--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 05. 18  
「雪と空だけだね」
「単純な風景だね」
手を替え品を替え、これでもかといわんばかりに多種多様な都会にくらべると、ここには180度正反対の世界がある。



以前、ブログ「色即是空」で、「移住したい都道府県ランキング」が紹介されていました。
2位に私の住む北海道がランクされていたんですよね。

ホンマ?
移住じゃなく観光したいんじゃないの?なんて感じたりもしてますが。

どんな移住ライフを楽しめるの?
それを知ることができるのがこちら、『北海道田舎移住日記(はた万次郎:著)』です。



東京から北海道下川町へ引っ越してきたマンガ家・はたさん。
自由で不便な田舎暮らし日記の本です。


空いてたボロい一軒家の家賃は一ヶ月3500円。
犬は放し飼いOK。
燃えるゴミは庭で燃やしてOK。
観光客も来ない地域のため、静かに一人を満喫できるのです。


当然いいことばかりではありません。
冬の寒さはもちろん。
雪なんて初冬にちらちら降ってきたときは嬉しいものですが、
春先には憎悪の対象と化しているのです。

これ、私もすっごくわかります。
泣いて雪をとかすことができるなら、号泣したい。
毎日虹の橋を架けますよ。

ドカ雪って本当にもう・・・。

大阪から単身北海道に来た私、
離婚を機に大阪に帰ってもよかったはず。

親からも「なんで戻らへんの」と怒られる始末。

だけど、北海道にもいいところがあるのです。
夏は爽やかに涼しいし、田舎という地域じゃなくても広々とした感じは最高。
なによりもいいのは、ゴキブリがいないこと。

札幌とかではいるそうですが、少なくとも現在私が住んでいるところでは見たことがありません。
ゴキブリがいないっていいでしょ?

そう思っていた北海道の長所だったんですけどね。
やっぱり逃げても無駄というのでしょうか。
対抗馬ならぬ対抗虫がいたのです。

カマドウマ

はたさんもカマドウマについて記されています。


カマドウマという日陰で湿気のある場所を好む昆虫にだけはいまだに抵抗がある。
バッタの一種なのだが、羽は退化してしまったのか背中がむき出しになっており、
しかも、その背中は尺取り虫が身を縮めたときのようにグニャリと湾曲しているのだ。
そのうえ白っぽいからだに黒い斑点がポチポチとついており、つかまえようとすると思いがけないほうへピョンと跳ぶ。
ときには人間のほうに向かってわざわざピョンと来ることもある。


カマドウマ 画像
「便所コオロギ」という別名も。
バッタは触れるのに、カマドウマはどうしてもダメなのです。


そんなこんなの田舎暮らし。
いいこともめんどくさいことも両方あるのはどこに住んでも同じですよね。


はたさん、こんなことを書いてるんですよ。

「豊かさは人をダメにする」と、ひねくれたことをいう人がたまにいる。
しかしほんとうは、物が豊富にあることが問題なのではなく、
物の豊かさに自分をコントロールできなくなってしまう人間のほうに問題があるのはいうまでもない。



これですよね。
都会だろうが田舎だろうが、
豊かさに気づけなかったらどこに住んでも不満はあるでしょうしね。



何を大事にしたいのかさえ決めていれば、
どこも「住めば都」となりますよね。

カマドウマがいるけれど、私は今の場所気に入ってます。



はたさんの愛犬・ウッシーをメインにした北海道暮らしマンガ。
これ、名作です。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村
NEXT Entry
取り返しのつかないことをしてしまいそうなら
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
豊かさは人をダメにする。まー、ダメになった人のうちの一人である私は、うんうん、とか言いますが、都会に住んでいる人がみんなそうなわけでもなく、結局は豊かさに甘えてしまった人たちの言い訳なのかな、って思ったりする次第です。住めば都の精神は、かなり深い意味合いをもっているのかもしれませんね。
oha!
学生時代の合宿でこいつが沢山いましてねぇ!
長野県・野尻湖!!

