--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 05. 20  
「私は前進の道のりはすばやく進めはしないし楽でもないと教えられてきました」
  (女性初のノーベル賞受賞者、マリー・キュリー)


『世界を変えた50人の女性科学者たち』です。



科学・技術・工学・数学の分野で活躍しながら歴史の陰にかくれがちだった女性科学者50人、その驚くべき業績やバイタリティあふれる人生をチャーミングなイラストとともに紹介します!
  (カバー文より)


女性科学者の名前をどれだけ挙げることができるでしょう?
私はこの本に載っている50人のうち、恥ずかしながら
マリー・キュリーと、レイチェル・カーソンの2名しか知りませんでした。

優秀な頭脳、家族や友人の協力に恵まれていたとしても、
「女は家庭」という古い社会概念や、人種差別の大きな壁がありました。



この本には、歴史書や伝記には名前が残っていないけれども、
周りから「ムリだ」「やめろ」と言われてもやめなかった、
素晴らしい発見や業績を残した女性科学者たちがいます。


ここでは何人かの科学者たちの言葉を紹介してみます。

火山学者 カティア・クラフト
「私にとって危険はたいしたことではありません
・・・火山ではすべてを忘れてしまうのです」


これは極端ですね、こんな危険な場所はないです(笑)
次いってみよう!


天文学者・詩人・数学者であった、王貞儀
「信じよ 女性は男性と同等と 汝は説得されぬのか
娘たちもまた英雄的になれると」



世界初のコンピュータ・プログラマー
エイダ・ラヴレス
「想像力とは卓越した発見の力です。それは私たちの周りにある未知なる世界、科学の世界に入りこむものなのです」


神経科医 リータ・レーヴィ=モンタルチーニ
「なにより、困難な瞬間を怖れてはなりません。
最高のものはそこからやってくるからです」



微生物学者 エスター・レダーバーグ
「あなたはいつでもはじめることができるのです。
優秀になるには一生かかるとしても」



海洋生物学者・探検家 シルヴィア・アール
「水がなければ命もありません。青がなければ緑もありません」


眼科医・発明家 パトリシア・バス
「真実のパワーを信じましょう。
あなたの心が多数派の考えかたにとらわれないように」



分子生物学者 エリザベス・ブラックバーン
「人に助けを求めることを恐れてはいけません。
そして助言を無視することも!」



海軍准将・コンピュータ科学者 グレース・ホッパー
「人は変化に対してアレルギーがあります。あなたは外へ出て行ってアイデアを売りこまなくてはなりません」
「最も有害な決まり文句は、『われわれはいつもこのやりかたでやってきた』です」




家族の協力があってこその偉業だと思うんですが、
親ってけっこう「やめなさい」って言ってしまいますよね。


その場合、半分は道徳としてやってはいけないことをやっているとき。
「しつけ」としての「やめなさい」ですね。

残りの半分は、「ダメ」だと言う人自身が、
「私をハラハラさせないで。心配させないで」という不安からきてるかなと思うんです。

育児書には、「子供の好奇心を伸ばしましょう」みたいなことが書かれていて、
その通りにやりたいにも関わらず。
(ウチの場合ですとダンナがけっこう心配性です)

不安を押しつけられて、新しい挑戦ができない人(子供)も多くいるんじゃないかと。


ここに登場した女性科学者たちは、古い常識を勇敢に取っ払ってきた強さをみせてくれています。
周りから「ダメ」と言われても、
できるものなら止めてみなさいよ!」という勇敢さ。


この心意気、今とても必要とされているんじゃないでしょうか。


やりたいことは、やりましょう!
(もっと大切なのは、やりたいことをみつけること、かも)



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村
NEXT Entry
本音が言えないと体にくる。
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
STAP細胞はあります!
科学実験、研究というものは一人ではできないもので多くのスタッフの協力が必要となってきますよね。仮にSTAP細胞自体はあったとしても後半の実験成功最終条件のキメラマウスをつくる過程は別の人の研究、技術協力が必要でそれを得られなければ、結論として「なかった」ということにされてしまいます。

