--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 04. 30  
反吐が出るほどの醜さや残忍さと、感動するほどの優しさと気高さ、
その両方を内包する存在。
本当に人間とはよく分からない。

『黒猫の小夜曲(知念実希人:著)』
です。



現役内科医であり作家の知念氏の小説です。

以前、『優しい死神の飼い方』を紹介しましたが、その続編にあたります。
『優しい・・・』の主人公だった死神・レオの同僚が、黒猫の姿で登場。
未練を残した魂を救い、主のもとへ導く任務を与えられたのでした。
名前は、黒猫だから、クロ。


前作もそうだったんですが、医師である知念氏のメッセージは「今を生きることを大切に」というもの。
ここは変わりません。


人間は限られた時間の中を必死に生きるべきなんだよ。
いつ『最期の刻』を迎えてもいいように。


 ずっと必死にやってきたんだ。

なら、君は誇っていいんだよ。自らの人生を。


人間とは弱くてもいじらしさがある。
そんな優しい心が表れていると思えます。

反面、そうじゃない人間もいるのだということも表しています。

小説は推理仕立てになっているのであらすじは内緒にしておきますね。
ラスト近く、クロは犯人と対峙します。
そのときのクロ。

この男・・・魂がとてつもなく穢れている。
高位の霊的存在である僕すら飲み込んでしまうほどに。
これまで人生で、どれだけのことをしてきたんだ?



死神が近寄れないほど、穢れた魂をもつ人間が登場しているのです。
知念氏はそんな人間も見てきたのかなあと想像してしまいます。


幸運なことに、私は魂が穢れていると思えるほどの悪人に関わったことがありません。
しかし多くの患者さんと接してきた著者は、そういった人にも出会ったのでしょうか。


どんなに悪人でも、治療しなければいけないのです。

どんなに悪質な、凶悪なことをしてきた人間にも、平等に治療しなければならない。
どんなに自業自得だとしても、今、必要最低限の生活が保障されていない人間には社会保障をせねばならない。

医師と行政はこれが義務なのですよね。
考えさせられるんです。
してもらうのが当たり前じゃない、
保障・治療に見合った最低限の人間性は保たなければいけないと。

ちょうどヤフーニュースに、「患者の院内暴力」が挙がっていました。
患者・患者家族が、医療スタッフに暴言・暴力・セクハラ、支払い拒否などを行い、病院側が疲弊してしまうというものでした。


なんだろ・・・立派な人間になんてなれないんだけど、
せめて嫌がられず治療してもらえる、援助してもらえるような人間でありたいなと、
切々と感じるのです・・・。


著者がどう思って書いたのかは分かりませんが、
穢れた魂は成仏できずに、苦痛の末、消滅させられています。

くやしい想いをしてきたのかなあ・・・。



自分に与えられたわずかな時間を輝かせるために、
合理性よりも感情を優先して行動するのさ。


死神・レオは人間をこう捉えています。
人間は残忍なのか気高いのか謎だと思っていたクロ。
優しさを知っていくクロの姿が愛らしいです。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村
NEXT Entry
悲しいときに、この詩を
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
よ~し、よしよしよし
動物病院の方が言葉で悪態つかないだけいいのかな~と思いましたが
おびえているコはやはり歯をむき出して噛みついてきますからね~
そんな時はムツゴロウさんのようにライオンに噛まれようが
舐め回すようによしよししてあげることだと思います^^

※前回のウルドさんは、波平さんやカトちゃんのヅラをかぶって緑に塗っているように見えますw
(*^▽^*)
私も立派な人間にはなれないけど
人に嫌われるような言動はしたくないな(*´▽`*)
No title
誠実に接しようとしているのに暴言・暴力で返すのなら放っとけばいいでしょう。
そんなの治療しなくてよろしい。
反面、病院の職員が患者に暴言・暴力を加えたりすることも聞きます。
これはもう。どっちの側ということではなく人間性の問題です。
この作品の中の犯人同様、魂がとてつもなく穢れている連中です。
人間をやっている資格はありませんね。
Re: よ~し、よしよしよし
aiupaさま、コメントありがとうございます。
ライオンに指を食われたムツゴロウさん、「僕の指がライオンの一部になったと思うと嬉しくて嬉しくて」ととろけそうにしゃべっていましたね~(笑)
小説内でも犬も猫も病院にものすごく怯えていました。
でも人間より絶対お利口でしょう。
>
> ※前回のウルドさんは、波平さんやカトちゃんのヅラをかぶって緑に塗っているように見えますw
言われてみれば!目がサイドの髪の毛みたいに見えるんですね。
しかもバッタに食われたくて身をさらけ出していたにも関わらず、スルーされていましたよww
Re: (*^▽^*)
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
ね、立派になれよ!なんて言われても、とまどいますよね。
でもせめて嫌がられないようにしようとすることは、誰にでも出来そうじゃないですか。

Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
そうですね、病院側の虐待も後を絶たない問題です。
どっちもどっち・・・
死神にも見放される穢れた魂。
最期にそうなっていないように過ごしていかねば! と思います。
No title
お化け屋敷とかホラー映画とかで、
怖いものは何か?って、人間が一番怖い、
というような話を、よく聞きます。

「穢れた魂」って言葉、深いですね。
どうして穢れてしまったのか、と、
背景まで考えてその人の身になって、
というのは、やっぱり私には無理だな!
私は、父方の親族がどうしても大嫌いで、
父が亡くなってやっと縁が切れて(ともいかないけど)ほんとにホッとしています。
そんな風に人を嫌う自分も、魂が汚れてるようにも思うけど、これはもう仕方ない、
マザーテレサのような愛の人にはなれないです…記事から離れて愚痴になっちゃいました。
すみません。
いろいろ書かせていただけることに感謝です。

最後のレオの言葉には救いがありますね。
ありがとうございました。
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
自分に合わないという意味で、どうしても好きになれない人っていますよね・・・。
でもそんな自分を穢れているとか、そこまでいってしまうと、穢れていない人って世界で10人もいるか~?って思います。
憎しみをぶつけなくて済むように、離れている。
それでいいように思います。
私だって避けてる人っていますよ~。義母の親族とか(笑)。
それが普通だからこそ、マザーテレサは誰にもできないことをサラリとやっていたから讃えられるのだ☆

私もついでに毒素吐けてよかったです~♪
No title
私もまだ魂が穢れている人間には会ったことがないですね。それっぽい人は何人かいましたが、多分その人の負の面を見たのだと思っています。人間は一貫性のある生きものだとは、私は思っていませんので。今も一生懸命生きる。似たような言葉を仏教の訓話で見たことがあります。我々は船に乗るのをまっている人のようんだと。あの世に行くことを船にのると、例えているのですね。しかしおもしろいことに、船が出発すると言われると、とかく人間は慌てるものだと。考えてみればもっともであり、おかしな話でもありますね^^
ポリティカル・コレクトネス
こんばんは。
知念氏の作品はまだ読んだことがありませんが、記事を読みながら「ポリティカル・コレクトネス」と云う言葉を思い浮かべていました。
「政治的に正しいこと」をしようとして来たのがオバマ大統領、「政治的に正しくない」言動をしているのが現大統領トランプ氏。
アメリカの医学部学生は、医師の資格を得る時に「ヒポクラテスの誓い」を確認し合いますが、その直訳がウィキ(https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒポクラテスの誓い)にあります。それを読むとまさに「ポリティカル・コレクトネス」。
政治にこの精神が無くなると社会の不安度が増しますが、医療の現場でも大混乱を引き起こすだろうなと想像します。
が、「自分に与えられたわずかな時間を輝かせるために、合理性よりも感情を優先して行動するのさ。」も分かりますね。個人の領域で他人に迷惑をかけずそのように行動することは許されても、今の社会|共同体の領域では「限定」的にしか許されないことかなとも思います。
感情は理性よりも深い所にあり強力なため、往往にして理性は感情の奴隷になってしまう傾向にあります。
感情を制御できていない状態を「穢れた」と表現することもできますね。「ヒト」が「人」として成立していない状態とも。
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。

似たような言葉を仏教の訓話で見たことがあります。我々は船に乗るのをまっている人のようんだと。あの世に行くことを船にのると、例えているのですね。しかしおもしろいことに、船が出発すると言われると、とかく人間は慌てるものだと。考えてみればもっともであり、おかしな話でもありますね^^

へえええ・・・船に乗るのを待ってるのに、出発となると慌てる(笑)。
皮肉なものですね。
覚悟が足りないのかもしれませんね・・・。
穢れきった人なんて、そうそういないですよね。
清濁併せ呑む。
自分もそうやって相手に辛抱してもらって助かってるところもあるはずですし。
Re: ポリティカル・コレクトネス
yokoblueplanet さま、コメントありがとうございます。
「ポリティカル・コレクトネス」という言葉は初めて知りました。
ヒポクラテスの誓いは知っています。日本の医学部でも学ぶはずですよね。
医療と政治は根底には同じ信念が通ってるんですね。
感情で裁くことも危険ですし。
ですが、感情を制御できていない状態を「穢れた」とする、その考えもすごく分かります。
思うがままならば、無秩序、無法地帯となんら変わりませんものね。
人間らしさはよくも悪くもある。
ならば、よいほうを出していきたいです。まずは自分からと。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。