--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 04. 27  
閉ざしていた人の扉が開くと、表情が柔らかくなります。

『ラブという薬(いとうせいこう・星野概念:著)』
です。



作家と精神科医の対談というか公開カウンセリングのようになっています。
悩みを打ち明けているとかそんなのではなくて。
「精神科には気軽に早めに行こうよ」というメッセージです。


精神科受診なんて、人目が気になる。
頭がおかしいと思われる・・・。
これが一般的なイメージではないでしょうか。

うつ病患者数
1996年は約43万人
現在、112万人以上。年々増加中。
この数字は受診している人のみです。

ブラック企業で働いて、うつ病、その果ての自殺。

このようなニュースが出たら、ブラック企業が悪いと世論はいいます。
けれど、自殺しないうつ病に対して世間は冷たすぎませんか?

心を強くすればいい。
がんばれない言い訳でしょ

こんな感じで。
これはおかしいと私は思っています。
死ぬまでやらなきゃ労わってもらえないなんて。


怪我なら外科、辛い気持ちなら精神科。


たったこれだけのことなんです。
先生は言います。

精神的な病気っていうのは、
ひとつは「傷」、ひとつは「弱さ」。
弱さの場合は、「もっと強くなれ」って言われるし、
傷の場合は、「なんでそんな傷を受けたんだ」って言われる。
それで傷ついた人が泣き寝入りしなきゃいけない。
要は「泣き寝入り文化」なんだよね。



まずは精神科への偏見や尻込みをなくしてほしいというお話。
そしてもうひとつ。


なんでも言っていいんですよ。


「この薬、なんか違うと思うんです」
「診断に疑問があります」

言いにくいと思ってしまいますが、言っていい。


ダメな医者もいる。変だと思ったら他の医者にかかる。
その動きが大きくなれば、ダメな医者も反省する。



このお医者さん変だ、自分には合わないと感じたら、
違うお医者さんに診てもらって構わないですよ、というお話。


これって、体の病気や怪我のことでも同じだと思いませんか?
もらってる薬を飲んだらいつもダルくなるんだよなあ・・・
でも先生が言ったんだから、間違いないんだよなあ・・・みたいな。

こんなことがあっても言いにくいと思って言わないことがありませんか?

言っていいんですよ。
言われて怒り出したら、そのお医者さんはダメなんです。

いいお医者さんなら、
「じゃ、似たような効果のある薬で様子をみましょうか」と、別の薬を処方してくれるのです。

星野先生は、自分の腕を試されてるようなファイトが沸いてくるそうです(笑)


体も心も、病院受診は同じ。
我慢して我慢してどうにもならなくなってから受診したら、
「なんでこんなになるまで放っておいたんだ!!」と叱られますよね。

内科でも精神科でも同じなんですね。
歯医者さんも一緒ですね(笑)
やっちゃいますよね?ギリギリまで行かないって。


これくらいで受診したらダメかな・・・とかじゃなく、
変だと感じたら病院で診てもらう。

大ごとになる前に行くほうが治りも早いのです。




忘れられない患者さんがいまして。
胃潰瘍で入院されていた、公務員の男性。
物腰も柔らかく、ベッド周りの整理整頓もきちっとされていました。

ところが1週間ほど経ったころ、様子が変わりました。
身だしなみができなくなり、ろれつも回っていません。
「ここの看護師長はおかしい!」と怒りだしたり。

その男性、うつ病治療中ということを内緒にしていたのです。
入院中は出された薬しか飲めないので、精神科でもらっていた薬は飲まなかったのです。
そうしたら症状が悪化して・・・。

最初に「精神科から処方されています」と言ってくれてたら、
副作用が出ないような薬を一緒に出せたのに。

看護師にもいえなかったという、精神科受診を隠したい心理。
こういったものをなくしていける社会になってほしいのです。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
科学者の目線で。『決してマネしないでください』
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
うつ病とか現代の病気じゃないですよね・・・。
昔のほうが一般的だったんじゃないかな。
戦争、飢餓、貧困などなどメンタル弱い人間なんて一発退場ものだったのでは、と。
薬で治せる現代のほうがトラブルになってるのが不思議といいますか。
歯医者よりも精神科のほうが患者の総数は多くて、もうかるっていったらあれだけど需要ありそうなのにな。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
精神科って実際に中で何をやっているか一般の人もなかなか想像ができないでしょうね。目に見える病気でもないし、やはりちょっと普通の人はひいてしまうのかもしれませんね。私も今まで何人かとんでもない医者にかかったことがありますが、どこの企業にもいるように医者にもそういった人間がいるってことですね。取り扱う対象が人であるぶん、医者がそうであっては困るのですが…。
ラブというローション♪
ラブという薬が本当にあるのかな~とググってみたら
あのメンソレータムから「ラブ・ローションA」という
筋肉痛や腰痛用の塗り薬があるみたいですね~

…違うローション用途で使ったらスースー大変なこ…以下自重w
No title
こんばんは!
精神科受診を隠したい気持ち、って、当事者の方には強くあるのだろうなと想像します。
私の、ごく近い親族もそうでしたから。

