--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 03. 15  
『どっこい大田の工匠たち(小関智弘:著)』です。



町工場が多く、歴史も長い東京・大田区。
従業員3名以下のものづくりの場に光をあてて、
そこで働く人を「大田の工匠」として表彰しよう。

そこで選ばれた100名のうち15名を取材した本です。

町工場・ものづくりといってもその仕事内容は全然違います。
旋盤、鍛冶、溶接、板金、金属加工・・・。

どの匠も誇りをもって生きて仕事してきたことが分かります。
その中で私がもっとも分からないのに感動した仕事。


触図筆ペンの開発


想像したこともなかったんですが、
中途視覚障害者を除き、生まれつき全盲の視覚障害者は、
ペンを持つ、筆を持って絵を描くという経験をしないまま生きることがほとんど。

ある盲学校の先生が、
「彼らにも絵を描かせたい、絵とはどんなものかを感じさせてあげたい」

こう願い、実現できるものを作ってくれる人を探しまわりました。
ただ一人、引き受けてくれたのが安久工機の田中氏です。

安久工機は金属や樹脂の加工を行う工場です。
試行錯誤3年の末、ついに完成しました。
どんなものなのか、簡単に説明した動画がありましたのでご覧ください。
(2分11秒です)



視覚障害者が実際に使い、「美しい線ですね」と感動し、
自分で絵を描く愉しみを見いだす。


見えない人に感動させるものを作り上げるという神業。
見えないけれども絵の素晴らしさを感じさせるということ。

芸術と町工場。
まったく縁がなさそうなのに、
夢を実現するにはいろんな人が手と手をとりあって、とはこういうことなんだと。

どう表現したらいいのかわからないくらい、
「ものづくり」の素晴らしさに感動しています。



伝統ある町工場といっても、その数は激減しているそうです。
1992年には8000を超えるほどあった工場が、
2010年には4000しか残っていないとか。

不況がそうさせたんですが、そればかりでもないようです。
機械に頼りすぎて、腕を磨くことをしなくなったと語る匠たち。

今の自分(工場)があるのは、
「よその工場ではやれないようなことができるから仕事がくるんです」と。

難しいことは誰もが断る、そんな仕事を知恵で解決し、納期を守る。
これをやってきたら仕事なんてなくならないよって、
皆が口をそろえて言っておられます。



そんな匠たちの言葉です。

・悪いことというものはとかく重なるもので、そういうときは、神さまが与えてくれた成長するためのステップだ、と思って乗り切れ。
・不可能を可能にする。
・いまやっている仕事の、根本だけは間違っても曲げるなよ。これを外したら、お前は駄目になるぞ。
・アナログは感性の宝庫。



「最先端ではないが最前線に生きる人たち」

ものづくりをしてる人たちっていいですね。
死ぬまでこの仕事をしたいって。
それだけ打ち込めるものをもち、それに見合う腕がある。
それを次の世代へも惜しみなく伝えていっている。
本当に気持ちよいお話ばかりです。

職種はちがっても、どんな人にもより良く生きるためのヒントがあるように感じます。

こんな「キモカワ」貯金箱を作っている工場も登場しています☆
   フェイスバンクといいます


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村
NEXT Entry
がんばるほど抵抗は大きくなるけれど
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
結局、難しい加工をようする仕事って日本人頼みっぽいですね。
昨晩、ひふみ投信の2月報告ビデオをみていたのですが、
アメリカや中国いって動向を調査すると日本企業に
帰ってきてしまうみたいな話をしていました。
仕事が日本経由で循環してるみたいな。
なくてはならない、と。
すべてのケースが知恵をだして問題を解決していく、そんなことの
繰り返しなんですよね。
工場だけじゃなくて俺たちもそう。
逆にそれをやらないひとから社会に淘汰されてしまっているとすら思える。
楽したいなら頭つかえよ、っていうw
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
にらめっこなら無敵
全盲のR1ぐらんぷり王者「濱田裕太郎」さんをご存じでしょうか。

その障害となる全盲を自虐ネタにして先日、行われたピン芸人での№1を決める大会で優勝されました。最初、サポートの人に支えられ登場し、ステージに立った彼を見てお客さんは笑っていいものかどうか…シーンとします。

「あれ?拍手もなしですか?目が見えないのでお客さんがいないのかと思いましたよ」

そのつかみでどっと笑いが起こりました。同情でもなんでもなく流暢で喋りが巧いです。漫談、その根本は「言葉」ですね。最近はリズム芸や裸ネタが多かった気がします(嫌いじゃないけどw)

