--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 04. 20  
脳みそがあってよかった電源がなくても好きな曲を鳴らせる
   (岡野大嗣:1980年生まれ)

『桜前線開架宣言(山田航:編著)』です。



いろんな歌人の短歌を集め、編者がコメントをつけている本です。
サブタイトルが、「Born after 1970
1970年以降に生まれた歌人の歌だけを掲載しています。


「今どきの若いモンは」議論は尽きることがないですけど、
若いモンはけっこう偉いところもありますよね。

私は日ごろ公園で子どもを遊ばせているので見るんですよ、
小学生や中学生が、小さい子のジャマをしないように気を遣ってくれる様子を。

「そこ、小さい子おるから気をつけろよ」
「うん、わかってるって~」とか。
「よけてあげようよ」など、譲ってくれたり。

転んだら、「大丈夫!?」と駆け寄っていってくれる中学生もいます。

きっと大人たちには生意気な態度をとってるでしょうけど。
意外と未来は大丈夫だと楽観しています。



そしてこの本は、
短歌って高齢者の趣味やんなぁ?っていう思い込みを取っ払ってくれました。
短歌って囲碁より地味・・・渋い感じが(笑)ありません?

じつは楽しい♪
小説だとリズムが違うと読み続けられなくなってしまうんですけど、
この短さなら楽しめることが分かりました。

以下、私が面白いなと感じた短歌をいくつか紹介します。



大松達知(1970年生まれ)

なにゆゑかひとりで池を五周する人あり算数の入試問題に

できない子はこれができない教科書を
ノートにそのまま写す<写経>が



松木秀(1972年生まれ)

差別にもいろいろありて究極はジャイアンの言う「のび太のくせに」

「頑張った」高校野球を讃えたるひとたちが生むブラック企業



雪舟えま(1974年生まれ)

世界じゅうのラーメンスープを泳ぎきりすりきれた龍おやすみなさい

ふたりだと職務質問されないね危険なつがいかもしれないのに



石川美南(1980年生まれ)

わたしたち全速力で遊ばなきや 微かに鳴つてゐる砂時計

手を振ってもらえたんだね良かったねもう仰向けに眠れるんだね



笹井宏之(1982年~2009年)

「雨だねえ こんでんえいねんしざいほう何年だったか思い出せそう?」

音速はたいへんでしょう音速でわざわざありがとう、断末魔



加藤千恵(1983年生まれ)

ありふれた歌詞が時々痛いほど胸を刺すのはなんでだろうね

あいまいが優しさだって思ってるみたいですけどそれは違います



服部真里子(1987年生まれ)

春だねといえば名前を呼ばれたと思った犬が近寄ってくる


薮内亮輔(1987年生まれ)

暗やみにふればしばらく明るみで雪の最期は溺死か焼死


井上法子(1990年生まれ)

運命にしだいにやさしくなりひとは災いとしてすべてをゆるす






今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
なんじかんなんぷん!がわからない
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
おはようございます!
Twitterも一種この路線ですね!

「電気代のいらない唱い手」は、
吟遊詩人のようで、夢想家の旅人は、
「何を吟うのか、何かを伝えるのか」

心の中を旅をすることは、
とても自由自在な旅をするんでしょう。

呟きながら、鼻歌を、、、
No title
短歌は季語入らないんだから詠みまくればいいと思ってたけど、
ぼやき川柳みたいになって違いがわからんというか。
詠います♪
なぐらせろ パワハラ疑惑
 ふろみせろ セクハラ疑惑
  ぼくドラえもん
No title
楽しいの、きついの、さびしいの、教訓っぽいの。
いろいろあり。短歌って自由でざっくばらん。
わびさびだけじゃないんですね。
それにしても皆さん若いんだ。一番年な方でも70年生まれ。
なつみ  1990年生まれ
初の短歌に挑戦しまーす!
と、思い暫く考えたけれど浮かばず;;
脳みそで連想したものを載せて置きますねー。
(脳みそ赤みそ白みそ今夜は酢味噌が食べたいな)
食べることなら得意かも←
短歌って学校の授業でありました?
それさえも覚えていないという。

(*^▽^*)
短歌って何でもありかな(笑)。
でも面白いのが多いですよね。

今時の若者でもいい子も悪い子も
どちらもいますよね。
そして大人でもいい人悪い人いるし(笑)。
人間性かな~( *´艸`)
No title
若い人のうた、いいですね。
ナカリは若い人が苦手だけど、
そんなに捨てたもんじゃないと思うのです。
私も未来は大丈夫、という気がします。

