吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 励ます言葉 › ネガティブを活かす言葉
2020-05-18 (Mon) 05:11

ネガティブを活かす言葉

こんな日めくりカレンダーはいやだ。
「5月18日 嘆き疲れた」


『一日一敗のきらめき 負ける言葉365(カレー沢薫:著)』です。


一日一敗のきらめき 負ける言葉365


「非リア充界のカリスマ」と呼ばれるカレー沢氏の名言集です。
とにかく自虐ネタ満載。

1月 7日  ダイエットはさらに太るための「助走」

1月25日 ネットで元気になればなるほど現実での元気が失われていく

4月15日 「趣味は読書です」という奴は高確率で人に言えない趣味がある

5月 7日 「ゆるふわモテガールってお前の下半身のことだろ!」

6月19日 そもそも現実に話を聞いてくれる人がいないからネットに書くのだ



私、カレー沢さんと知り合いではないんですけど。
なぜ、私のことを書いているのでしょうか?
と問いたくなるくらい名言。笑えます。
名言というよりは、開き直り。
「開き直り」がまわりまわって「癒し」になってる感じ。

名言日めくりカレンダーなる商品が売れますよね、年末に。
だいたい、前向きな良い言葉が載っていて、
毎日名言に触れていたい!
自分磨きを怠らない!という心理から購入されているのでしょう。

前向きでなければ前へは進めない
頼まれごとは試されごと
朝の過ごし方が一日を決める
そのうちそのうち今のうち


こんな感じのカレンダー言葉たち。
私自身、このブログは「前向きな言葉が心を変える」方針で書いています。
名言は、すばらしいのです。

しかし、私は日めくりカレンダーを買いません。
トイレの壁に名言を書いた紙を貼ったりもしません。

いつも目に入るものって、どんなに良いものでも、
意味がなくなってくるからです。
例えれば、交通安全の標語のような。
ポイ捨て防止標語のような。

あの標語を読み、
「すわ、スピード落とそう」とか、「おっと、ゴミはゴミ箱だな」
なんて行動を改める人はどれくらいいるんでしょう。

安全運転をしない人やポイ捨てする人は、
あれらの標語は読んでいません。
見えてても、読んでいません。
標語を読んで実行してる人は、読まなくてもすでに実行できてるいい人です。

なので、名言日めくりカレンダーを買ってる人って、
すでにいい人なのです。
いい人がさらに自分磨きを続けるのです。
いつまでたっても追いつけねー(ってガラ悪~)

そんなだから、名言日めくりカレンダーを買わない私には、
負ける言葉カレンダーがお似合いなのです。


一日一敗のきらめき 負ける言葉365


自虐ネタに笑い、でもまた元の位置に戻っている。
けれど、笑える見方をしてるぶん、ちょっとだけ心が晴れた。
ガッツ石松氏の言うところの、
「380度変わった」という現象が起こります。

口撃しているように見せかけて、実は誰のことも傷つけていない。
ひたすら自虐で笑わせる言葉たち。
だから、読んでも陰気になりません。

日めくりカレンダーのような紹介をしていますが、
形は新書版、書籍です。

最終更新日 : 2020-05-18