吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 励ます言葉 › ずっと上機嫌でいてはいけない、「わたしを超えて」
2019-03-18 (Mon) 06:00

ずっと上機嫌でいてはいけない、「わたしを超えて」

じつは上機嫌も上機嫌で滞っていてはいけない。

『わたしを超えて いのちの往復書簡』

お坊さんであり作家である玄侑宗久氏と、
エッセイストで癌体験者である岸本葉子氏の手紙だけの書籍です。



岸本氏の入院時の体験や、養生について書かれた手紙内容から、
ユング心理学、量子論、はては五輪書まで飛び出してくる、
贅沢で上質な内容に大満足の一冊です。


どこをとっても良いんですが、とてもおもしろいと感じたのが次のことです。


日常の生活では、私はとにかく「上機嫌」をお勧めしています。
上機嫌であることは、すなわち一瞬にして理知を超え、
世界ぜんたいを抱きしめる方法だからです。




玄侑氏の言葉なんです。
これは理解できますよね。
世界中の人がご機嫌で暮らす地球。
素晴らしい、パラダイスのようではないですか。

しかし、あとの手紙でこう書かれています。


じつは上機嫌も上機嫌で滞ってはいけない。
笑顔も滞ってはいけないんですね。
禅ではその一瞬に止まらない態度を、「驀直去(まくじきに去る)」などと申します。




ずっと上機嫌や笑顔がダメ。

意外すぎて「えっ!?」ってなりました。
ずっと笑顔のお母さん、目指してるけどぜんぜん出来ない~、
と想ってる私には吉報ですが。


禅だけじゃなく、般若心経の「色即是空」もこのことを表しているのです。
一瞬一瞬が滞らずに変わっている、つまり、「空(くう)」




上機嫌や笑顔に固執している心の状態は、
けして健全ではないんだと。

意外でした。

不機嫌とか、自分の意見は絶対に正しいんだ!というものが、
固執、に当てはまるのかと想っていました。

すべてが、滞らせない、留まらせない。

ずっと同じ状態でいるのが必ずしもいいわけじゃない・・・
ああ、
上機嫌も、行き過ぎれば「躁病」と言われるんですもんね。

ゆるやかにただよう、
流されずに、意思で流れていく。

いつもいつも笑っていられなくても、ガッカリしないでいよう。
そんな時もあるさ。

だけども、息子たちを叱った後にいつまでも不機嫌なのは私のほう。
息子があらためて、
「さっきはごめんなさい」と言ってきてくれたりするんです。
「もう怒ってへんよ」と、ギュウッとしてあげられる時もあるけど。

「うん・・・」と表情は変わらぬままって時もあります。
「まだ怒ってるわ」とさ~っと遠ざかる息子たち。

子供のほうが大人やわ。


不機嫌が長引いていないか?
これだけ気をつけよう、と心に誓って(また繰り返しても再チャレンジするぞ)。


わたしを超えて―いのちの往復書簡







**********************

凹んだ気持ちをどうにかしたい、ぴったりの本は?
気力が出るようなことばがほしい!

などなど、本や言葉に関してのリクエスト募集中です。
すぐに見つけられないかもしれませんが、誠心誠意、探します。
ぜひコメント欄にお書きください、お待ちしています☆


最終更新日 : 2019-03-18

* by てかと
仕事をやるときは上機嫌でやれ、って尊い教えがあります。
遊んでるときの指南がないのでここは無自覚で上機嫌なのでしょうw
いつも上機嫌なひとっていないんじゃないんですか。
よーし飯つくるかー、とか、買い出しいくかー、みたいなときは、
テンション普通というかw
ほら、みなさんも色即是空できてますよ、大丈夫!

Re: てかとさんへ * by 馬場亜紀
> 仕事をやるときは上機嫌でやれ、って尊い教えがあります。
> 遊んでるときの指南がないのでここは無自覚で上機嫌なのでしょうw
> いつも上機嫌なひとっていないんじゃないんですか。
> よーし飯つくるかー、とか、買い出しいくかー、みたいなときは、
> テンション普通というかw
> ほら、みなさんも色即是空できてますよ、大丈夫!

