タイトル画像

思いが体を支配する、「わたしを超えて」

2019.03.20(06:00) 729

前回紹介した『わたしを超えて(玄侑宗久、岸本葉子:著)』



前回の記事はコチラ→『ずっと上機嫌でいてはいけない

岸本氏が能の講座で体験したことが書かれていました。


両手両足をそろえて、前屈してみます。
体のかたい人は指先が床に届きません。

次に、壁際に寄り、片手だけ軽く壁にふれて、同じように前屈します。

すると、難なく手が床につく。




本当に?と疑り深い私は、本を置き、立ち上がりました。
まずは前屈。
指先が少し床につきます(まだ、つくことに一安心)。

次に、右手を壁に軽く触った上体で、前屈。


さっきより指が深く床についてる!

これは、本当です。
ぜひ、試してみてください。


不思議ですよねえ。

筋肉には、必要以上に伸び過ぎないようストップをかけるセンサーがあるそうです。
椅子で居眠りしている人が、ぐら~っと傾きそうになったとき、ピクッと首が元に戻るとか。
あれがセンサー作動してるってことですね。

で、片手を壁につくことで(ここからが不思議)、

「自分は今、こういう姿勢をとっているんだよ、だから伸びていいんだよ」
という情報を、脳に与える(ことになっている)。
すると筋肉は安心してゆるむことができる


こういう仕組みだそうです。

脳というか、筋肉が?
単純に騙されてるようにも感じます。


そういえば自動車教習所に通っているとき、
こんな指導を受けました。

「カーブでは、ちょっと先を見るんだ。
そうしたら、ハンドルが勝手にそっちに動いてくれるから」


目の前の道だけを見て、必死に運転していた私は、
この助言で、楽にカーブを曲がれるようになりました。


人生もこれと同じ?
行きたい方向を、ちょっと先を見据えていれば、
自然とそっちに行けるんじゃ?


じつは私たちは、じつにシンプルなものをわざわざ複雑に考え、
自縛してしまってることが多いのかもしれませんね。

「大丈夫だから」と、安心させていきたいですね。
自分の頭と体に。



わたしを超えて―いのちの往復書簡




********************

凹んだ気持ちをどうにかしたい、ぴったりの本は?
気力が出るようなことばがほしい!

などなど、本や言葉に関してのリクエスト募集中です。
すぐに見つけられないかもしれませんが、誠心誠意、探します。
ぜひコメント欄にお書きください、お待ちしています☆



吉報配達ブログ


読書日記 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<春分と満月と桜 | ホームへ | ずっと上機嫌でいてはいけない、「わたしを超えて」>>
コメント
前屈、やってみました。
確かに1、2センチ伸びる気がします。
下腿の後ろ側が痛くなります。
壁を触ることで限界を少し超えられるんですね。
でも壁を触らなくても出来るようになりました。
スポーツで足を蹴り上げる動作も初めは高く上げられず
跳ねる力が弱いですが続けているうちに出来るようになります。
限界のスウィッチを無意識に押しているのかも知れない。
【2019/03/21 07:55】 | エリアンダー #- | [edit]
試していただけたんですね♪
そうなんです、ものすごく伸びるわけではないけど、楽に少しできるようになってるんですよね。
限界値を設定し直す感じでしょうかね、忍者が毎日竹を飛び越える修行のような。ちょっと違ったかな?
スポーツという単語で、さきほどイチロー選手が第一線を退くうんぬんのニュースを思い出しました。
限界を超えてきた人だったよなあ・・・同い年なんで、感無量です。
【2019/03/21 19:57】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する