…と言いながら、私自身、鬱で長く心療内科を受診してます~~と公言!
私はマイナートランキライザー(抗不安薬)しか処方されていませんが、断薬は難しいです。
でも、お薬は上手くつきあえば、生活の質を上げられるので、様子見しながら通院を続けています。
ただ、これが、メジャートランキライザー(抗精神病薬)処方、になると、一気に深刻さが増す気がします。
自分が生命保険に入ろうとした時に、服薬の状況を見て、ダメと言われた時には、ほほ~~、この薬でさえそうなのか!?と思ってしまいました。
社会的に、いろいろな思い込みや偏見もあるでしょうが、できるだけ心の病についての理解が広がって、困っている人が早めに受診できるよう、ハードルが下がればいいなと思います。
なんか、真正面からのコメントになって、返しにくくてスミマセン。
お茶目に行こうと思ったんですが、今回はちょっと難しかったです~~(^-^;)
でも嬉しい記事でした、ありがとうございました♪
No title
鉄格子の入った窓のある精神病院は他の病院と受ける印象が全然違います。
ですから意識しないまま多くの人が偏見を抱いているのではないでしょうか。
それから、これは小説などからの受け売りですから真偽は不明ですが、とにかく薬を大量に飲ませるとありました。
患者を薬づけにすることで病院は大儲け。信じたくない話ですが有り得ないこともない。
とするなら、記事中の話にもあったように、やはり患者自身が「薬を飲んでも変わらない」「むしろ悪くなった」というほかありません。
でも、これって大変ですよ。知識のない患者が言っても言い負かされてしまう。
第一、言い出せる人が10人中何人いるでしょうか。おそらく1人か2人。医師の良心に期待するしかない現実。
星野先生みたいな人ばかりだったらいいのですけどね。
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
実際の患者数は把握しきれていないようです。
なんせ受診しない人が多いですから。
現代になぜこんなに大問題になるのか・・・・きっと飢餓や戦争みたいに一発でやられるというのと違い、まさに「真綿でじわじわ首を絞められている」、そんなストレスが起こしてるんじゃないかなと。

今の医師希望者たちは患者の死を見なくて済む診療科が人気だそうです。
眼科、耳鼻科、皮膚科、歯科。ホントは患者が死なない診療科なんてないんですけどね。
精神科は人気ないだろうなあ。
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
とんでもない医者っていますよね。
看護学生時代、精神看護で講師に来られた精神科医が思春期の心理とかしゃべっていて、「でも僕、自分の息子と全然会話できないんですけどね。しゃべってくれないですよ」なんて言ってて、この人、アカン、って思いました(笑)。
患者に親身になる先生が病院の方針と合わないとき、先生が辞めてしまうんですよ。これが患者さんには本当に申し訳ないことやな~と思います。
Re: ラブというローション♪
aiupaさま、秘かに望んでいたとおりのコメントをいただけて心から感謝しています(笑)。
タイトルで「おっ!?」と目を引きますよね。
でも読んでみて、「ちがうじゃねーか!!」と怒る人も多いかもな~、なんて。
楽しいけど、ラブという薬というのとはかなり違うのでww
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
職場とかにもちゃんと伝えていてくれれば、周りも認識が深まるし、お互いにうまくやっていけるように気配りをしますよね。
以前、職場でうつ病の先輩がいましたが、出社できない日が続いたりしても「そういう時期かな」くらいで、いない分どうやってがんばればいいかな?とそっちに気がいきますから平気でした。
本人のハードルがまずやっかいですよね。
分かってくれない人もいるけど、分かる人もいることを、ちょっとだけ周りを見渡してみてほしいなと思います。
今回私も真剣になって、もっともっと書きたかったくらいです。
本格的に心理・精神について勉強できたら、それ専門のブログを作りたいくらいです。
ちょっと目指してみようかな~(野望です)
こちらこそありがとうございました!☆
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
鉄格子の入った窓のある病院。
そうです、昔はほぼ全ての精神病院はそうなっていました。それから独房のような個室も。
薬の大量服用も、そんな治療がまかり通っていた、今もそれが正しいとおもっている精神科医はいます。
今は鉄格子はありません(でも窓は10センチくらいしか開きません)。
偏見というよりも、「怖い」という感情をまず持ってしまったのかなと思います。
精神科にはいろんな疾患でかかりますから。いろんな状態の人がいますし。
たしかに怖いときもあります。
でも病院の作りを変えてきているように、世間のイメージもどんどん変わっていくだろうと希望はあります☆
こんばんは♪
ほんと精神的につらい人が多い世の中だから
病院って気軽に行ってもいいんだよって
思ってほしいですよね。
死んじゃったら楽しいことも
嬉しいことも感じなくなっちゃう。
世間のイメージが悪いのはわかります。
精神的に弱いんだという言葉が
1番嫌いだな~(^_^メ)
Re: こんばんは♪
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
そうそう!死んじゃったら楽しいことも嬉しいこともなくなってしまうんですよね。
精神的に弱い。
これは人に言われたらキツイし、自分で使うとき「言い訳」に都合よい言葉。
なるべく使わないでいたいですよね。
ここから一歩、「なんで弱い?どこが弱い?どんな時に弱い?」みたいに突っ込んで考えてみるのもいいかも♪
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。