吉報配達ブログ

すてきな言葉をみつけました。あなたに届けます。

2020-05-20 (Wed)

癒される小説なんて、無いの?

癒される小説なんて、無いの?

元気が出ないとき、なんとなく沈んだ気持ちのとき、誰ともしゃべりたくないけど、ひとりぼっちもつらいとき。そんなときこそ、私は本を欲します。できれば、癒してくれる小説を。『アリクイのいんぼう 家守とミルクセーキと三文じゃない判(鳩見すた:著)』です。表紙だけで癒されました(読まなくてもいい?笑)。可愛すぎますー。ミナミコアリクイのアリクイさんが営む、喫茶店兼ハンコ屋さんが舞台。異世界もの、でもないです...

… 続きを読む

元気が出ないとき、
なんとなく沈んだ気持ちのとき、
誰ともしゃべりたくないけど、ひとりぼっちもつらいとき。
そんなときこそ、私は本を欲します。
できれば、癒してくれる小説を。

『アリクイのいんぼう 家守とミルクセーキと三文じゃない判(鳩見すた:著)』です。



表紙だけで癒されました(読まなくてもいい?笑)。
可愛すぎますー。

ミナミコアリクイのアリクイさんが営む、喫茶店兼ハンコ屋さんが舞台。
異世界もの、でもないです。
他はごく普通の日本人たちが、日常をおくっています。
いや、それを異世界ものと呼ぶ?

Yahoo知恵袋で、ある書店員さんが、
「癒される小説は、本物の小説ではありません」と回答されてて、びっくりしました。

本物の小説?

「癒してくれる小説、ありませんか?」
なんて聞かれて辟易してるのかもしれませんね。
本気で探すなら、カウンセリングから始めないと。

私も冒頭から「癒してくれる小説が読みたい」って書いてます。
癒されたい、なんて言っても、
癒されなければならないほど、傷ついてるの?って思ったり。

本当に癒してくれる小説ならば、
めちゃくちゃ傷をえぐってから、治癒にもっていくでしょうね。
そんでもって、そんなのは「癒してくれる小説」を
求めにくる人の望むものではないでしょうし。

「癒されたい」の本当の意味は、傷の治癒ではなく、
「乾きを潤したい」ではないかな。

砂漠を歩く旅人が、「み、水・・・」と求めるように。
(私は鳥取砂丘しか行ったことがないけれど)
オアシスを見つけ、水を飲み、また歩き出す。
オアシスの役割をしてくれるのが、癒し小説ならぬ、
「憩いを与えてくれる」小説かと思います。

からだと心を休めてくれるもの。
からだと心を潤してくれるもの。
おまけにマンガを読むかのごとくスルスルと読めるもの。

なので『アリクイのいんぼう』は、憩いの小説と呼びたいです。

著者の鳩見さんが、言葉を大事にされてるのが伝わってきました。
もしかしたら、山田詠美さんのファンかも?
詠美さんを尊敬し、目指していらっしゃるのかなあなんて思いながら楽しみました。


『なりたい自分』がないってことは、いまの自分が一番ってことじゃないですか。



『老人の続ける勇気と、若者の諦める勇気は、ほかのなによりも尊い』



「音楽は、つらいよな。『音を楽しむ』と書くのは皮肉だとよく思う」



「印鑑に使われている『鑑みる』という字は、鏡を見るという意味の
『かがみる』が転じたものです」



憩い小説を読んだら、ちっぽけだと思っていた自分の日常を「鑑みて」、
ほんの少し、上向けたいという気力が戻ってきます。

ほんの少しなんですよ。
今日は色と香りの好きな入浴剤を入れて、ゆっくりお風呂に入ろう、とか。
久しぶりに作ってみる料理の支度をするとか。

他人にはわからない、だけど自分だけは、
「ちょっと、自分の人生を大切にしてるな」って思える行動を起こす。

憩いの小説って、そういう即効性があります。
本物じゃなくても、いいんです。
自分にとって、大切なら。


アリクイのいんぼう 家守とミルクセーキと三文じゃない判 (メディアワークス文庫)


アリクイのいんぼう 愛する人とチーズケーキとはんこう (メディアワークス文庫)