女だからこその男とのSTAFF塞防はあります!
絶対必要な気概!
こんばんは。
まだまだ「男社会の壁」は高くて固いですから、この気概は必要ですね。焦らず諦めず!です。
(先日はコメントありがとう!気をつけてでかけます!)
( *´艸`)
愚痴になるかも。
父方の祖父母は女は勉強いらないっていう
超古い考えです。
私たちが大学行くのも不思議がってましたよ((´∀`))ケラケラ
まぁ途中で体調悪くして辞めたけどね(笑)。
そういう考え方が全く合わないです(笑)。
Re: STAP細胞はあります!
aiupaさま、コメントありがとうございます。
ありますよね、STAFF塞防は。STAPはまだ分からないけれども。
小保方さんの告白本も出ていますが、それを読んでまで真相を知りたいとは想わないんですよね~。
研究成果を見せてくれたらそれで十分というか。
がんばっていたことはわかります。
つぶされそうだったんでしょうね・・・。
Re: 絶対必要な気概!
yokoblueplanet さま、コメントありがとうございます。
自由の国といわれるアメリカでも、差別・偏見の壁は厚いものがあったし、今でもやはりあるんでしょうね。
日本より宗教観の違いもきついでしょうし。
どこの人も、「やりたいことをやる!」と言える社会になっていけたらいいですよね。
気をつけていってらっしゃい♪
無事に帰ってきてくださいね~♪
Re: ( *´艸`)
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
おお~、身近な存在で「女に学問はいらん」という考えをもつ人を見ていましたか。
私が高校生のときも、まだまだ大学進学率は低くて、よくて短大って感じでしたよ。
そうそう、就職したときの同期が、本当は進学したかったけど親から就職して家に少しでもお金入れてと言われた、と。
びっくりしましたけどね。
身内の協力なしだともっと厳しいですね。
No title
どれも身に染みる言葉。頷けます。
それはそれでいいのですが、ことさら女性科学者の言葉だけを取り上げていること自体が男女を同列に見ていない証しみたいで、どうかと思えたのですが。
女性はそれほど大変なんだということなのかな。考え過ぎですか。

No title
私の父方の親族も皆、女が勉強なんかしてどうするんや、
と、あからさまに生意気だと罵る叔父たちばかりでした。
親が良かったから助かりましたが。
女性の作曲家が少ないことを、知り合いの先生に聞くと、
昔は女性には楽譜の出版権がなかったからだと知りました。
なんてこと!
怒りをエネルギーに。
先輩女性の努力を継がないといけませんね。
がんばろう!
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
女性は素晴らしいのよ!という主旨よりも、
こんなにがんばっていた女性がいたことを知ってほしいんです!という著者の願いがあったように感じたんで紹介しました。
今でも理系大学の女子進学率は1桁。
そんなに女性は理系に向いてないのか(私はさっぱりですが笑)?
さまざまな分野に挑戦する人がいる世界って、きっと平和の証ですよ♪
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
音楽界でもそのようなことが!?
そうですよね、女性の作曲家として名前が残っている人、誰一人として知りません。
今って自分で作詞作曲して、歌って。
進歩してきてるんですね~。
よし、がんばろう!!
No title
かわいい子には旅をさせよ。ではないですが、やはり本人がやりたいと思っていることは、よほど危険で無謀でない限りはやらせてみても良いですね。ちょっと骨の一本や二本折る程度なら、良い勉強になるかもしれません。実際に痛い思いしないと、その大変さも素晴らしさもわからないですからね。周りに反対されても押し切る強さが本人にも必要ですが、どちらも難しいことですよね^^;
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
コメントありがとうございます。
保護者のかたの中には、「なんでもさせていいです!死ぬのと失明以外なら何があっても大丈夫です!骨折くらいで文句言ったりしないですから!」と最初から言ってくれてる人もいるんですよ。
本心で言ってくれてるから、私たちもいろんな場所で遊ばせたりしやすかったですね~。
最近じゃ、砂場は汚いと触らせない親(祖父母)もいるとか。
挑戦する心を育むのが難しくなってるのでしょうか・・・。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。