タイトル画像

春分と満月と桜

2019.03.21(06:00) 741

今週は変則で木曜、土曜に更新します。
今日はめったにない日、
春分の日の満月です。



春分の日の満月。それは世の中が大きく動くとき。

前回の「春分の日の満月」は、2000年。
世紀が変わった年。

今回の「春分の日の満月」が、2019年。
日本の元号が変わる年。

次回の「春分の日の満月」は、2095年。
確認できない(笑)。


スピリチュアルサイトでは、「満月パワー」とか「宇宙元旦」とか盛り上がっているみたい。
詳しくはわかりません。

なぜ記事に書いておきたかったのかというと、なにかで、
「桜月夜」は与謝野晶子の造語です。
こんな文章を読んだから。


今年って、桜の開花がもう始まってるんですよね?
ここ北海道では気配すらないですけど、
本州では、日当たりのイイ所では先週あたりから開花してるんですね。

そこで思い出したのが、こちら。


清水へ 祇園をよぎる 桜月夜
   こよひ逢ふ人 みなうつくしき




与謝野晶子の短歌です(『みだれ髪』より)。



高校で習った記憶がおぼろげにあります。
わざわざ意味を書かなくても分かるけど大意は、

桜のおぼろ月夜。
清水へ行こうと祇園をよぎって行くと、
月も桜も美しい。
私の心が浮き立っているせいか、行き逢う人がみな美しく見えた。



京都の桜と月が目に浮かんでくる短歌です。

「桜月夜」。
桜と月夜の組み合わせがこれほどしっくりくるなんて。

"なんとなく"という言葉はつかわないようにしているけれど、

春分
満月


この三つ巴が、なんとなくウキウキさせてくれるんですよ。
掘り下げて思考を分析すれば良い記事になるかもですが、できません。

「なんとなく気分がいいなあ」を楽しんでいたいです。

月は、
「あんなの、でっかい岩が浮かんでるだけ」と言ってしまえます。
でも、そうは思えない。

桜だけ特別な花なのか?
そうではないけど、なんとなく別格。

春分はちょっと特別かも。
昼と夜の長さがちょうど同じなのは年に2回だけですから。
元旦の次に特別。


北海道の今夜の天気予報は、くもり、翌日は雪。
まだ雪かい。

満月も桜も見れない可能性92%・・・。


スピリチュアルはわからないけれど、
春分満月パワーのおこぼれはもらえるでしょうか。
自分の目で見れなくても、
自然って美しいな~という気分をもった一日にしていこう。



吉報配達ブログ


日常 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
<<再び手に入れたいもの 「アナログ」 | ホームへ | 思いが体を支配する、「わたしを超えて」>>
コメント
清水へ祇園をよぎる・・・いいですよね。
晶子のこういう情景を詠ったものって結構好きです。

<ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟>
フランスに行った鉄幹を追ってその地で詠んだ歌です。
与謝野晶子の評伝、「君も雛罌粟われも雛罌粟」はお薦めです。

実は、今日満月で富士の頂上に沈みます。
ただ今夕も曇りがちで撮影はたぶんダメです。(笑)
【2019/03/21 11:04】 | エリアンダー #- | [edit]
言葉の雰囲気があうのだと思います。いろいろイメージが広がる言葉のからみが、なんとも気持ちの良い景色を連想させてくれるんですよね。そこをすかさず捉えた与謝野晶子はさすがであると思います。そのなんとなくつかめない感覚的な物を文章にできてしまうあたりが、文章で身を立てた人特有のものですね。
ところで、こちらは現在見事な青空。予定を全てうっちゃって家でだらだらしているところですが、なんともだるだる。どこぞに出かけてみようと正直思いましたよ。でも、花粉がぶんぶん飛んでいるのでだらだらして終わりそうです。写真は撮らないかもですが、夜に散歩でも行ってみますかね^^
【2019/03/21 13:03】 | 八咫烏(全力稼働中) #- | [edit]
訂正、

