タイトル画像

美しい人たちがいます、「あなたはそのままで愛されている」

2019.02.02(08:00) 712

小さな思いやりの積み重ねが、美しい人と世界をつくる。
疲れ切り、無表情だった人と、思いやりの心が、一瞬でやさしく美しい笑顔に変える。



『あなたはそのままで愛されている(渡辺和子:著)』です。

あなたはそのままで愛されている [ 渡辺和子(修道者) ]


『置かれた場所で咲きなさい』で大ベストセラーになった、シスター・渡辺和子さんの、没後見つかった未刊行の原稿や言葉を再編して出版された一冊です。


小さな思いやりの・・・の言葉は、「人を美しくするもの」の項で書かれていたものです。
最近、私もこれと同じようなことに遭遇したので、それを書かせてください。


先日大阪に帰省し、北海道に帰る日のことでした。
南海なんば駅から、関西空港駅まで急行に乗って行きます。

なんば駅が始発ですので、座って出発することができました。
駅に停車するごとに乗客が増えて、車内は混雑しています。

するとある駅で、右足にギプスをはめ、松葉杖をついた男性が向かいのドアから乗ってきました。

男性が乗ってきたドアの右側に座っていた初老の男性が、
「ここ、どうぞ」とすっと立ち上がります。

それとほぼ同時に、
ドアの左側に座っていた男子高校生もそ~っと立ち上がりました。

松葉杖の男性は両側を見比べて、
「じゃあ、若い人に譲ってもらおかな」と言って、空いた座席に座りました。


何駅か過ぎ、松葉杖の男性が降りる駅に着いたようです。
立ち上がった松葉杖の男性は、席を譲った男子高校生に、

「ありがとな。助かったわ」と声をかけて、降りていきました。


このとき、松葉杖の男性の爽やかさがぐいっとアップしました。
(すみません、「冬ごもり明けの熊みたい」と思っていました)

お礼を言われた男子高校生は恥ずかしそうにうつむいて、少し微笑んでいました。

この男子高校生、座っているときからずっとスマホに目を向けたままだったんです。
だけど、恥ずかしそうにしてる姿がとても初々しくて、かわいくて。

いいもの見れたなあとじんわり嬉しさをかみしめていましたら。

私の前に、座席を探している様子の老夫婦が。

お譲りしました、まあ、当たり前ですけど。



その老夫婦も降りる際、私の前に立ち、
「ありがとうございました」と深々と頭を下げられて。

第一印象から静かで穏やかな上品さがあるご夫婦だと思いましたが、
お礼を言われたそのお姿、仏さまに近かったです。


お礼をさらりと言える人たちが美しい。
当然だと思う良識が、あの男子高校生にあったことも美しい。

私は、「あ、いえ、ども・・・」とオタオタしていたので、かっこ悪かったでしょう。
座席を譲ることってあるけど、だいたい、離れた場所に移動していたんで、お礼を言われたのは初めてだったんですよー。
このときは網棚にリュックとかを載せていたんで、移動したくてもできなかった。
なので慣れておらずにオタオタ(笑)


都会って、他人に思いやりを示す機会が多いんじゃないでしょうか。
北海道で暮らしていると、まず移動が自家用車。
「道中」に誰かと会うということがまずありません。


思いやりの心が、一瞬でやさしく美しい笑顔に変える。

まさしく。


あなたはそのままで愛されている [ 渡辺和子(修道者) ]




吉報配達ブログ


励ます言葉 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<<自分を褒めることが苦手な人へ向けて書いていく、「タナウラ」 | ホームへ | 死ぬってなんだろう、『跡を消す』>>
コメント
 こんにちは。
 席を譲ることができるところが素敵なところだということはもちろん大事なことで、道徳の時間などにも、扱うところです。そこだけでなくて、降りるときに、席を譲ってくれた人に対して、お礼をさらりと言える美しさを述べている馬場さんの言葉に、そうだよな、そこもすごく大事なところだよなと、思いました。
 数年前に、卒業文集を作るときに、保護者のかたに原稿を書いてもらったことがあります。私は、以前、渡辺和子さんの「置かれた場所で咲きなさい」を読んで、「ひとりごと」にそのことをちょっと書いて、学級通信に載せたことがあったのですが、「置かれた場所で咲きなさい」という言葉に影響されて、がんばってきましたという内容の原稿を書いてくださった保護者のかたがいました。
「あなたはそのままで愛されている」もぜひ読んでみたいと思います。
【2019/02/02 14:03】 | かがやき #- | [edit]
恩着せがましくなくスマートに行動できる人が
素敵ですよね。
私も常々思いやりだけは忘れたくない
大事にしたいと思っています。
思いやりを忘れるような人になったら
自分を殴ると思うな(* ´艸`)クスクス
【2019/02/02 19:59】 | ふたごパンダ #- | [edit]
「置かれた場所で咲きなさい」タイトルが印象的で、読んでないですが
記憶に残っています。
そういえば私も学生時代は席を譲るのは勇気が要りました。
馬場さんのように譲るとちょっと離れた場所に移動したりして。
本屋やレストランのレジで「ありがとう」とか「〇〇はおいしかった」とか
言葉をかけると次に行ったときのサービスが違うような気がします。←いじましい。
実際に私の友人はレストランで食事中に、ウエイトレスを呼んで
「とてもおいしいとシェフに伝えて」と言って、何度か小皿のサービスを
受けています。(笑)
【2019/02/03 11:26】 | エリアンダー #- | [edit]
仏さまに近かったですか。
自分もそんな風に年を取りたいものです。
まだ仏さまにはなりたくありませんが。
【2019/02/03 21:05】 | ミドリノマッキー #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2019/02/03 21:08】 | # | [edit]
はじめまして。私は下記の「幹細胞コスメ百科」というサイトを運営している岸本と申します。

https://www.mccartdesigns.com/

何度か貴方様のブログを拝見させていただいております。

この度、当ブログの認知度向上のため、一部の人気ブログに広告のお願いをさせていただいおります。

もし可能でしたら貴方様のブログで当サイトの宣伝していただくことはできませんでしょうか?もちろん、広告費の方はお支払いさせていただきます。

広告費や方法など詳しい内容はお返事いただいた際にご連絡させていただければと思います。

なお、お返事は下記のメールアドレスにお願いいたします。

ginchan634@yahoo.co.jp

以上、ご検討よろしくお願いいたします。
【2019/02/08 17:58】 | キシモト #/EliecKQ | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する