吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 励ます言葉 › まずは鳴らしてみよう、声を出そう
2020-05-25 (Mon) 05:11

まずは鳴らしてみよう、声を出そう

学生時代以来の中島敦に感動した私ですが、
(前回の記事   )
才能ある人でもこんな苦悩があったのか、と感じたところがあります。


光と風と夢・わが西遊記 (講談社文芸文庫)


神のあやつる交響楽の中で
俺は調子の外れた弦ではないのか?



自分のことを肯定していない?
才能に満足しきれていない?

どちらにせよ、幸せな雰囲気ではありません。
「調子の外れた弦」とは別の表現をしている箇所もあります。

作品に比べて、悲しいことに、生活が(人間が)余りに低い。
俺は、俺の作品のだしがら



こういう思考に陥ってしまうことって、あると思います。
周囲とうまくやっていけない、
なんだか居心地が悪い、
引け目を感じてしまう、
自分の存在価値なんて・・・。

調子の外れた弦、なんてうまいたとえなんだろう。
オーケストラに参加し続けることを諦めたくなります。

それでも、
まずは音を出してみなければなりませんよね。

鳴らしてみて、
まわりと合っていない原因を見つけなければ。
鳴らせばどうにかなるのです。

プロのアーティストでも、テレビで歌うときに口パクするときがあるようです。
あるロックバンドは、ライブで録音済みの音源を流しているとか。
エアーギターならぬ、エアー演奏。

そんなの、見たくないんです。
間違っても、最高のコンディションじゃなくても、
リアルで聴きたいんです。

「楽器なんぞできねえよ」って人は合唱パートとして、
神のあやつる交響楽に参加しているんです。

誰もが、音を鳴らすか、声を出すかしている。
それが生きるってこと。

人間が楽器なんじゃない。
楽器を演奏する、演者であるってこと。
そして、まずは音を鳴らす。声を出す。

けれど、美しいハーモニーを奏でなければいけないのかな。
みんなと同じように奏でるのが好き、向いている人はいいけど、
そうじゃない人も多い。

そういう人は、ソロ向きなんですよね。
ユーミンとか、サザンの桑田さんって、
歌、うまいですか?
うまいかどうかより、あの個性的な声、歌いかたに魅力がある。
もちろん、詞も曲もいいんだけど。

現代は、ソロ活動で生き生きとしてる人が魅力的な時代です。


光と風と夢・わが西遊記 (講談社文芸文庫)

自己卑下に陥ってるスティーブンスンに、
自分の思いを投影していたはずの中島敦。
彼は鳴らし続けました。

何と云われようとも、俺は俺の行き方を固執して俺の物語を書くだけのことだ。
人生は短い。



「もっと書きたい、書きたい」と言いながら、33歳で病死しました。

最終更新日 : 2020-05-25