--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 04. 23  
盲導犬は、人が犬の犬生(犬の一生)を決めるという宿命をもちます。
そうだとすれば盲導犬の犬生に人が責任をもつのは、当然のことです。



『ハーネスをはずして(辻恵子:著)』です。



盲導犬が年老いて仕事ができなくなったら、引退です。
その後の盲導犬はどうなるの?

世界で初めて「引退した盲導犬の老犬ホーム」を作った、
北海道盲導犬協会の辻さんが記した本です。


引退した盲導犬は、ボランティアで引き取ってくれるかた(登録制)に預けるか、
パピーウォーカー(盲導犬が幼い頃のお世話を担当する人)が引き取るケースがほとんどだそうです。


約10年、盲導犬として働いた犬は、
引退後数年で亡くなるのが普通です。

看取りをしなければいけません。
辛い仕事だとは想います。

それでも、残りの犬生をのんびり安らかに過ごしてもらいたい。
その思いで老犬ホームができたのでした。


これまで盲導犬に関して、あまりいい情報が入ってこなかったんです。

飼い主が見えないのをいいことに、
電車内で盲導犬の顔に落書きするいたずらだとか・・・

最悪だと怒りが湧いてくるのは、
生き物を飼う資格がないような人が盲導犬を飼うケース。


犬は働いてくれるけれど、24時間働けるわけじゃないですよね。
遊びの時間も必要だし、トイレだって行かせてあげなければ。

当然だと思うんですが、中には犬を召使や奴隷のように扱う利用者がいるらしいのです。

最初に盲導犬を渡す際、
「この人には生き物は飼えない・・・」と分かることもあるそうです。
やんわりお断りしようとしても、
本人が使いたいと希望したら、断ることはできない仕組みになっているのだとか。

犬が不憫すぎるのです・・・。

そんなことを知っていたので、
今回この本でのどかな余生を過ごせている犬がいるということで、
ホッとさせてもらえました。


長いあいだ、ごくろうさま、ありがとう。
これからはゆっくり過ごしてくださいね。
ずっとそばについていますよ。
うんと甘えてくださいね。




こんな想いをもって犬の最期までを責任もってお世話する人たち。

運営は苦しいというか、財源がですね。
運営を支える資金の80%は、寄付金と募金。
残りの20%が、公的機関からの補助金です。

善意でどうにかやってきている、というのが現状です。

善意がこんなに集まっている、ともいえますよね。
まだまだココロ優しき人々がたくさんいるのです。

盲導犬だけじゃなく、人間とともに暮らした生き物すべてに、
人は最期まで責任を持つのが当然なんですよね。

人も生き物も、のどかな中で逝けたらいいなあ。



どのような老後の生活と看とりをすれば、盲導犬も人も幸せになれるのかがはっきりとわかれば、
それは、どのように生きると盲導犬も人も幸せに生きられるのかということと同じことになるはずです。
(中略)
ひとり、ひとりがかかえる問題は、だれもが、いずれはかかえる、
みんなの共通の問題なのだと思います。



老犬のお話だけど、人間の問題とも関わってきています。
人生の最期の迎え方の、ひとつの解決方法を示してくれていると感じます。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
☆今週コメント欄閉じますね。

にほんブログ村
NEXT Entry
信じる?信じられる?「Dの魔王」
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。