--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 03. 26  
三分咲きとか五分咲きとか、桜の開花を「数値化するのは無理な話」だという。
木は一本ごとに異なり、見る人の感じ方も様々だ。

「ほころびかけてきた」 「笑いかけてるな」。
京の桜守、16代目佐野藤右衛門さんは代わりにそんな言い回しを使うらしい。

  (3月25日、読売新聞「編集手帳」より)



桜が咲いていますね、あちらこちらで。華やかな光景がいっぱいです。
新聞にも、
咲き始め、三分咲き、五分咲きとかのお花見情報が載っていますね。
たしかに数字で言い表すよりは、
「ほころびかけてきた」「笑いかけてるな」のほうが風流ではあります。

桜が笑ってくれているという感性が、
こちらにちゃんとあるのかどうかのほうが問題です(笑)。

この文章の最後は、
「笑顔がゆっくりと列島を北上する。」で締めくくられています。

桜前線ですね。ただいま北上中・・・ホント?

数日前の、春分の日。
あの日、次男がこう言いました。

「あっ、みどりだ!
あっ、春だ!
さすが、ぶんしんの日だね~」

どうやら、「しゅんぶん」が言えなくて、
「しんぶん」→「ぶんしん」となったみたいでした。
(なぜか幼い子は言葉を反対にすることが多いです。
「パーカ」は、「カーパ」のように)


分身の日か~。
それ、はずれていないかも。

桜って、順々に西から南から咲くとは限らないですよね。
今年は東京のほうが早かったというところもありますし。

じわ~っと春が広がっていくのではなく、
春が分身の術をつかって点在する。

このほうが合ってるかもしれない。
そんなことを思った暖かな春の日でした。


本日の読書、『おとなりのかいじゅう町内会1丁目』



生命の春

こんなに風があたたかい
こんなに花が美しい
こころのそこのかたすみに
はげしくもえるものがある

みろみろ草がゆれている
みろみろ鳥がはばたくぞ
こころのそこにあふれくる
生命の春をうたおうよ



街を破壊するのが怪獣の「オン」の日ならば、
のんびりまったりする「オフ」の日もあるのでは?

そんなコンセプトから生まれた、おとなりのかいじゅう。
アンパンマンの作者・やなせたかし氏の詩とコラボした写真詩集です。

かいじゅうたちが花束をプレゼントしあったり、
芝生で寝っころがっていたり、
海を見ていたり。

そうだ、バルタン星人は分身の術が得意だった。
宇宙忍者やし。

こんなイイ日には怪獣も悪い人も、街中の桜を、
分身していく春を見て、ほほえんでほしいな。
フォフォフォフォフォ・・・・



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
水戸の梅もだいたい散った感ありますね。
今度は桜祭りにシフトした模様。
イベントがあれば即参上したいですね、特産品祭りみたいなw
怪獣ってどういうポジションなんですかね。
破壊の限りを尽くすだけ。それは困る。需要不明の存在というか。
存在意義が不明というか。自分の生まれた惑星で破壊が終わったから地球にきたのか?っていう。
よそでやってほしいのですがw
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
桜のほくそ笑み
開花具合を色んな笑いの種類で表現するのも面白いですね。
桜の微笑
桜の失笑
桜の爆笑
桜の誘い笑いは人だけではなくてワンちゃんもつられるようですね^^
No title
そうそう、三分咲きとか五分咲きってあくまで基準でしかないんですよね。三分~五分とか範囲をもうけてくれるとわかりやすいのですが。
怪獣とかがオフをもうけるってよいですよね。現実の世界でも、クリスマスは停戦とかいろいろありますよね。普段は仲が悪い同士もたまに休戦なんてのも良いことであります。そういった、ちょっとした余裕があってこその人生ですね。そういう瞬間にこそ、意外なお互いの一面なんかがわかったりすると思うのですが^^
こんにちは♪
花粉症の人はかわいそうだけど(;´∀`)
こんなに暖かくて、桜やいろんなお花がキレイな季節で
誰もが幸せ~嬉しい~楽しい~って気持ちに
なったらいいなって思うのですが(*´▽`*)
でも季節の変わり目に体調を崩す人
多いから、今の季節嫌われているのかな(;・∀・)
No title
ぶんしんの日、可愛いですね。
この言い間違い、分かります、ナカリも近い間違いがいっぱいあったなあ、と、懐かしく思い出しました。
それにしても桜ってほんとに不思議な花ですね。
愛媛も満開に近くて、道後公園には出店や提灯もあったから、夜桜見物も賑わってるんだろうな、
こんなにたくさんの人に愛される花が他にあるかしらん、
と、思いつつ、実家にこもってひたすら片付けに専念しています。
明日は初めてナカリと外出、お墓まいりと動物園の予定なので、
お花見も出来るかな。
桜を見て、ナカリが笑ってくれたら嬉しいな🌸
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
梅、終わっていますね。桜がどんどん咲き開いてきています。4月1日・8日の日曜日は各地でお祭りやイベントがあるみたいです。どれかに行ってみたいと考えているところ。

怪獣、まあ逆恨みとかで地球にやってきてるのもいるし、ジャミラのように、元は人間だったのが怪獣になってしまったという話もあります。円谷英二の人間観かなあ。ゴジラも水爆大怪獣ですし。なにかしら警鐘を鳴らしている、その象徴なのかも。
Re: 桜のほくそ笑み
aiupaさま、コメントありがとうございます。
桜の微笑・失笑・爆笑・ほくそ笑み・・・いろいろありそうですね。お花見してバカ騒ぎされている桜はきっと冷笑でしょう(笑)。
ワンちゃんは桜が散ってからも楽しんでいそうですよね。道に落ちている花びらたちをお散歩で楽しんでいそうです☆
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
1本の樹でも上のほうはまだつぼみ、下のほうはたくさん咲いてるとか、どういう咲き方かを数字で表現しにくいですよね~。
たまにお休み、休めるならたまにではなく、定期的に休めよwwって感じもします。休めんじゃんって。
クリスマス停戦なんて、それできるなら止めるの簡単でしょ?って思ってしまうけど、そうもいかないんですよね・・・。
日常での諍いが絶えないなんてのは余裕のあるなしでしょうね。どちらかが余裕があれば、また違ってきそうです。
Re: こんにちは♪
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
そうそう!春だ!うれしい~っていうのよりも、
ああ、春・・・花粉症で・・・というブログも去年より多いです!!(主観だけど)
のんきに「春~、気持ちいい~」の自分がアホみたいなんですがww
いいよね、ウチらはのんきに幸せになっといても♪
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
桜の不思議・・・ありますよね。
母が長男に「お花見どこ行く?」って聞いたら、「昨日も行ったからもういい」と長男。そしたら「桜は1年にいっぺんしか見られへんねんで!」と。
いやいや、どんな花も年に1回しか咲かんやろ(笑)。でも「桜は特別やで」としれっと言う母の気持ちはなんとなく分かる気がします。
明日、春の陽気を楽しめるといいですね♪
No title
そう問われて、どのぐらい咲いてるのかな、なんて思ってしまいました。
自分の周りで桜をまだ見てないです。明日あたり見に出かけてみるかな。
それにしても、言い古された言葉ですが「はかない」ということ。
2週間、3週間で散ってしまう。
他の花だって散ったりしぼんだりするのですが、それほど感傷的にならない。
やっぱり、桜だから?
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
近くに桜の木がないんですね、急がないと「お葉見」になってしまいますよ♪
桜がなぜ特別に感じてしまうのか。
そんな本もあるかもしれませんね。探してみま~す。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。