吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 読書日記 › 死ぬってなんだろう、『跡を消す』
2019-01-31 (Thu) 08:00

死ぬってなんだろう、『跡を消す』



今回は、現役看護師のデビュー作『跡を消す(前川ほまれ:著)』という小説を紹介します。


特殊清掃会社「デッド・モーニング」に入社した青年が、社長とともに前進していく姿を描いたもの。

特殊清掃。
重労働の掃除会社ではありません。
わけありの死に方をした人の遺体・遺品を片付ける会社なのです。

人が亡くなって数日・数ヶ月たつと、「腐敗」が進み、
「溶ける」。

その溶けて染み込んだ床には死者の影が・・・。

ぞわぞわ~っとしてきます。
読んでいる途中、「うっ・・・」となってくる描写も。

看護師さんなら、死にゆく人は見るでしょうけど、死んで数日後なんて見ることないでしょうに。
綿密に調べたんだろうと想像できます。

なにより著者の、死に対する姿勢というものが好ましく感じました。

怖れるもの・汚らしいものではない。
作中には、青年がハエ・蛆だらけの部屋で遺品片付けを吐き気をこらえて処理しているんですが、その様子を見た女性が、


「アンタにとっては汚いゴミでしかないかもしれないけど!これはここで生活していた人が生きてる間使っていたものなんだよ!!
それに対してその態度はないんじゃない!?」



こんなことを言う場面があるんですね。

ぐっときました。

生きてる人と死んだ人。
その壁、みたいなものって、どんななんだろうって。

ブロ友さんが紹介していらっしゃる動画で、魅入ってしまうものがありました。
  ↓↓↓↓
死にゆく単細胞生物
1分53秒の動画です。最後は、「え?え?」と不思議な感情に襲われてしまいました。

ゾウリムシなどの単細胞生物って、死なない、と考えられていたそうです。
彼らは分裂していくから。

研究が進み、分裂できない環境を作ることで、彼らにも老化・寿命というものがあることがわかってきたそうです。
単細胞生物の寿命は、私たちの生きる時間感覚とは別モノ。

分裂回数によって寿命が決まっているそうです。
個体によって、生涯の分裂が150回なのか300回なのか、もっと多いのか。
サイクル期間も2ヶ月なのか4年なのか20年なのか、そのあたりはまだ謎のようです。
(私の拙い理解ではそんな感じです。興味をもたれたかた、ぜひお調べください。そして教えてください笑)

この動画のゾウリムシ、なんとはかない最期なのか。
流れでていくものたちを、両手で掬い取ってそのまませき止めていたくなる。

人の最期も、最期になって、あわててせき止めていたくなる。



跡を消す 特殊清掃専門会社デッドモーニング (一般書 210) [ 前川 ほまれ ]


まったく小説の内容と関係ない感想になってしまいました。
ストーリーもさることながら、前向きに「死」を考えました。
死ぬことを考えると、結局、どう善く生きようかということにたどり着いてしまいますね。
読後感がいいので、こういう風に感じることができたと思います。

最終更新日 : 2019-02-06

こんにちは * by エリアンダー
姉妹愛、家族愛を扱った映画「サンシャイン・クリーニング」が
ありました。その姉妹の仕事が特殊清掃業でした。
仕事の内容にはあまり触れられてなかった気がします。
私の友人談ですが、医学生のとき解剖の実習がありました。
教授は手袋をはめて解剖をすることを許してくれませんでした。
実習の初めに男女二人の学生が失神するほどの強烈な体験だったとか。
遺体への敬意・感謝の気持ちをもつと、時間とともに慣れて
平静に遺体に向き合えるようになっていったそうです。
消えていくゾウリムシにもなんだか生命の尊厳を感じて胸打たれます。

特殊清掃 * by ナカリママ
このお仕事に近い葬儀屋さんのお話を、昔、読んだことがあります。
記事を読みながら、過去の記憶がいろいろ蘇りました。

肉体は、死後、「溶ける」んですよね。
まだ若い頃に、
友人から、亡くなった父親の話を聞いたことがあるのですが、
死後数日たってからの発見だったので、
腐敗臭がずっと忘れられない、と、
泣きながら語ってくれた彼女の姿が、
私もずっと忘れられません。

私の母は、自分が死んだら献体して人工弁やペースメーカーを見てもらう、
と、昔から機会あるごとに言っていましたが、
実行に移せないまま、遺体にメスを入れることなく火葬場まで送りました。

生と死をめぐる問題を考え始めると、
胸がいっぱいになりますね。
エリアンダーさんの
「消えていくゾウリムシ」に胸打たれる、
というお気持ちに、私も胸打たれました。

