吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 励ます言葉 › 人にはそれぞれに合った育ち方がある、阿久悠の言葉
2019-01-08 (Tue) 08:00

人にはそれぞれに合った育ち方がある、阿久悠の言葉

人生二毛作という生き方もある。
四十年単位で二度生きる。


   『君の唇に色あせぬ言葉を(阿久 悠:著)』より

君の唇に色あせぬ言葉を



偉大なる昭和の作詞家・阿久悠氏の言葉を集めた本です。
言葉の言い回しにうっとり・・・。

「ここにこの言葉を持ってくるんか!」と、どのページも感激。

その中で、今回ブログで取り上げたいと思った言葉が冒頭の、

人生二毛作という生き方もある。
四十年単位で二度生きる。


でした。


今の私は40代半ば。
思い返せば、「人生”焼畑農業”」だったような。

20代半ば、
大阪にいてなにをすればいいのか分からず、
たまにやってみたいと思ったこともかたっぱしから「無理」と頭から否定。

「遠くに行ったらどうにかなるかも!」と北海道に行き、農業のバイトをして。

その土地で結婚するも、姑と合わず

「もうええわ!一人でやりなおしたる!!」と離婚。


何度、信長ばりに焼き払ってきたことか。


めちゃくちゃやったかもしれない。
でも、
後悔はしていない。

その中でも焼け残った大切なものが、今の私の一部になってくれてると想える。


そうだ、ずっと前にゲッターズ飯田さんのブログで「いいな」と想った文章を書き写してたんだ。
ここに載せてみますね。


蒔いた瞬間に咲く花はなく
種を蒔いてもすべての種が芽が出るわけでもなく

でも

蒔かなければ咲くことも実ることもなく
先を想像して楽しみながら種を蒔ける人に幸運はやって来る

でも

種を蒔く時期もある
全てに旬があるように 人にもそれぞれ旬がある
占いは人の旬を教えてくれている
知って蒔けば
花は咲きやすくいい実も育つ



人の生き方や育ち方って、植物(作物)の育て方が一番似ていて、お手本にできるのかもしれない。

トマトも、ほとんど水も肥料もやらない農法で、ものすごく甘いトマトが生ったりするって言うしね。
厳しく育ててもらったほうがぐんぐん伸びるタイプの人もいるだろう。

バラや胡蝶蘭のように繊細で、温室だからこそ華やかに生きられる人もいるだろう。

その人その人の農法ってものがあるんだろう。
私は焼畑。



無限に時間があるとは想わないけど、
焦るほどせっぱつまっていないんだからと、自分を「ドウドウ」となだめて。
もう自分探しなんてしていません。
やりたいのは、自分耕し。


君の唇に色あせぬ言葉を


この本全体が、「昭和」の香り・ムードがただよっています。
ウチらが、
「うわ~、明治生まれ!?そんな大昔から生きてんの!」みたいに感じてたことを、

平成生まれの子たちに
「うわ~、昭和生まれ!?そんな大昔から生きてんの!」って想われる年頃になってきたんやなあ。

よく考えたら、私だって人生の大半は「平成」なんやけどww
それやのに、昭和のころをすごく覚えてるし、懐かしくて、良かったな~と思えることが多いです。


「金儲けは下手だけどあの人は立派な人です。という言葉がなくなったのはいつからかな」

こんな言葉を見ると、昭和って激動を経て、よくなった時代やったんちゃうかって思えます。


☆コメントありがたく読ませていただいてます。返信はブログ訪問してのコメントで、という形にさせてください。
いつも本当にありがとうございます☆

最終更新日 : 2019-01-08

No title * by てかと
人生は焼き討ちみたいなひともいるから大丈夫。
そのひとは天下とる直前に部下に寺囲まれて焼かれた。
人生いろいろあっていいです。
俺は結婚の経験がないから離婚ができない。
その点、プラスの経験だと思えば勝てる気がしない。

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
私40歳だからもうひと頑張りできるかな(笑)。
何にがんばればいいかわからないけど(*`艸´)ウシシシ
昭和生まれでもうおばさんって言われる年齢だけど
私は昭和が大好きだなぁ(*´▽`*)
亜紀さんは自分のやってきたこと
後悔していないと言い切れるところが
かっこいいな(*^^)v

管理人のみ閲覧できます * by -

こんにちは * by エリアンダー
好きな句があります、
「降る雪や 明治は遠く なりにけり」
この句、「明治」を「昭和」に変えてもまったく違和感がないですね。
「降る雪や 昭和は遠く なりにけり」
ちょっとじーんと来ます。
阿久悠、けっこう名言を残しています。
「若者はほっといても若者だが大人は努力なしでは大人になれない」
昭和の歌の歌詞はドキッとするような名フレーズのが多かった。
<私を許さないで 憎んでも覚えてて・・・>とかね。(笑)

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

人生は焼き討ちみたいなひともいるから大丈夫。
そのひとは天下とる直前に部下に寺囲まれて焼かれた。
人生いろいろあっていいです。
俺は結婚の経験がないから離婚ができない。
その点、プラスの経験だと思えば勝てる気がしない。
2019-01-08-11:49てかと [ 返信 * 編集 ]

こんばんは♪

私40歳だからもうひと頑張りできるかな(笑)。
何にがんばればいいかわからないけど(*`艸´)ウシシシ
昭和生まれでもうおばさんって言われる年齢だけど
私は昭和が大好きだなぁ(*´▽`*)
亜紀さんは自分のやってきたこと
後悔していないと言い切れるところが
かっこいいな(*^^)v
2019-01-08-20:31ふたごパンダ [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-01-08-21:47  [ 返信 * 編集 ]

こんにちは

好きな句があります、
「降る雪や 明治は遠く なりにけり」
この句、「明治」を「昭和」に変えてもまったく違和感がないですね。
「降る雪や 昭和は遠く なりにけり」
ちょっとじーんと来ます。
阿久悠、けっこう名言を残しています。
「若者はほっといても若者だが大人は努力なしでは大人になれない」
昭和の歌の歌詞はドキッとするような名フレーズのが多かった。
<私を許さないで 憎んでも覚えてて・・・>とかね。(笑)
2019-01-09-12:53 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]