吉報配達ブログ

ひっそり咲いている名言に、光を当てる

Top Page › 日本文学・エッセイ › 夕焼けはやさしい気持ちになれる、『ジャパン・スマイル』
2020-08-10 (Mon) 05:11

夕焼けはやさしい気持ちになれる、『ジャパン・スマイル』

ありがとうございます。吉報配達ブログへようこそ。
吉報を届けることができますように。


「うわぁ…きれーだなー……」

公園で遊んでいた小学2年生の男児が、
夕焼け空を見上げて言っていました。

こういう場面にめぐりあうと、
この世はまだまだ大丈夫や、なんて思います。
短絡的で単純なだけかもしれないが。

『ジャパン・スマイル(川上健一:著)』です。



99この掌編小説たち。ひとつのお話が2ページしかありません。
その中の、「やさしい気持ち」から一部抜粋します。

「夕焼け、きれいよ。見てみて」
(中略)
「やさしい色だよ。明日は天気だね。よかった。
今日の終わりによかった。
やさしい色に出会えてよかった」


朝を大切でありがたがる言葉って多いです。
それに対して、夕方の扱い、軽くないですか?

ずっと気になってたんです、新聞の夕刊。
あれは、手抜き?笑
なんであんなにページ少ないわ・読む記事ないわなんでしょ。

吉野弘さんの詩にも、こんなことが書かれています。

元日の朝日には『初日』の名があるのに、
同じ日の夕日には親しい呼び名がありません
名がないことは人間の無関心の証拠



夕焼けって、1日の締めくくりに、
あんなにやさしく美しい景色を見せてくれてる。

夕方は、なんだかんだ朝とはまた違うせわしい時間帯。
気づけばすでに太陽は沈み、夜空に変わっていることも。

夕方に、ちょっと空を見る余裕があれば、
翌日の迎え方も違ってくるかもしれませんね。

1日ガンバッた自分をねぎらってもいいし。
自分を褒めてあげられなければ、
次の国へ朝を届けに行く太陽をねぎらってもいい。

夕方こそ、やさしい気持ちを持ちやすいんじゃないかな。
そんなふうに感じました。


ジャパン・スマイル


99この、幸せの一片たち。
人生の欠片(かけら)ですね。
欠片って、壊れたり取れたりした何かの一部分って意味。
人生の大部分はどうしようもないことだったりする。
ひどいこと・つらいこともどれだけあることか。
そこからポロリと落ちた欠片こそが、幸せにあたるのでは。

最終更新日 : 2020-08-10