>笹井宏之(1982年~2009年)
この人だけ、すでに亡くなってるのかなあ。
27歳で?…だとしたら、ちょっと悲しい。
若いと言っても1970年生まれの人は48歳。
そのあたりからあとの年代の人に、
生まれて良かったと思える世の中を残さないと、と、なんだか背筋が伸びる気がした作品群でした。
ご紹介ありがとうございました。

Re: おはようございます!
ダリルジョンさま、コメントありがとうございます。
朝早くから訪問していただけて嬉しいです☆
>
> 「電気代のいらない唱い手」は、
> 吟遊詩人のようで、夢想家の旅人は、
> 「何を吟うのか、何かを伝えるのか」
>
> 心の中を旅をすることは、
> とても自由自在な旅をするんでしょう。
>
自作でしょうか?素敵ですねえ。
私はツイッターはなんだか苦手みたいで。140字に収められなくて、短歌はなおさら作れないです。
短く思いを文字に托すこと、自由自在にやりたいなあと憧れてます。
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
私も短歌と川柳の違いって?ってなったので調べました。
短歌は5・7・5・7・7で季語が入らないもの。和歌と同じ。
俳句は5・7・5で必ず季語が入るもの。
川柳は5・7・5で季語がなくていいもの。
こんな違いだそうです。
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
これは川柳なんですって~。
そう思うと短歌と川柳は日常を歌える身近なものに感じられます。
創れといわれてすぐ出来るもんじゃないけど。
Re: 詠います♪
aiupaさま、詠んでますね~♪ぜんぶドラえもんに罪をなすりつけてるww
> なぐらせろ パワハラ疑惑
>  ふろみせろ セクハラ疑惑
>   ぼくドラえもん

では返歌

ドラえもん のび太にスネオ しずかちゃん
みんなみんな 心の友よ~!

ドラえもんって短歌にしやすいです!
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
内容だけじゃなく、57577の形すら崩壊させている短歌も収録されていました。
自由すぎる世界のようですよ。
若い、の定義ってないですよね。私はふと、70年生まれってもうすぐ50歳、これって世間的には若い部類に入らんよなあ・・・なんて思ったんですけど、短歌という世界なら、若く感じてしまうのも事実。
もっともっと若い人の言葉がみたいです。
Re: なつみ  1990年生まれ
なつみさま、コメントありがとうございます。
中学か高校で少しだけ短歌の授業ってあったように記憶します。
与謝野晶子や斎藤茂吉、正岡子規・・・俳句とごっちゃになってる?

脳みそで短歌・・・

みぎひだり つないでくれる脳梁を
 ぶっとくしたら古館伊知郎

え~と、右脳と左脳をつなぐ「脳梁」が、女性は太く、男性は細いのが一般的だそうです。
女性脳・男性脳といわれる理由は脳梁の違いにあるとか。
で、フリーアナウンサーの古館さんの脳梁は一般男性より太いそうです。
だからマシンガントークが得意だというのを読んだ記憶がありまして・・・わかりにくいですね。
難しいわ!!
Re: (*^▽^*)
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
かなりなんでもありっぽかったです。
定型がなくなってるものもありましたよ。でもそれ、リズムとして読みにくくて、私はピンとこなかったです。
>
> 今時の若者でもいい子も悪い子も
> どちらもいますよね。
> そして大人でもいい人悪い人いるし(笑)。
> 人間性かな~( *´艸`)

そう!人間性ですよね。年齢で別れるわけじゃないし。20歳になったら冷たくなったり悪くなったりするのでもなく。
その人その人を見ていきたいですね。
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
ナカリさんも若いんやけどな(笑)
いろんな人がいるんですもんね。
いいものをちゃんと評価してあげたいですね。
>
> >笹井宏之(1982年~2009年)
> この人だけ、すでに亡くなってるのかなあ。
> 27歳で?…だとしたら、ちょっと悲しい。

そうです。亡くなっておられます。
生まれつき病弱だったそうで、まさに平成の正岡子規状態で短歌を遺しておられます。
なので自分の体・病気に向かっている歌はしんみりきますよ・・・。

自分より若い人に、より良くバトンタッチできたら、と願いますよね。
現状維持は苦しい。
ちょっとでも良いほうに、を目指して。私も姿勢を正していきます。
No title
短歌、好きですよ。字数制限があるのが逆に面白いです。算数の入試問題は実際に、私もこどものころ思いましたよ。なんで、池の周りを歩くんだろ?って^^;うまいですね~。みなさんの着眼点がおもしろい。ふと、気が付いたものって案外「確かに~」って思いますよね^^
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
短歌の字数制限が創る側にまわらせてくれないんですけどねw
算数の問題って、ヘンなの多いですよね~。
なんで水道の蛇口、大きさ違うもの付けるねん!?って。
ケーキは仲良く等分にしろよ!とか。
思ったものを言葉にするところに価値が生まれてくるんですね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。