実は明日、ウサギのあきちゃん(オスなんですが)をお迎えします。
ウサギは人間よりもずっと短い寿命なので、
ショップの方から、
「最後まで看取れることをお願いしている、
なので、主に飼育する人に何かあった時、
あと誰がどうお世話するか、も考えて欲しい」
とお話しされて、身が引き締まりました。
命を預かる前の日に、この記事を読めてよかったです、ありがとうございました。

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
死って自分のことになると
めっちゃ遠い物のように感じますよね。
でも人はいつ死ぬかわからないから
毎日を楽しく生きられたらいいなぁ(*´▽`*)

No title * by てかと
ひとはその命に限りがある生き物。
俺たちはその限りある命を無駄に使っていることが最高の愉悦に感じる不思議な生き物ですねw
見なくてもいいテレビ番組みてるときとか、たばこ吸ってただ煙みてぼーってしてるときとか、最高に落ち着く、楽しいってひとはまさにこれ。
晩年になってから、あー、これやっとけばよかったなー、とかいうことがないようにしたいもんです。
そもそもそういう人たちは明日死んでも変わらないけどw

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by ミドリノマッキー
今は冬。
布団に入ると丸まってしまいますが、しばらく経つと体温で暖まる。
でもね、最近よく思うんです。死んだらこれ暖まらないんだと。
そんな話ここまで。限りなく怖くなります(^^♪


Comment-close▲

Comment







非公開コメント

こんにちは

姉妹愛、家族愛を扱った映画「サンシャイン・クリーニング」が
ありました。その姉妹の仕事が特殊清掃業でした。
仕事の内容にはあまり触れられてなかった気がします。
私の友人談ですが、医学生のとき解剖の実習がありました。
教授は手袋をはめて解剖をすることを許してくれませんでした。
実習の初めに男女二人の学生が失神するほどの強烈な体験だったとか。
遺体への敬意・感謝の気持ちをもつと、時間とともに慣れて
平静に遺体に向き合えるようになっていったそうです。
消えていくゾウリムシにもなんだか生命の尊厳を感じて胸打たれます。
2019-01-31-12:23 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]

特殊清掃

このお仕事に近い葬儀屋さんのお話を、昔、読んだことがあります。
記事を読みながら、過去の記憶がいろいろ蘇りました。

肉体は、死後、「溶ける」んですよね。
まだ若い頃に、
友人から、亡くなった父親の話を聞いたことがあるのですが、
死後数日たってからの発見だったので、
腐敗臭がずっと忘れられない、と、
泣きながら語ってくれた彼女の姿が、
私もずっと忘れられません。

私の母は、自分が死んだら献体して人工弁やペースメーカーを見てもらう、
と、昔から機会あるごとに言っていましたが、
実行に移せないまま、遺体にメスを入れることなく火葬場まで送りました。

生と死をめぐる問題を考え始めると、
胸がいっぱいになりますね。
エリアンダーさんの
「消えていくゾウリムシ」に胸打たれる、
というお気持ちに、私も胸打たれました。

実は明日、ウサギのあきちゃん(オスなんですが)をお迎えします。
ウサギは人間よりもずっと短い寿命なので、
ショップの方から、
「最後まで看取れることをお願いしている、
なので、主に飼育する人に何かあった時、
あと誰がどうお世話するか、も考えて欲しい」
とお話しされて、身が引き締まりました。
命を預かる前の日に、この記事を読めてよかったです、ありがとうございました。
2019-01-31-20:50ナカリママ [ 返信 * 編集 ]

こんばんは♪

死って自分のことになると
めっちゃ遠い物のように感じますよね。
でも人はいつ死ぬかわからないから
毎日を楽しく生きられたらいいなぁ(*´▽`*)
2019-01-31-21:02ふたごパンダ [ 返信 * 編集 ]

No title

ひとはその命に限りがある生き物。
俺たちはその限りある命を無駄に使っていることが最高の愉悦に感じる不思議な生き物ですねw
見なくてもいいテレビ番組みてるときとか、たばこ吸ってただ煙みてぼーってしてるときとか、最高に落ち着く、楽しいってひとはまさにこれ。
晩年になってから、あー、これやっとけばよかったなー、とかいうことがないようにしたいもんです。
そもそもそういう人たちは明日死んでも変わらないけどw
2019-02-01-09:30てかと [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-02-01-17:12  [ 返信 * 編集 ]

No title

今は冬。
布団に入ると丸まってしまいますが、しばらく経つと体温で暖まる。
でもね、最近よく思うんです。死んだらこれ暖まらないんだと。
そんな話ここまで。限りなく怖くなります(^^♪

2019-02-01-20:09ミドリノマッキー [ 返信 * 編集 ]