ベニヤで出来たプレハブの蒲鉾の様な宿舎だったかな、
夏場しか利用しないから、
トイレや風呂場にぴょこぴょこ沢山!!!

用を足す時や裸になっている、こちらが無防備なことをいいことに、
向かって跳ねやがる、キモイバッタ!

この合宿の想い出は、これだけですよ(笑)


ちなみに、私が住みたいところは、「山形県」

朝倉さやチャンの故郷、、、(これは別ですけれど)

海山川、そして、食べ物も美味い、
文化的にもレベルが高いと思いましてねぇ、
独り者だったら、即、移住しちゃうと思いますよ。

母なる大地
子どもの頃、母の偉大さ「かあちゃん、すげー☆」と思った記憶に、ゴキブリを素手でグシャっとつぶしたことがあります。そんな私は超田舎育ちですがゴキブリが大大嫌いで^^;東京で一人暮らしを始めて、お風呂の腰掛イスの穴あるじゃないですか、イスの方から何かカサカサ音がするなっと思った次の瞬間、その穴からひょっこりゴキちゃんが顔を出したのです!!あまりの衝撃に絶句し言葉も出ず熱湯シャワーをぶっかけたら、ぶぃ~んっと飛んで向かってくるではありませんか!!?

ウギャーーーーーッ!!!

お風呂をのぞかれた上京したての女子大生のごとく悲鳴をあげてしまったのです。それからしばらくはお風呂のイスに座れなかったですもん。お尻の穴に入ってきそうで^^;
No title
北海道人気高いねー。
わたしは茨城県民です!人気ランキング万年最下位クラスです。
若い県知事に変わったからPRで順位変わってくるとは思うけど。
都会より地方のほうがいいねー。固定資産も安いし。
でも北海道はちょっと試練あるでしょ。観光とか行ったけどさ。
住むかどうかはまた別で。
関東あたりがまだセーフってライン。北へ行くと雪すごいし。
あとね、ゴキブリなんだけど馬場さんに以前、床綺麗にした記事をアップしたときのコメントで2週間?くらいに一度床掃除したら維持できるよ、ってのを守ってたら今年はまだ一度もゴキブリを見ていません。これってなんか関係あるのだろうか。
台所の王者って感じでたまーにいたんだけど、深夜にもいない。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
馬場さん、こんにちは。
札幌だとゴキさんを見かけるんですね(>_<)北海道はいないと思っていたのに。
てかとさんの床掃除のコメントを読んで『!』と思いました。
ウチは二世帯住宅なので私がいくら頑張っても息の根は止められない気はしますが(TT)出来ることをやってみようと思います!
東京はごちゃごちゃしていますが、便利さに慣れてしまうと他では住めないと思いますf^_^;
カマドウマは知らなかったです。話がとびとびでごめんなさい。


No title
北海道の印象は、ハガレンや銀の匙の荒川弘さんの生まれ故郷…
つまり、酪農家の印象大です。
あと、べてるの家があるところ…
と、結構偏ってるなあ~(笑)
Gちゃんがいないのは羨ましいけど、カマドウマの画像を見て震え上がっちゃいました!
私も温暖平和な愛媛より、大阪暮らしがずっと長くなって、今はすっかり関西人です。
「住めば都」その気持ちで暮らしたいですね。
Re:八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
豊かさに翻弄されていない人なんてほんのちょっぴりのはずですよね。
モノじゃなくても情報に揺さぶられたりも似てるかもしれませんし。

住めば都。
逆をいうと、完璧な理想郷みたいなものも存在しないってことww
理想郷はきっと天国のみですね。
今の場所、どこか行ったときの場所、そのときそのときを楽しんでいきたいです。
Re: oha!
ダリルジョンさま、コメントありがとうございます。
虫だけの思い出という合宿もすごいですね。ものすごい大量発生していたんですね。
そう!トイレ!!
ウチは出るとしたらトイレと台所です。
なんであのバッタはダメなのか??自分でも理解不能の領域です。