富士に乗っかるのは明日朝5時半過ぎです。
【2019/03/21 16:52】 | エリアンダー #- | [edit]
エリアンダーさま、コメントありがとうございます。
> 与謝野晶子の評伝、「君も雛罌粟われも雛罌粟」はお薦めです。
やはりこれは読んでみます!絶対に。
>
やはり雲がでていますか~。
こちらは夕方から雨です。
雪じゃないだけ良かったと思っておきます~。
【2019/03/21 19:58】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
この短歌を分析してる人などは、地理的におかしいとか、桜月夜は後に変更されたとかいっぱい書いているけれど、私はそのまんまで楽しめばいいなあと思います。
東京は晴れですか!うらやましい、こちらは雪ではないけど、雨雨雨・・・。
夜のほうが花粉はちょっと少ないとかあるかな?関係ないでしょうか。
桜月夜を堪能されたら・・・と思います♪
【2019/03/21 20:01】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
北海道は5時半はもう明るくなっています。
月は見えにくいでしょうね。
そちらならまだ薄暗いでしょうか?
もしかしたら見えるかもしれませんね!!
【2019/03/21 20:02】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
3月21日は「世界トリソミー21 」(世界ダウン症の日)
「春分の日」「宇宙元旦」
ってブログの記事にしようと思っていた所でした♪
文章を打っている途中に、(集中力がないのです(笑))
こちらに訪問してみたら「春分と満月と桜」
というタイトルで「おお!繋がっている」と一人喜んでいます^^

短歌で桜といっても、昼とは違って夜の桜を詠っているのは
お彼岸の、自然の物や命あるもの全てに感謝する事を忘れない日!
それを思わせてくださいました。
お墓参りには行けませんが、ご先祖様を偲ぶことにしますね。


【2019/03/21 20:50】 | なつみ #N3o4lIaI | [edit]
春分の日の満月。そんなものまで記録に残ってるんですか。
まあ、重なっていること自体が何か有難さをもたらしてくれるような気はしますが。
それにしても前回の「春分の日の満月」が2000年。今回が2019年。
なのに次回は2095年とは。
前回から今回までが19年なのに、次回までは76年。
これでは、今日見逃してしまったので、この次こそとなりませんね。
せめて19年だったらその時86歳。自分だって次の回に見られたのに。(百歳まで生きる予定)
で、これってどんなパワーがあるのかな。

【2019/03/21 21:59】 | ミドリノマッキー #- | [edit]
その2095年の春分満月とやらを確認するのは、俺には無理そうだw
というか春分満月自体をありがたがって夜空を見上げることもしなかった。
さらにいえば満月自体が気にならないw
現代人って夜はネットみたりゲームしたり動画みたりして、
月をめでたりしないから。
月<<<<<超えられない壁<<<<<スマホ、タブレット、PC
みたいな。
これが正直な気持ち。これはこれで負けてないんじゃないか。
娯楽の質があがったというか、負けて勝った、みたいなw
【2019/03/22 08:14】 | てかと #- | [edit]
大学のとき2人とも国文科で
1年のとき与謝野晶子のみだれ髪習ったなぁ。
桜月夜って私の好きなものが入った言葉で
キレイな言葉ですよね(((o(*゚▽゚*)o)))
与謝野晶子さんの造語とは知らなんだ(笑)。

月が見えなくても夜空を見上げれば
遠く離れていても繋がれますよね(´∀`*)ウフフ
【2019/03/23 21:00】 | ふたごパンダ #- | [edit]
なつみさん、記事作成途中に思い出してこちらに来てくださるとは光栄です!
この返信を書き終えたらそちらに伺います♪
私は記事途中で別のことはできないです。それをやったら、その記事はきっと仕上がらないです(笑)

空を見上げて、なんとなくご先祖さまにつながってるように感じる想い、わかる気がしますよ。
なぜか上から見てくれてるように思いますよね。足下にはいてほしくないというか。
「世界ダウン症の日」にもなるんですね。
主観的ですが、ダウン症の人たちといると、こちらまで陽気になれます♪
【2019/03/24 08:42】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
ハレー彗星の周期とかもそうですけど、なんで同じ年月の周期で現れないんでしょうね?
楕円形の動きをしてるから?それでもなんだか・・・。
よくわからないけど、2019年の満月は雨で見れませんでした(涙)
次ね!
次はもう、自分が月にいるような存在になってるかも(体はなくて)。
どんなパワー・・・それは・・・信じれば、万能パワーです!!(強引)
【2019/03/24 08:45】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
256歳まで生きる予定ですよね?(数歳の違いはご容赦ください)
観れますよ、観る気になれば(笑)
<の数が物語っているなあ。正直ですね。
私も大阪にいたころは全然気にもしてなかったです。
北海道の田舎に暮らすと、満月の夜はあまりにも夜空が明るいんですよ。それこそ本が読めるくらい。
楽しみで見上げるんじゃなく、気にせずにいられない環境なんです☆
【2019/03/24 08:48】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
ふたごパンダさまへ
ね。造語だとは思いませんでした、私も。
美しい言葉をくっつけるよなあ、さすが芸術家だなあと。

空は繋がっている。
これって、当たり前のように思っているけど、よくよく感じてみれば、すごいことですよね。
【2019/03/24 08:52】 | 馬場亜紀 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する