確かに目をつぶって聞いていても面白かったのは彼だけでした。

匠と呼ばれる芸人に登り詰めて欲しいですね^^
No title
ここに今後の進歩の種が隠されているように思いますね~。
目に障害がある=絵が描けない。この図式を崩そうという心意気こそ、まさに今後必要になっていくる考え方ですよね。世の中の図式を一度全部書き出してみれば良いのかもしれません。そのうえで、それらを全て、一個一個否定しみると、より新しいものが生まれることでしょうね。
改めて
コメント返信に時間をかけておられる様子が伝わってきて、
読んでる側は楽しい〜、って気楽に言っちゃってたけど、
亜紀さんの編集長ぶりに感心させられました。
エンターテイナー亜紀さん、すごいです。
ありがとうです。

町工場の動画、見ました。
行政製作という雰囲気が、ちょっとぎこちないながら、さすが視覚情報!よく分かりました。
生まれつき見えない人が、色や形を認識できてる、というのは、
オリバーサックスさんの本で知って驚いたんですが、
こんな風に実際に使える道具を発明しちゃうって、更なる驚きでした。
最先端じゃないけど最前線、という言葉も、誇り高い気持ちの表れですね。
職人、という分野は、自閉症の人に向いてるらしいです。
コツコツ黙々と取り組む仕事。
無くならないでほしいです。

…まとまりなくて返事しにくいコメントになってごめんなさい!失礼しました(^_^;)
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
よそも見て比べて、やっぱり日本だねと選ばれる。こんな誇りとなることってないですね。
戻ってきてもらえたときに、やる人・場がなくなってるなんてことが一番悲惨。
だからこそ技術はなくさず、伝えていくべきものなんですねえ。
図面などを書いて書いて書きまくったら、あとは手が勝手に動いてくれるという言葉もよかった。
これも頭の中の知恵を出し切ったらポッとアイディアが出てくるもんだってことだと解釈しています。
そこまで脳みそしぼらないと!って思いました。
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
耳が聴こえない=音楽が聴けない をクリアしていったりもできそうじゃない!?って思えますよね。
ムリムリではなく、やれそうなことを全部出し切ってみる。
よく言いますね、会議での発言もどんなバカバカしいことも、誰もなにも発言しない会議よりずっと意義があるって。
なんでもこれと同じかも。そして思いがけない素晴らしいアイディアが出てくることが期待できますね☆
Re: 改めて
ナカリママさま、コメントありがとうございます。
どんな人にも芸術・アートっていうものは、そりゃなくても生きていけるけど、あればどれだけ豊かなものが得られるかということを考えて・・・とにかく感動ですね。
職人というひとくくりで職種を表せないくらい、いろんな仕事がありますね。
一見まつげにしか見えないような大きさ・細さのバネを作ってる人とか。ホントすごいです。
後継者に悩まされるのは経営難のところだけ。そうじゃないところは息子とかが継がなくても、どこからか「やらせてください」と言ってやって来る若者が必ず来るそうですよ。
だから日本の未来も大丈夫です☆

コメント、私はよ~く読まないと意味を取り違えることがあるので、その注意も含めて時間がかかります~(汗)
でもコメントもらわなかったらもっと淋しい時間を過ごしているはずなので、ナカリママさまもどなたも遠慮なくコメントくださると、本当に心から喜びます☆
こんばんは♪
生まれつき全盲の視覚障害者の方たちに
絵を描いてもらえるようがんばってくださった
田中氏すごいですね♪
こういう人が増えてほしいですね(*´ω`*)

フェイスバンクはちょっとキモかったなぁ(笑)。
Re: にらめっこなら無敵
aiupa さま、コメントありがとうございます。
テレビを観ない私、またしても知らないことを教えていただきました。早速検索して動画を見ました。
・・・ついに、ホーキング青山氏につぐ人が登場しましたね!
ちょっと緊張感が大きいような??そこもかわいい。「こんなスパルタ教育ええの!?」に笑ってしまいましたww
全盲で有名といえば、ピアノの辻井氏か・・・もっといろんな分野で活躍するために、目の見える私たちが環境をよくしていくことが先決ですね。
きっともっと匠級の才能をもった人が出てきますね。
Re: こんばんは♪
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
開発した人がすごいですよね。この人(工場)は人工心臓で使われる部品のほとんども生産していて、この工場がなければ日本の人工心臓はどうにもならないそうです!
豊かな発想はいろんな分野で発揮できるんですね~。

フェイスバンクがキモいwwそうか、ふたごパンダさまの苦手がちょっと分かってきました。私、ここらへんのキモカワ、大好きなんです~。ここは趣味が違いますね♪
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。