--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 04. 18  
無理して全部飲み込まなくてもいいじゃない。
外に出すのはきれいで優しい言葉ばっかり。
そんなだからサヨリになっちゃうんだよ。



『居酒屋ぼったくり④(秋川滝美:著)』です。



普通の家庭で作れるような料理ばかり出すんだから、
「ぼったくり」と呼ばれるくらいでちょうどいいんだ。

こんな信条をもった両親が経営する居酒屋を引き継いだ美音(みね)と、
賑やかでクセのある常連客たちとが、美味しいものを食べて元気を出していく短編集。


今回紹介するのは春が旬の魚、「サヨリ」のお話。
短編の最後に必ず、作者のコラムがあるんです。
銘酒情報や簡単なつまみの作り方など。

サヨリのお話のコラムでは、
「なぜ、サヨリは腹黒いのか?」という豆知識でした。


サヨリは青白い半透明の、細長い魚。
捌くと中は真っ黒。
腹が、というより、腹膜が、なんですが。
サヨリは腹黒い

サヨリは昼行性の魚で、しかも海面近くを泳ぎます。
半透明の身は太陽光を通しやすく、身体を透過した紫外線が内臓にダメージを与えてしまいます。

そしてサヨリは植物性プランクトンをエサにしています。
もしも太陽光がお腹に届いてしまうと、生きたまま飲み込まれたプランクトンがお腹の中で光合成を始めてしまいます。

内臓へのダメージを防ぐ。
エサにしたプランクトンが光合成を行わないように。

そのためにサヨリは「腹黒く」なったそうです。


見た目の美しさと味の良さで「貴婦人」と呼ばれる一方、
昔は腹黒い人に対し、
「あの人はサヨリみたいだ」なんて言ってたらしいです。
(私は今まで聞いたことがありませんでしたが)


生き物ってすごいですよね。
理由のないことなんて、何一つないです。
合理的。


小説では腹黒人間は出てきません。
逆に、善い人すぎじゃないかと、美音は心配しています。

まったく愚痴も弱音も言わない常連客に、

「悪口を言う人はいい印象を与えない。
けれど、普段から黙々と頑張っている人が、耐えかねたように漏らす悪口はちょっと違う」


こう思いやってしまうのです。


誰にもなんにも辛いことや怒っていることを言わず、自分の中に溜め込んでいるような人。
きっといますよね。

溜め込むことがうまく発酵してくれればいいのですが。

もしかすると腐敗してしまう危険性もありますよね。
ちょっとぐらいなら、言っても大丈夫ですよ。

腐敗してしまったら、大爆発してしまいます。


無理して全部飲み込まなくてもいいじゃない。
外に出すのはきれいで優しい言葉ばっかり。
そんなだからサヨリになっちゃうんだよ。



看護では人体の勉強から入ります。
それで分かったのは、人の身体ってパイプだなということ。

入ったら出る、これがスムーズにできない身体が病気を起こす。

心も同じなんじゃないでしょうか。

いらないもの、あったら毒素になるものは排出しなくちゃいけない。
言っても大丈夫な相手に、
「今日だけ言わせて!」と吐き出す。

これって、言われたほうは
「信頼されてるんだな」と嬉しいものなんですよね。

だから。
大爆発してしまう前に、ちょっと吐き出す。

腹黒いのは黒いかもしれないけど、
美味しいサヨリのようにいい味を出す人間になれる。
そんな風に感じます。




滅多に弱音を吐かないあなたを尊敬しています☆



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
ムスビとほどくこと、「小説君の名は。」
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
ため込まないことって重要ですよね、お金でもなんでも(笑)私が思うに、善い人って相手の言葉をちゃんと飲みこんで理解しようとするんですよね。それっていいことなんですけど、言葉にはすごくよくない成分も混じっていて、それを全て飲みこむからその良くない成分も溜まっていってしまう。いわゆる「鵜呑みにする」みたいな感じですか。毒のある部分をうまくとりはずして食べるように、飲みこむ言葉をうまく取捨選択するってのも、重要なことかなって思いました。
No title
わたしみたいなぼっち野郎は社会にでたら土に穴でもほって、
吠えるしかないけど世俗から離れてセミリタイア暮らしを
したら愚痴もなくなるから贅沢な話だと思います。
愚痴が言える相手がいる、聞いてくれる相手がいる、
これは最高なのかもしれないです。
だって相手は相手の愚痴を受け入れる余裕があるってことでしょ。
貴様の愚痴につきあってられない、わたしは忙しいんだってのが普通だと思うし。
それがブログやSNSならなおさらっていうか。
いいね押してやるからだまれよ、みたいなw
タコみたいな人
本当の意味で黒いモノをため込んで吐き出すという点ではタコやイカが該当するものだと思うのですが、柔らかい、吸い付くなど他のイメージも強いからなのか、所謂腹黒というキャラでは使われませんよね。むしろ、顔を真っ赤にして口をとんがらせていつもブーブー文句を垂れているけど、どこか憎めない愛嬌もあるといいますか。

気取らない、バカっぽいふりをするのもありかも^ε^
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
ちゃんと咀嚼する、「鵜呑みにしない」ってことの大切さですね!さすがカラスさん!
この例え、すっごく分かりやすいです。
ということは、言葉ってやっぱり食べ物の栄養と同じように自分を創るものになるってことですよね。
ちゃんと噛みなさい。
身体にいいものをなるべく食べるように。
こういうアドバイスは言葉にそのまま当てはまりますねえ・・・。
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
愚痴もなくなるセミリタイア暮らし
愚痴を聞いてくれる相手がいる
どっちもいいなあ、同時に手に入らないというジレンマに嵌りますね。

ブログやSNSはリアル話し相手がいなければいないほど、くら~くコンコンと綴っていくのかなあ・・・。
やっぱ誰か開発してほしいですね、「いいね」の詳細ボタンを。
コメントしなくても「いいね」ボタンである程度どう感じたか伝える手段が。もっと泥沼化するかな・・・。
Re: タコみたいな人
aiupaさま、コメントありがとうございます。
タコやイカが腹黒いといわれない、確かに!この二匹がケンカする設定の絵本などはよくありますけど。愛嬌あるキャラクターとして扱われますね。
サヨリはほら、お高いですから。それで庶民はなかなか頻繁に食べることができない、そのやっかみもあったのかもしれませんね。
>
> 気取らない、バカっぽいふりをするのもありかも^ε^
バカなふりをする、笑わせることも笑われることも厭わない人が最強な感じがします。
No title
自分は先ごろ濾過器を作りました。
綺麗な水が出てきますが、濾過器の中ではウールマットとかフィルターが真っ黒に汚れているんです。
今回の記事を拝見して人間もこれと同じではないかと思えました。
外から受けた嫌なことを頭の中で当たり障りのないように濾してきれいにして出す。
これで対人関係は上手くいきますが嫌なものは脳内にたまったまま。
マットやフィルターは定期的に替えたり掃除したりしますが、脳内も掃除しないといつ爆発するかと心配です。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
そうですそうです、まさに濾過器と同じ原理です。
マッキーさんだとストレスよりも体のパイプに詰まりがないかを気になるかも?
なんだかんだ血管には脂やいらないものが溜まってきて、文字通りある日爆発します。
体にいいものをなるべく摂りながら美味しく食べる、出すものは出す。
これが幸せってもんですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。