アリクイのいんぼう 運命の人と秋季限定フルーツパフェと割印 (メディアワークス文庫)


アリクイのいんぼう 魔女と魔法のモカロールと消しハン (メディアワークス文庫)

太ったコアリクイがシロクマに似ているらしい。
ぜひ、見てみたい・・・♪
「家守と・・・」は、Amazonアンリミテッド読み放題対象本です。
関連記事
2020-05-19 (Tue)

自分で運命をつくる

自分で運命をつくる

占いを信じない人がうらやましいです。自分の未来への不安がないってことですから。それに、信じない理由もなんとなく理解できます。生まれた時間や日にちで、運命決められてたまるか!ってことですよね。占いを利用した小説がありました。『占い処・陽仙堂の統計科学(二宮敦人:著)』です。占い処・陽仙堂の統計科学 (角川文庫)この小説で扱う占いは、四柱推命です。四柱推命では、人間も地球から生じた、いわば『生きている衛...

… 続きを読む

占いを信じない人がうらやましいです。
自分の未来への不安がないってことですから。
それに、信じない理由もなんとなく理解できます。
生まれた時間や日にちで、運命決められてたまるか!ってことですよね。

占いを利用した小説がありました。
『占い処・陽仙堂の統計科学(二宮敦人:著)』です。


占い処・陽仙堂の統計科学 (角川文庫)


この小説で扱う占いは、四柱推命です。

四柱推命では、人間も地球から生じた、いわば『生きている衛星』と捉えるのです。
一定の周期で運行し、やがて地球に還る。



何年後の何月何日に、星の位置がわかるのは、
統計に基づいた、星の動きを計算できるから。
人間の一生にも当てはまり、それを運命と呼ぶ。

そういう感じだと思います。
占いはあてずっぽうではなく、統計学。
根拠があるもの、ということですね。

お話は、「妹を探してほしい」という依頼主が現れ、
女子大生の占い師が解決に挑む、というもの。

女子大生の師匠は祖父だったんですが、
その祖父がいい言葉を遺しています。

些事に囚われず、大きく構えよ。
人の心はどこまでも大きくなれる

行き詰まりを感じたら、よーく考えるんだ。
行き詰まりは必ず自分が作り出している。
自分の心を狭めるのは、いつだって自分の心だ。
四柱の研究も、人生もまた同じ。
あたりが暗いなら、明かりを探すよりも、目を開けてみよう。
道がないなら、地図を見るよりも、歩き出せ・・・



運命を信じたくないときって、
現実がろくでもないときでは?

運命だから諦める?

姓名判断ってありますよね。
流派によって画数の数えかたが微妙に違うそうなんですけど。
自分の名前の画数がよくないと出た場合、
画数を変えちゃうという技があります。

藤岡弘、さんの「、」とか。
モーニング娘。の「。」とか、画数合わせらしいです。

これは占いに振り回されるというよりは、
自分で運命を変える方法ですよね。
占いを活用するとは、こういうことではないでしょうか。
その日のランキングに一喜一憂するのが占いではない。
自分から運命を変えて、望む未来をつかみにいく。


この小説、前半は占いの蘊蓄が多いんですが、
後半、一気に展開していきます。
占いを活用、どころか利用して運命を変えてしまう。
自分が、占いの結果をコントロールしているのです。

道を切り開くって、こういうことかと驚いたお話でした。


占い処・陽仙堂の統計科学 (角川文庫)

Amazonアンリミテッド読み放題対象本です。
関連記事
2020-05-18 (Mon)

ネガティブを活かす言葉

ネガティブを活かす言葉

こんな日めくりカレンダーはいやだ。「5月18日 嘆き疲れた」『一日一敗のきらめき 負ける言葉365(カレー沢薫:著)』です。一日一敗のきらめき 負ける言葉365「非リア充界のカリスマ」と呼ばれるカレー沢氏の名言集です。とにかく自虐ネタ満載。1月 7日  ダイエットはさらに太るための「助走」1月25日 ネットで元気になればなるほど現実での元気が失われていく4月15日 「趣味は読書です」という奴は高確...