このコメント全体が上機嫌のオーラがありますね♪
母という仕事は、「いつも上機嫌」を求められてるように感じてしまうんですよ。
玄侑氏が、「色即是空は正しいけど、空即是色は間違いだ」と、お坊さんとの対談で言ってました。これもまた面白いですよね。

こんばんは♪ * by ふたごパンダ
上機嫌が世界ぜんたいを抱きしめる方法だって言葉が
素敵だなって思いました(*´▽`*)

私もいつも笑顔でいたいって思うけど
そんなん無理(笑)。
機嫌悪いときめっちゃありますよ(´∀`*)ウフフ
それが普通の人間だと思うなぁ。
態度悪かったりしたらまた別のとこで挽回して
あの時はごめんねって気持ちがあったら
それでOKだと思います!

Re: ふたごパンダさまへ * by 馬場亜紀
こんばんは~。
別のところで挽回して、あの時はごめんねって気持ちがあれば
いいですね!
そっか、挽回すればいい。
それもまたいい言葉ですよ~。
上機嫌が世界ぜんたいを抱きしめる方法
玄侑さんの表現力、私はかなり好きなんです♪ユーモアもあるし。
しかし、レベルが高度すぎて、書評が書けないのが悩みです(涙)

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ナカリママ
私は鬱病の薬を飲んでるんですが、
友人が、躁鬱病だと言うんで、迷ってます。
躁状態の自覚はあるけど、病気かというと、
自分では問題を感じないから難しい。
このお話から考えたら、むしろ躁鬱の波があってもいい気になりました^_^
コメント返信出来てないのに、楽しくなってコメントしてます。
これ、躁状態かなあ?
いつもステキなコメントに感謝です。
もちろん記事も!
大事なことは…の本、注文して到着待ちです❣️
日曜日帰り帰省なので、間に合えば持って行きますねー。
いつもありがとうございます😊

* by ミドリノマッキー
般若心経では「この世に存在するすべてのものは、何一つ固定的なものはない」としています。
そして変化することが「空(くう)」であるとも。
つまり、一つの事象がいつまでも続くことはない。むしろ続くことが不自然であると読めます。
玄侑氏の言う「上機嫌で滞ってはいけない」というのもここなんでしょう。
でも、いつも上機嫌でありたいというのも自然な気持ちですけどね。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by エリアンダー
上機嫌で滞ってはいけない・・・て難しいですね。
まあでも放っておいても上機嫌と不機嫌は交代で現れる。
自然体でいればよろしいってことか。
岸本葉子の著作は読んだことがないです。
タイトルをずら~っと眺めると、生き方や旅関連が多いです。
往復書簡っていうと「ブラームスとクララの往復書簡集」があって、
どうしても欲しい。廃刊本なので古本でも、高い、高い。
3万円でボロボロで今にも崩れそうな本が送られてきました。
でね、大笑い、マーフィーの法則なんですよ、これが。
買った直後に復刻されて今、4850円で発売中です。(笑)

Re: ナカリママさまへ * by 馬場亜紀
春ならば大多数の人が躁状態であると想います(笑)
ご友人が、ナカリママさまの症状を「躁うつ病」だとおっしゃってるんですね?
う~ん・・・見分けられるのは専門医の仕事ですが。
私の知ってる限りでは、うつ病でちゃんと通院・服薬を続けておられる人って、限りなく健康な人とそっくりです。笑うこともウキウキすることもある。休みの日は趣味のことをやったり。
ただ、なんらかのキーワードとかで落ち込みやすいところはあるけれども。それだけかなあと。
躁の状態って、何日も眠らず、思いついたら友だちに電話!突撃訪問!とかやっちゃうくらいだといいますから。万能感で満たされ、「今ならここから飛べる!」とビルから飛び降り・・・とか。
うつの低空飛行でも、高低差はありますよね。
世間の「うつ病、うつ状態」のイメージって、まだまだ思い込みがあるんだと、今回のコメントで知りました。
うつ状態でも、笑ったり歌ったりするっつーの!と声を大にしたくなりました。
いろいろな感情を味わえてるって、いいですよね♪
本、待ち遠しいですねー!

Re: マッキーさんへ * by 馬場亜紀
流れる雲、流れる水。風。
そのようなものと、人間の感情も等しいんでしょうね。
いつも上機嫌でありたい。
そうなんです。その気持ちもまた、自然なんですね。
そう言っていただけて嬉しいです。

Re: エリアンダーさまへ * by 馬場亜紀
実は私、岸本さんの著書は読了したことないんです・・・。
なんか・・・文体は嫌いじゃないんですけど、なんかこう・・・半分くらいまできたら閉じてしまえる。失礼な話ですけどね。
岸本さん、東大出身だと今回知りました。この往復書簡では豊富な知識・教養がふんだんに表現されていて、すごく楽しく読めました。なぜエッセイは・・・読者のレベルに合わせてるとか?

