吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 詩・短歌・俳句 › ドラえもん、ずっとずっとありがとう『ドラえもん短歌』
2020-07-11 (Sat) 05:11

ドラえもん、ずっとずっとありがとう『ドラえもん短歌』

ありがとうございます。吉報配達ブログへようこそ。
吉報を届けることができますように。


今年2020年は、「ドラえもん」コミック連載開始50周年だそうです。
「半世紀」となるともう歴史です。
テレビアニメは今も放送されてますし、映画も毎年公開。
長く愛されていますよね。

『ドラえもん短歌(枡野浩一:選)』を紹介します。



2005年9月3日のドラえもん誕生日に単行本が出版しました。
今回紹介する本は、その文庫版です。

歌人の枡野氏の短歌ではなく、
一般募集した中から、枡野氏が選んだ短歌が収録されています。

「ドラえもん短歌」と聞いて、ぼんやり想像をしてましたが、
全然ちがっていて、いい意味の裏切りでした。
いくつか紹介しますね。

青空の入道雲はそれはもう配色としてドラえもんです



僕のことドラえもんだと思うのかいバッグと愛はもう出せないよ



ちょっといい気になってたな忘れてた私のくせにのび太のくせに



ジャイアンがもうこの町にいないのは空き地が消えたせいなのだろう



わたしには出来杉くんに見えるのに父にはのび太に見えるみたいだ



行きたいと思う気持ちが足りなくてどこでもドアを使えなかった



ドラえもんどんな道具を使ったの初めて見たよこんな夕焼け



読んだあと懐かしくなる『ドラえもん』自体がタイムマシンってことか



どうですか。
「感動!」とはちがう、でも琴線に触れてくる。
じんわりとしたものが心に拡がる、そんな感じがしてきませんか。

舛野氏の「はじめに『ドラえもんへ。』」がいいんです。

ドラえもん。
いま日本はドラえもんに毎日たすけを求めたいような状態になっていて、
みんながきっと、いろんなときに君のことを思いだしたりしていると思う。

僕たちが今進んでいる方向の未来にドラえもんはいますか(仁尾智)



この文庫の出版は、2011年7月です。
2020年の日本人も、ドラえもんを求める気持ちに変わりがないな。

あと100年。
あと100年経てばドラえもんに会えるでしょう。
けれど、自分は間に合わないかも。
間に合っても、ドラえもんだと認識できる能力が残っているか笑
なので青空を見上げて、元気出していこうと思います。
ここ数日は、ドラえもんが見えなかったですけどね。
でも雲の向こうで笑ってるはず。

青空を見ると元気が出る理由 大きなドラちゃんがそこにいるから

イヤな奴いてもOK、ジャイアンがギタギタのメタメタにしてくれる

しくじった、やけ酒ふて寝二日酔い。それがどうした僕ドラえもん

グーの手は万能なんだねドラえもん。みんな掴むよ、夢も笑顔も。

上記4首は自作です。
ヘタすぎる。なんか出してよドラえもん。みそひともじを生み出す道具。



ドラえもんに悲しみを背負わせたくないから、
自分たちで、ドラえもんが存在する未来を作っていきたいですね。


最終更新日 : 2020-07-18