… 続きを読む

こんな日めくりカレンダーはいやだ。
「5月18日 嘆き疲れた」


『一日一敗のきらめき 負ける言葉365(カレー沢薫:著)』です。


一日一敗のきらめき 負ける言葉365


「非リア充界のカリスマ」と呼ばれるカレー沢氏の名言集です。
とにかく自虐ネタ満載。

1月 7日  ダイエットはさらに太るための「助走」

1月25日 ネットで元気になればなるほど現実での元気が失われていく

4月15日 「趣味は読書です」という奴は高確率で人に言えない趣味がある

5月 7日 「ゆるふわモテガールってお前の下半身のことだろ!」

6月19日 そもそも現実に話を聞いてくれる人がいないからネットに書くのだ



私、カレー沢さんと知り合いではないんですけど。
なぜ、私のことを書いているのでしょうか?
と問いたくなるくらい名言。笑えます。
名言というよりは、開き直り。
「開き直り」がまわりまわって「癒し」になってる感じ。

名言日めくりカレンダーなる商品が売れますよね、年末に。
だいたい、前向きな良い言葉が載っていて、
毎日名言に触れていたい!
自分磨きを怠らない!という心理から購入されているのでしょう。

前向きでなければ前へは進めない
頼まれごとは試されごと
朝の過ごし方が一日を決める
そのうちそのうち今のうち


こんな感じのカレンダー言葉たち。
私自身、このブログは「前向きな言葉が心を変える」方針で書いています。
名言は、すばらしいのです。

しかし、私は日めくりカレンダーを買いません。
トイレの壁に名言を書いた紙を貼ったりもしません。

いつも目に入るものって、どんなに良いものでも、
意味がなくなってくるからです。
例えれば、交通安全の標語のような。
ポイ捨て防止標語のような。

あの標語を読み、
「すわ、スピード落とそう」とか、「おっと、ゴミはゴミ箱だな」
なんて行動を改める人はどれくらいいるんでしょう。

安全運転をしない人やポイ捨てする人は、
あれらの標語は読んでいません。
見えてても、読んでいません。
標語を読んで実行してる人は、読まなくてもすでに実行できてるいい人です。

なので、名言日めくりカレンダーを買ってる人って、
すでにいい人なのです。
いい人がさらに自分磨きを続けるのです。
いつまでたっても追いつけねー(ってガラ悪~)

そんなだから、名言日めくりカレンダーを買わない私には、
負ける言葉カレンダーがお似合いなのです。


一日一敗のきらめき 負ける言葉365


自虐ネタに笑い、でもまた元の位置に戻っている。
けれど、笑える見方をしてるぶん、ちょっとだけ心が晴れた。
ガッツ石松氏の言うところの、
「380度変わった」という現象が起こります。

口撃しているように見せかけて、実は誰のことも傷つけていない。
ひたすら自虐で笑わせる言葉たち。
だから、読んでも陰気になりません。

日めくりカレンダーのような紹介をしていますが、
形は新書版、書籍です。

関連記事
2020-05-17 (Sun)

興味の入り口はどこでもいい

興味の入り口はどこでもいい

ブロ友村野大衡さんの記事で読んだ本に興味をもち、自分も読んでみました。(名前をクリックすると、村野さんのブログに移動します)『日本文学(墓)全集 時どきスイーツ(安堂友子:作)』です。日本文学(墓)全集 時どきスイーツ「墓マイラー」と呼ばれる人たちがいるそうです。文豪や武将など歴史上の有名人のお墓に参って思いをはせる、そんな静かな行楽を趣味とする人たち。墓マイラーのように、文人のお墓を参って(取材し...

