--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 05. 28  
車をもっていない、あっても自分では運転しないという人は多いでしょうけど、「運転免許証がない」「自動車学校に通ったことがない」という人は、ぐっと少なくなるんじゃないでしょうか。

私は北海道に来た年に自動車学校に通って免許をとりました。
そのころのことを思い出す本を読みました。
運転の初心も思い出します。


『島へ免許を取りに行く(星野博美:著)』です。




愛猫を亡くし、人間関係がずたずたになった。
心にぽっかりと穴が開き、何かに夢中になることでその穴を埋めたかった。
しかもその穴は、酒とか愛とか占いとか、曖昧なもので埋めるのはいやだった。


そうだ、車の免許をとろう。

写真家・作家の星野氏が東京からはるばる長崎・五島列島にある「ごとう自動車学校」の合宿講習に参加したときの体験談です。

初心者あるある・運転がいつまでも上手くならない人には共感するポイントがたくさんあるのです。

「先生! ハンドブレーキが下りません。この車、壊れてます」
「解除する時はボタンを押しながらね」


私もやったーー!
私の初運転のときは・・・。

初めて座った運転席。
左肩の向こう辺りをまさぐって・・・
「ベルトがない!」

「うん、そっちだな」

運転席のシートベルトは、右側についてんの!?そこからでした(マジで)。

北海道の自動車学校の先生は優しかったです。
五島の先生もとっても優しいです。
アドバイスが名言ぞろいなんですよ。


通常の講習が終わっても仮免がとれない星野氏。
叱られたり励まされたりの日々。
やっとのことで免許を取ることができるんですが、星野氏は東京の都会で運転しなければいけません。

「朝練」と称して父親に助手席に座ってもらい、運転の練習。
だけど進路変更ができない。
他の車にクラクションを鳴らされまくり、全然行きたいほうへ行けない。

となりの父は、
「家に帰りたい」とぼそっとつぶやいている。

そんな星野氏は、疑問や悩みがあると五島へ電話していたそうです。

「いつまでも運転がうまくならず、『下手くそ』と言われ続けています」
こんな悩みを打ち明けたところ、先生の回答がすばらしい。


「運転を形容する言葉は二種しかありません。
それは「安全」と「危険」であって、「上手」「下手」ではない。

目指すべきは「安全な運転」であって、「上手な運転」ではない。
運転技術の向上などまったく目指さなくてよか。

「上手だけど危険」、これが一番いかん。
「下手でも安全」、これでよかとです」



これには私も勇気づけられます。
私も上手じゃないんです、運転。
一緒に乗ってる人や子供には、「ジェットコースターに乗ってるみたい」と言われます。

そんなに乱暴にしてるつもりないんですけど・・・。

ただ、事故はないんです。一度も。
ぶつけたりぶつけられたりもないです。

違反は、免許とってから18年、「シートベルト」と「一時停止無視」の2回。
それでもめっちゃ悔やんでますけどね。

「下手だけど安全」でいいんだと、ホッとします。


五島の先生は大切なことを言っていました。

「相手の立場に立って運転してください。
交通場面も人と人とのつきあいの場面です。

お互いにうまくやってゆかなければ、ぶつかり合うばかりです」



運転の基本と、人付き合いの基本。
同じだったんだと教えてもらえて、本当によかった。

免許を取る苦労がよく分かる。
そして、人間のあたたかさってどういうものかがよく出ています。
ごとう自動車学校に行きたかった!って思いますよ。
(現在も存在しています!「互譲精神」が素晴らしい)



島へ免許を取りに行く (集英社文庫) [ 星野博美 ]


この本、これから免許をとるという人にもおススメです。
車の運転をするすべての人は、運転の初心を思い出す必要がありますね。
凶器を動かしていることを自覚しなきゃね。




にほんブログ村

NEXT Entry
やりたくないけどやらなきゃいけない。
NEW Topics
読書をしないのもいいもんだ。
ありがとうございました!
中間点で会いましょう
やりたくないけどやらなきゃいけない。
車の運転が下手なんですけど、いい方法は?
Comment
No title
わたしが過去、助手席に乗車して一番恐ろしかった経験は、中国からの帰国子女の運転でした。
彼は煽り耐性がなかったのでのろのろ運転しているのに追い抜きをかけられると加速して追い抜きを阻止するなどクラクションを鳴らされることもざらでした。
早く自動運転の車が普及してほしいと思います。
自転車も免許制に
車を運転していて思うことは自転車の運転者の危なさ。自転車も車両ですからね、車道を走る時は日本では左側ですよ。平気な顔して逆走してきて、クラクションで注意するとにらみ返してきたり…。一時期、警察も自転車の信号無視や一旦停止、傘さし、ながら運転を罰金制で厳しく取り締まる動きを見せましたが、いつの間にやら世間の声におされ、また見て見ぬふりになってますもんね^^;
No title
それは「安全」と「危険」であって、「上手」「下手」ではない。

これは名言ですね。名言と呼ばれているものには、なぜか(笑)警戒の目を向けてしまう素直でない私ですが、これは一切の疑いの目抜きで、良い言葉だと思います。
基準って重要ですよね。ある基準で見たらこうだと悪く決めつけられてしまう事柄も、違った基準で見直してみると、とたんに印象が変わったりします。
Re: てかとさまへ
> わたしが過去、助手席に乗車して一番恐ろしかった経験は、中国からの帰国子女の運転でした。
> 彼は煽り耐性がなかったのでのろのろ運転しているのに追い抜きをかけられると加速して追い抜きを阻止するなどクラクションを鳴らされることもざらでした。
こわいって!
帰国子女の運転で右ハンドルの問題とかならわかるけど。
追い抜き阻止もそうとうな嫌がらせの部類じゃないかと・・・しない私にはそう見えますな・・・。
貴重な経験コメントありがとうございます。
自動運転のメリットは大きそうです。いっぺんに普及させる方法がよく分からないけど。

