吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 読書日記 › ぢぢいとばばあへの思いやり、「元気で長生きするコツさせるコツ」
2019-02-27 (Wed) 20:00

ぢぢいとばばあへの思いやり、「元気で長生きするコツさせるコツ」

一度読んだら忘れがたい詩を、あなたに贈ります。

「くずの花」  田中冬二

ぢぢいとばばあが
だまって湯にはいっている
山の湯のくずの花
山の湯のくずの花

  (『二度寝で番茶(木皿泉:著)』より引用しました)




この詩は、長年連れ添った夫婦が温泉に浸かっている風情を味わうものらしいです。
が・・・
私には、

ぢぢいとばばあ

これが気になって気になって、味わうどころじゃありません。
「楢山節考」級の圧を感じています。

言えないじゃないですか。
「ぢぢい、ばばあ」って。

現代日本で、公共の電波で堂々と言える人が一人いらっしゃいますね。
毒蝮三太夫さん。

毒蝮さんの著書、『元気で長生きするコツさせるコツ』を読みました。



ウルトラマンの「アラシ隊員」として覚えています。
今はラジオ番組をメインに芸能活動をされています。
もう80歳なんですって。

それでもすごいですよ、

「クタバリぞこないのババア!」
「きたねえ、ジジイだな!」
って言ってますから。

先日ユーチューブで観た動画では、
洪水で家財一切合財流された人たちに、

「お金も全部流されちゃったの?
それとも、元々なかったの?」って言ってました。

でも、言われたみなさん大爆笑してるんですよね。


毒蝮さんの話芸が一級品ということはもちろんなんですが、
根底にある、「心」が、
相手の人たちに届いているからこそ、笑いになるんだなあとわかりました。



よく「毒舌」って言われる。
しかし、それは違うんだ。

俺は、あたり前のことをあたり前に、見たままを素直にそのまま表現してるだけなんだ。
(「それもどうよ?」と思う私がいます笑)
こういうものの言い方は、江戸ッ子の諧謔精神というか、
下町の職人の世界で受け継がれてきたものなんだ。

諧謔の精神の根底にあるのは、
人に対する思いやりとか、やさしさ、理解の深さなんだ。
それが通じないはずはない。



きっちり伝える技術をもってすれば、
「じじい!ばばあ!」も相手が喜んでしまうんですね。

芸能人に話しかけられたから舞いあがってる・・・・
だけでは、何十年もファンから支持されないでしょうしね。

見えないけれども、
心、思いやり、やさしさは、伝えることができる。
あきらめずにいたいです。


毒蝮さんのやさしさが見える言葉をいくつか紹介しますね。


長寿というのは、文字どおり、コトホイデながく生きることだ。
生きていてよかった、という毎日を過ごすべきだ。


周囲が年寄りを引き立てることだ。
言いかえれば、年寄りを積極的に働かそう、コキ使おうとすることだ。


とにかく、ボーッとして生きていたんじゃ、いい年寄りにはなれないんだ。
人生に飽きずに、楽しく生きていこうってものを、
その人自身が持っていないとね。


まずは自分にも優しくしてくださいよ。
自分が風邪ひいたりなんかして、健康じゃないと、
人を幸せにできないよ。




高齢者が読んでも、若者が読んでも、
「善い年寄り」になれるヒントがたくさん載っています。

だからといって、実際に
「じじい、ばばあ!」と口にすることはきっとないだろうけど。

文化の下地がない私には出来そうにない芸やなあ。



お客さんは言われっぱなしじゃないですよ。
100歳のおばあちゃん、

「俺のこと知ってるかい」と聞いたら、
「アブラムシさんだろう」って。


長生きするなら、お茶目なばばあを目指したいです。




**********************

やさしい気持ちになれる本はない?
今日こんなことがあって、励ましてくれる言葉がほしい!

そんなリクエストを募集中です。
ぜひ、コメント欄へ*˙︶˙*)ノ"
お待ちしています!




最終更新日 : 2019-02-27

* by ナカリママ
訪問者リストを見て慌てて来たので、
もしかしたら、今同時並行で訪問し合っているかも、と、
ちょっとワクワクしながら、コメント一番乗りになれるかなあ?
などと思っています。
咸臨丸の本も興味深かったですし、
毒蝮さんの本があるなんて、これもまたビックリ!

上手に年をとりたいなあと思うこの頃、
お茶目なばばあ、と言えば、「その女、ジルバ」が、
朝日新聞の手塚治虫賞にノミネートされてましたね!
今、電子図書で読んでいる「フラジャイル」もノミネート。
う~~ん、有力候補は他にもあるみたいですが、
このどっちかだったら嬉しいなあ。

記事から離れてすみません。
ぢぢいとばばあ、と言うと、ちょっとキツイ気もしますが、
じいじとばあば、という表現が好きです。
柔らかで、思慮深い、控えめな、ばあばになりたいなあ~~
うまーく、この世からフェードアウトできたらいいな~~
なんて思うこの頃です。
(あ、もちろん、まだまだしばらくは、
周囲のためにも元気でがんばらなくちゃ、と思ってますよ)

亜紀さん、きっと、お茶目なばあばになられるんじゃないかしら?
今日も素敵な記事をありがとうございました。




こんばんは♪ * by ふたごパンダ
あはは。
田舎の祖父母のこと家で
じじいとばばあって呼ぶことあるな~(*`艸´)ウシシシ
いや、愛情込めてですよ?たぶん(笑)。
さすがに本人たちを前には言えません(笑)。

