、肯定文で言うのが正しいんですよね。
ええ、これは自戒の言葉ですww
行動を起こせ、実行あるのみだ。
私も元気をもらいました☆
Re: おはようございます!
ダリルジョンさま、おはようございます!!
職場のお姉さまがた、そんなに言葉に敏感でございますか(笑)。
これをブラックで「揚げ足取り」とも言う・・・。

軽快におしゃべりが弾むと、思わぬところでツッコミが入りそうです。
言葉って恐ろしい・・・
今日もがんばってくださいね☆
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。