* by エリアンダー
コメント、分かりにくかったですね。
マーフィーの法則とは日常生活に潜むユーモラスな経験則を集めたものです。
例えば、一番有名どころは、
「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」
「洗車すると、すぐ雨が降る」
「子供たちとスシの出前を取っているときに限って夫が早く帰ってくる」
私自身のマーフィーの法則は、
「本を無くして新たに購入した日にどこからともなく本が出てくる」
コメントに書いた往復書簡集は買ったとたんに復刻版が出て
がっかりしたってことです。これはマーフィーの法則ですね。(笑)
https://elleander.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html
https://elleander.blog.fc2.com/blog-entry-3520.html
イラガはきも可愛いですな、今度ブログの載せますね。

Re: エリアンダーさまへ * by 馬場亜紀
今度こそわかりました!
そしてぷふ~っと笑ってしまいました。
でも内容はとてもいいみたいですね(いろいろレビューを読んでしまいました)。

イラガ、やっぱりきも可愛いですよね!宇宙人みたいで。
虫の動画って、反響大きいですか?それとも「これムリ~」と敬遠されやすいですか?どっちもありそうやなあと思ってます。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

仕事をやるときは上機嫌でやれ、って尊い教えがあります。
遊んでるときの指南がないのでここは無自覚で上機嫌なのでしょうw
いつも上機嫌なひとっていないんじゃないんですか。
よーし飯つくるかー、とか、買い出しいくかー、みたいなときは、
テンション普通というかw
ほら、みなさんも色即是空できてますよ、大丈夫!
2019-03-18-09:59てかと [ 返信 * 編集 ]

馬場亜紀 Re: てかとさんへ

> 仕事をやるときは上機嫌でやれ、って尊い教えがあります。
> 遊んでるときの指南がないのでここは無自覚で上機嫌なのでしょうw
> いつも上機嫌なひとっていないんじゃないんですか。
> よーし飯つくるかー、とか、買い出しいくかー、みたいなときは、
> テンション普通というかw
> ほら、みなさんも色即是空できてますよ、大丈夫!

このコメント全体が上機嫌のオーラがありますね♪
母という仕事は、「いつも上機嫌」を求められてるように感じてしまうんですよ。
玄侑氏が、「色即是空は正しいけど、空即是色は間違いだ」と、お坊さんとの対談で言ってました。これもまた面白いですよね。
2019-03-18-10:48 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

こんばんは♪

上機嫌が世界ぜんたいを抱きしめる方法だって言葉が
素敵だなって思いました(*´▽`*)

私もいつも笑顔でいたいって思うけど
そんなん無理(笑)。
機嫌悪いときめっちゃありますよ(´∀`*)ウフフ
それが普通の人間だと思うなぁ。
態度悪かったりしたらまた別のとこで挽回して
あの時はごめんねって気持ちがあったら
それでOKだと思います!
2019-03-18-19:19ふたごパンダ [ 返信 * 編集 ]

馬場亜紀 Re: ふたごパンダさまへ

こんばんは~。
別のところで挽回して、あの時はごめんねって気持ちがあれば
いいですね!
そっか、挽回すればいい。
それもまたいい言葉ですよ~。
上機嫌が世界ぜんたいを抱きしめる方法
玄侑さんの表現力、私はかなり好きなんです♪ユーモアもあるし。
しかし、レベルが高度すぎて、書評が書けないのが悩みです(涙)
2019-03-18-19:47 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-03-18-21:48  [ 返信 * 編集 ]

私は鬱病の薬を飲んでるんですが、
友人が、躁鬱病だと言うんで、迷ってます。
躁状態の自覚はあるけど、病気かというと、
自分では問題を感じないから難しい。
このお話から考えたら、むしろ躁鬱の波があってもいい気になりました^_^
コメント返信出来てないのに、楽しくなってコメントしてます。
これ、躁状態かなあ?
いつもステキなコメントに感謝です。
もちろん記事も!
大事なことは…の本、注文して到着待ちです❣️
日曜日帰り帰省なので、間に合えば持って行きますねー。
いつもありがとうございます😊
2019-03-18-22:06 ナカリママ [ 返信 * 編集 ]