Re: 自転車も免許制に
aiupaさま、コメントありがとうございます。
そうそう、自転車の取締や罰則(中学生でも違反したら講習を受けないとダメとかもありますよね)が厳しくなった。
そうか、最近は見て見ぬふりですか・・・
運転してると、自転車がそばを走ってるの、「早く行ってくれ~」って想いますもん。
なにか起こったら100%車の運転車が悪いことになります。
その自覚はあるけど、自転車もね。そして歩行者だってそうなんですよね。
車道横切んなよ!って。
お互い様。み~んなお互い様で社会は成り立ってるんですね。
Re: 八咫烏(全力稼働中)さまへ
名言に警戒されるカラスさんも、これは名言だと想っていただけましたか♪
「ごとう自動車学校」は「互譲精神」をめちゃくちゃ大切にしているそうで、本では授業前に全員で互譲精神を暗誦していたそうです。
サイトを見たら、互譲精神の理念ものっています。
他の自動車学校のサイトもいくつか見たんですが、互譲精神を語っているところはひとつもありませんでした。
「安い!最短○日!」とか、「ハーレーに乗れます(二輪コース)」のゴージャスアピールとか、そんなのばかりですよ。
No title
こんばんは。
家族全員、車は運転しないし免許もない(おそらく今後も…)ので、「あるある」も、よく分からないんですが^^;
とにかく、あんな大きな鉄の塊を(目視出来ない部分も含めて)自在に動かす運転という技術に対して、すごいな~と思うばかり。
学生時代に乗っていた原付では、スピード違反、一旦停止違反、自動車と正面衝突、と…今振り返っても恥ずかしい、すみません、反省(汗)
免許証だけ身分証明用に持ち続けてますが、更新時に講習を受けるたびに、事故は怖いと震えます。
とにかく「安全」第一、これに尽きますね。

亜紀さん、実際運転していて18年間で違反2回だけ、って、すごいです、安全運転に拍手!

「互助精神」、じゃなくて「互譲精神」…これもすばらしいですね。
歩行者も自転車もバイクも自動車も、みんながこの精神で動いたら、きっと事故は減るはず。
人づきあいの基本としても大事なことを、記事にしてくださってありがとうございました。
Re: ナカリママさまへ
コメントありがとうございます。
大阪の両親は免許もってませんでした。妹もないかも。
大阪で運転する気になれません。きっと殺人犯になってしまいます。
北海道の教習所は近くに高速道路がなかったので、ゲーセンのみたいなシミュレーションで高速講習だったんですね。
猫死亡、子ども死亡でさんざんな結果でしたよ。
私は田舎道ばかり走ってるので事故の確率が低くてラッキーなんです。

互譲精神、もしかしたらごとう自動車学校独自のものかもしれません。
私が通っていたところも、ここまで安全に対して分かりやすく、人間関係とからめて教えていた記憶がありませんもん。
どこの学校もこれを教えてほしいくらいですよね~。
(^▽^)/
「下手でも安全」安心した(笑)。
私もそっちタイプ。
17年間ゴールド免許で違反したことないです。
ま、そんな長距離運転とかしないけど(笑)。
これからも下手でも安全運転がんばるぞ(*^^)v
No title
うちの奥さんは免許を取ってから三十数年経ってますがまるっきりのペーパードライバー。
原付バイクに乗るために普免の更新を続けています。
そんな人多いと思います。
うちの奥さんも含めてそんな人はもう乗らないほうがいいね。
凶器を動かしている。まさにそれです。
ドライバー全員がこれを自覚して欲しいです。
No title
馬場さん、こんばんは。
自動車教習所の先生が優しくて、名言ぞろい。そんな場所で免許が取れたら幸せですね(*^^*)
運転で大事なのは上手ではなく安全かどうか、本当にその通りだと思いました。
思いやり、譲り合いの精神を持ってお互い運転できれば、今問題になっている『あおり運転』による事故も減らすことができるでしょうね。いえ、アンガーマネジメント協会では今ロードレイジ撲滅キャンペーンをやっています!!(あ、もう終わっちゃったかな?!^^;)
Re: (^▽^)/
ふたごパンダさま、コメントありがとうございます。
17年間で違反ゼロ!!
これが一番すばらしいことです!!
違反も、罰金が高くなっちゃってね~、イヤやわ、あんな高額支払うの(苦笑)。
「ヘタ安全」
これをモットーでいきましょうね♪
Re: ミドリノマッキーさまへ
コメントありがとうございます。
身分証明のため、そして更新し続けないと一から学校通うはめになる。
そういう理由で使わないけど免許証もってるという人はかなりいらっしゃるでしょうね。
もつだけ、運転しない、と決めていればそれでなんの問題もないですしね。
ホント、車って凶器。
使い方で包丁も恐ろしい凶器になり、美味しい料理をつくる道具にもなり。
人ですね、ようは。
Re: Ichiさまへ
何時にこれをご覧になるかわからないので、「まいど~」♪
コメントありがとうございます。
運転したらやたらとイライラしてあおったりスピード出さずにはいられない人って、そういう性格なのか、運転してるときだけのものなのか、いまだに分からない謎です。
アンガーマネジメント協会のがんばりも腕の見せ所ですね!
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬場亜紀

Author:馬場亜紀
FC2ブログへようこそ!
本の中の心に刺さる一文をご紹介いたします。
看護師免許をもっていますが、今は保育の仕事をしています。自身の子育ても真っ最中。
くわしくは「自己紹介」をご覧いただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします☆

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。