* by エリアンダー
知人は孫たちに、じいじ、ばあばと呼ばせていますが、
孫たちはふとした時に間違えてばばあ、じじいと言って
しまいます。
知人は陰でじじい、ばばあと呼ばれているんじゃないかと
疑心暗鬼になっています。(笑)
確かに毒蝮氏が「じじい、まだくたばってねーのか」とか言っても
許されるんです、人徳です。でも彼は誰にでもじじいという訳ではなく
対象を選んでいっているそうです。
この前は私のリクエストに応えてもらいありがとう。
また何かをリクエストしますのでよろしく。

* by てかと
自称おっさんを自称じじいに変える年齢制限とかあるんだろうか、
とわりと真剣に考えながら読んでましたw
毒蝮三太夫さんのトークが抜きんでて優れているから80になっても、
仕事があるんでしょう。
つまり、年齢を重ねても若者に引けを取らないことはある。
そういうことを磨いていければ人生無駄がないんでしょうなぁ。
俺たちブロガーは文章でひきつければそれでいい。
その技を生涯磨けば、いつしか、じじい、ばばあとか文章に登場しても問題なくなるんでは。
まず自分のことをじじい、と呼べるところからはじめましょう、とw
まだおっさんでいいな、ともw

* by 八咫烏(全力稼働中)
多分、個人的にはそういう「決まり」みたいなものができていると思うのですよね。
要は「お約束事」だと思っています。
素の部分は決して、あななたいを馬鹿にしていませんよ。ってところがちゃんとあるとアピールしているから、表面的な言葉は汚くても「芸」として通じるのだと思います。

困ったことは、その根元の部分を見ずに、ただ表面的な言動だけをまねしてうけると思っている輩がたまにいることなんですよね。催眠術ではありませんが、「ラポール」の関係にあるからこその、通じ合いです。多分、そういうお約束事なく、いきなり言われたら誰でもムッとするはずですので。

余談ですが、私はあんまり人づきあいしないタイプなので、この「ラポール」を築かないことが多いです。なので、この毒舌な方は否定はしませんが、仲良くはできないですね~。

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

訪問者リストを見て慌てて来たので、
もしかしたら、今同時並行で訪問し合っているかも、と、
ちょっとワクワクしながら、コメント一番乗りになれるかなあ?
などと思っています。
咸臨丸の本も興味深かったですし、
毒蝮さんの本があるなんて、これもまたビックリ!

上手に年をとりたいなあと思うこの頃、
お茶目なばばあ、と言えば、「その女、ジルバ」が、
朝日新聞の手塚治虫賞にノミネートされてましたね!
今、電子図書で読んでいる「フラジャイル」もノミネート。
う~~ん、有力候補は他にもあるみたいですが、
このどっちかだったら嬉しいなあ。

記事から離れてすみません。
ぢぢいとばばあ、と言うと、ちょっとキツイ気もしますが、
じいじとばあば、という表現が好きです。
柔らかで、思慮深い、控えめな、ばあばになりたいなあ~~
うまーく、この世からフェードアウトできたらいいな~~
なんて思うこの頃です。
(あ、もちろん、まだまだしばらくは、
周囲のためにも元気でがんばらなくちゃ、と思ってますよ)

亜紀さん、きっと、お茶目なばあばになられるんじゃないかしら?
今日も素敵な記事をありがとうございました。



2019-02-27-20:16ナカリママ [ 返信 * 編集 ]

こんばんは♪

あはは。
田舎の祖父母のこと家で
じじいとばばあって呼ぶことあるな~(*`艸´)ウシシシ
いや、愛情込めてですよ?たぶん(笑)。
さすがに本人たちを前には言えません(笑)。
2019-02-27-21:34ふたごパンダ [ 返信 * 編集 ]

知人は孫たちに、じいじ、ばあばと呼ばせていますが、
孫たちはふとした時に間違えてばばあ、じじいと言って
しまいます。
知人は陰でじじい、ばばあと呼ばれているんじゃないかと
疑心暗鬼になっています。(笑)
確かに毒蝮氏が「じじい、まだくたばってねーのか」とか言っても
許されるんです、人徳です。でも彼は誰にでもじじいという訳ではなく
対象を選んでいっているそうです。
この前は私のリクエストに応えてもらいありがとう。
また何かをリクエストしますのでよろしく。
2019-02-27-23:19 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]

自称おっさんを自称じじいに変える年齢制限とかあるんだろうか、
とわりと真剣に考えながら読んでましたw
毒蝮三太夫さんのトークが抜きんでて優れているから80になっても、
仕事があるんでしょう。
つまり、年齢を重ねても若者に引けを取らないことはある。
そういうことを磨いていければ人生無駄がないんでしょうなぁ。
俺たちブロガーは文章でひきつければそれでいい。
その技を生涯磨けば、いつしか、じじい、ばばあとか文章に登場しても問題なくなるんでは。
まず自分のことをじじい、と呼べるところからはじめましょう、とw
まだおっさんでいいな、ともw
2019-02-28-09:04てかと [ 返信 * 編集 ]

多分、個人的にはそういう「決まり」みたいなものができていると思うのですよね。
要は「お約束事」だと思っています。
素の部分は決して、あななたいを馬鹿にしていませんよ。ってところがちゃんとあるとアピールしているから、表面的な言葉は汚くても「芸」として通じるのだと思います。

困ったことは、その根元の部分を見ずに、ただ表面的な言動だけをまねしてうけると思っている輩がたまにいることなんですよね。催眠術ではありませんが、「ラポール」の関係にあるからこその、通じ合いです。多分、そういうお約束事なく、いきなり言われたら誰でもムッとするはずですので。

余談ですが、私はあんまり人づきあいしないタイプなので、この「ラポール」を築かないことが多いです。なので、この毒舌な方は否定はしませんが、仲良くはできないですね~。
2019-02-28-10:49 八咫烏(全力稼働中) [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-02-28-20:02  [ 返信 * 編集 ]