般若心経では「この世に存在するすべてのものは、何一つ固定的なものはない」としています。
そして変化することが「空(くう)」であるとも。
つまり、一つの事象がいつまでも続くことはない。むしろ続くことが不自然であると読めます。
玄侑氏の言う「上機嫌で滞ってはいけない」というのもここなんでしょう。
でも、いつも上機嫌でありたいというのも自然な気持ちですけどね。
2019-03-19-13:31ミドリノマッキー [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-03-19-15:02  [ 返信 * 編集 ]

上機嫌で滞ってはいけない・・・て難しいですね。
まあでも放っておいても上機嫌と不機嫌は交代で現れる。
自然体でいればよろしいってことか。
岸本葉子の著作は読んだことがないです。
タイトルをずら~っと眺めると、生き方や旅関連が多いです。
往復書簡っていうと「ブラームスとクララの往復書簡集」があって、
どうしても欲しい。廃刊本なので古本でも、高い、高い。
3万円でボロボロで今にも崩れそうな本が送られてきました。
でね、大笑い、マーフィーの法則なんですよ、これが。
買った直後に復刻されて今、4850円で発売中です。(笑)
2019-03-19-17:31 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]

馬場亜紀 Re: ナカリママさまへ

春ならば大多数の人が躁状態であると想います(笑)
ご友人が、ナカリママさまの症状を「躁うつ病」だとおっしゃってるんですね?
う~ん・・・見分けられるのは専門医の仕事ですが。
私の知ってる限りでは、うつ病でちゃんと通院・服薬を続けておられる人って、限りなく健康な人とそっくりです。笑うこともウキウキすることもある。休みの日は趣味のことをやったり。
ただ、なんらかのキーワードとかで落ち込みやすいところはあるけれども。それだけかなあと。
躁の状態って、何日も眠らず、思いついたら友だちに電話!突撃訪問!とかやっちゃうくらいだといいますから。万能感で満たされ、「今ならここから飛べる!」とビルから飛び降り・・・とか。
うつの低空飛行でも、高低差はありますよね。
世間の「うつ病、うつ状態」のイメージって、まだまだ思い込みがあるんだと、今回のコメントで知りました。
うつ状態でも、笑ったり歌ったりするっつーの!と声を大にしたくなりました。
いろいろな感情を味わえてるって、いいですよね♪
本、待ち遠しいですねー!
2019-03-19-19:52 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

馬場亜紀 Re: マッキーさんへ

流れる雲、流れる水。風。
そのようなものと、人間の感情も等しいんでしょうね。
いつも上機嫌でありたい。
そうなんです。その気持ちもまた、自然なんですね。
そう言っていただけて嬉しいです。
2019-03-19-19:53 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

馬場亜紀 Re: エリアンダーさまへ

実は私、岸本さんの著書は読了したことないんです・・・。
なんか・・・文体は嫌いじゃないんですけど、なんかこう・・・半分くらいまできたら閉じてしまえる。失礼な話ですけどね。
岸本さん、東大出身だと今回知りました。この往復書簡では豊富な知識・教養がふんだんに表現されていて、すごく楽しく読めました。なぜエッセイは・・・読者のレベルに合わせてるとか?
2019-03-19-19:58 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]

コメント、分かりにくかったですね。
マーフィーの法則とは日常生活に潜むユーモラスな経験則を集めたものです。
例えば、一番有名どころは、
「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」
「洗車すると、すぐ雨が降る」
「子供たちとスシの出前を取っているときに限って夫が早く帰ってくる」
私自身のマーフィーの法則は、
「本を無くして新たに購入した日にどこからともなく本が出てくる」
コメントに書いた往復書簡集は買ったとたんに復刻版が出て
がっかりしたってことです。これはマーフィーの法則ですね。(笑)
https://elleander.blog.fc2.com/blog-entry-5035.html
https://elleander.blog.fc2.com/blog-entry-3520.html
イラガはきも可愛いですな、今度ブログの載せますね。
2019-03-19-22:22 エリアンダー [ 返信 * 編集 ]

馬場亜紀 Re: エリアンダーさまへ

今度こそわかりました!
そしてぷふ~っと笑ってしまいました。
でも内容はとてもいいみたいですね(いろいろレビューを読んでしまいました)。

イラガ、やっぱりきも可愛いですよね!宇宙人みたいで。
虫の動画って、反響大きいですか?それとも「これムリ~」と敬遠されやすいですか?どっちもありそうやなあと思ってます。
2019-03-20-19:55 馬場亜紀 [ 返信 * 編集 ]