山形ですか~。
あの東北・中部って全然行ってないです。
果物もブランドですよね♪
Re: 母なる大地
aiupaさま、強烈な思い出コメントです。
おそらく他にこのコメントを読んだ人も
ウギャーーーーーッツ!! って思ってることでしょう(笑)
お母様の武勇伝もすごいですよ。
素手か・・・素手!
ウギャーーーーーーッツ!!
Re: てかとさまへ
コメントありがとうございます。
普通に考えたら関東ならどこの県も暮らしやすいといえそうなんですけど。
なんであの3県だけww 遠くにいるとその評価の低さもわかりづらいです。

あ、私のなにげなコメントを・・・・
ありがとうございます。適当コメントやめとこ・・・。
ゴキブリってほこりも食料にしてるんですよね。だからそのエサとなるものがないから、てかと家を見限ったんじゃないかとww
でも2週間に一度の床掃除でゴキブリ排除できるなら、どんどんやるべし!ですね。
私も最低2週間に一度は拭くようにしてますが、ホントは毎日でもしなきゃと思いつつ、そこまで無理はできないですね~。
Re: Ichiさまへ
コメントありがとうございます。
だんだん北海道もあったかくなってきた理由で、ゴキブリとか、日本脳炎とかの危険とかがやってきてるんです。
札幌って夏は東京並みに気温高いですよ!
私は札幌では住めないな~と思ってますww
カマドウマはどうやら日本全土にいるらしいんですけど、大阪では見たことなかったんです。都会にはいない虫なのかも。

床の拭き掃除でIchiさまの居住範囲だけでもゴキが発生しなければよいではないですか♪
ホントに効果があるのかどうかは、よくわからないですけどね。
ま、まあ、掃除は気持ちいいですから!
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
酪農を大々的にやっている地域もまた限定されていて、私の住むところは牛や馬はまったくいません。
べてるの家のあるところは、なんにもありません(笑)。
いや、大空と海があります!
まるで松山千春の歌のように♪
年に1、2度大阪に帰ると、「大阪ええなあ、なんで帰らんかったんやろ?」と自分でも不思議になるときもあります。
住めば都。
そして離れて分かる故郷の善さ。
No title
自分ら南国に住む者にとっては憧れの第一です。
雪、氷、広い大地。これです。
でも、やっぱり観光ですね。寒さに弱い自分に住めるわけがありません。
田舎暮らしなら今のところで十分だし。
自分が勤めていた運送会社、北海道にも営業所があったんですよ。
だからたまに北海道便があったのですが希望しませんでした。何しろ日本列島縦断ですからね。
でも今思います。一度は行っとけばよかったな、と。
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
関西に住む人って、沖縄に移住する率高いんですよね。
私も沖縄大好きですし。なんで真逆に行ったのかww
九州から北海道までトラック!!
強烈な距離と時間ですね・・・。
でももしかしたら風景の移り変わりに夢中になれるのかも。
こんばんは♪
Gも嫌いやけど、カマドウマのリンク飛んで
さぶいぼでたわー(笑)。
画像見るんじゃなかった(* ´艸`)クスクス

でも私は寒さが苦手すぎて
北海道には住めないっす。
魚介類の宝庫で最高なところなのにな(*´▽`*)
Re: こんばんは♪
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
だからリンク画像にしたんですよ~。貼ってたらイヤでも見てしまうから~。
でもこわいもの観たさでリンクに飛んでしまったんですよね。どっちもどっちかww

寒いのはイヤ、とか絶対にダメだと思うものがあるのも、
住みたい場所を決めるのには重要ですよね。
食べ物は豊かですね、それは本当に思います。
ただ調理がストレートなものしかないので、活かしきれていない面もあるかと思ってます(笑)。
鮭とれすぎるから、昔は漁師さんはイクラなんて捨ててたって言ってます!もったいな~い。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。