… 続きを読む

ブロ友村野大衡さんの記事で読んだ本に興味をもち、自分も読んでみました。
(名前をクリックすると、村野さんのブログに移動します)

『日本文学(墓)全集 時どきスイーツ(安堂友子:作)』です。


日本文学(墓)全集 時どきスイーツ


「墓マイラー」と呼ばれる人たちがいるそうです。
文豪や武将など歴史上の有名人のお墓に参って思いをはせる、
そんな静かな行楽を趣味とする人たち。

墓マイラーのように、文人のお墓を参って(取材して)、
文豪オモシロ裏話をはさみつつ、近場のスイーツ店も紹介する。
関東ガイドブック的なマンガです。

面白い!
著者の安堂さんの、「ウィキペディアにない話を載せる」という心意気にホレました。
どんな文人の墓を参ったのか、書き出しますね。

太宰治   1909(明治42)年ー1948(昭和23)年 38歳没
夏目漱石  1867(慶応3)年ー1916(大正5)年 49歳没
芥川龍之介 1892(明治25)年ー1927(昭和2)年 35歳没
樋口一葉  1872(明治5)年ー1896(明治29)年 24歳没
江戸川乱歩 1894(明治27)年ー1965(昭和40)年 70歳没
十返舎一九 1765(明和2)年ー1832(天保2)年 67歳没
小泉八雲  1850(嘉永3)年ー1904(明治37)年 54歳没
志賀直哉  1883(明治16)年ー1971(昭和46)年 88歳没
川端康成  1899(明治32)年ー1972(昭和47)年 72歳没
滝沢馬琴  1767(明和4)年ー1848(嘉永元)年 81歳没
井伏鱒二  1898(明治31)年ー1993(平成5)年 95歳没
谷崎潤一郎 1886(明治19)年ー1965(昭和40)年 79歳没
林芙美子  1903(明治36)年ー1951(昭和26)年 47歳没
池波正太郎 1923(大正12)年ー1990(平成2)年 67歳没

簡単にネットで知ることのできない裏話ばかりだったので、
全員が、どれもこれも面白かったんです。
一番大好きになったのは、井伏鱒二です。

おおらかなお人柄だったようで、
若き太宰治から「会ってくれなきゃ死んでやる」というファンレターをもらい、
弟子にしてあげていたり。
(太宰ファンの私には、このネタ大好物です)

将棋の腕前は相当だったらしく、
棋士の加藤一二三八段(当時)にもほめられたとか。

「ひふみん」とからむ!?
というか、井伏さん、つい最近までご存命だったんじゃん!!
太宰からひふみんまで。
歴史の絵巻物って、めちゃめちゃ長いですね。
そして、つながってるんだなあとロマンすら感じてしまいました。

最後に著者が、

入り口はどこでもいい
情報は興味につながる



こう書いています。
本当にそうだなと思います。
ひょんなことから、面白いものを見つけにいく。
それって、全然難しくないし、どんどん世界を広げていけますね。
おかげさまで、今年の夏こそ、『黒い雨』を読みたいと思いました。
(今までは、「読まなきゃ・・・」と腰が上がらなかった)


日本文学(墓)全集 時どきスイーツ

Amazonアンリミテッド読み放題対象本です。

村野さん、良い本の紹介ありがとうございました\(^_^)/
村野さんのブログはこちら→ほのぼの占い師‘’村野大衡‘’
関連記事
2020-05-16 (Sat)

名作を速読で味わってみる。坂口安吾の巻

名作を速読で味わってみる。坂口安吾の巻

『文庫本は何冊積んだら倒れるか(堀井憲一郎:著)』に触発されて、名作を速読してみる企画です。文庫本は何冊積んだら倒れるか速読、といっても、どれだけ速く読めるか、どうやったら速読できるか、というものではありません。小説の、最初と最後だけを読んで、5秒で新たな味わいを見つけてみる。こういったものです。今回は、坂口安吾でいってみます。『青鬼の褌を洗う女』匂いって何だろう?なぜ、こんなに、なつかしいのだろ...

… 続きを読む

文庫本は何冊積んだら倒れるか(堀井憲一郎:著)』に触発されて、
名作を速読してみる企画です。


文庫本は何冊積んだら倒れるか


速読、といっても、どれだけ速く読めるか、どうやったら速読できるか、
というものではありません。
小説の、最初と最後だけを読んで、5秒で新たな味わいを見つけてみる。
こういったものです。

今回は、坂口安吾でいってみます。

『青鬼の褌を洗う女』
匂いって何だろう?なぜ、こんなに、なつかしいのだろう。



『阿部定さんの印象』
阿部定さんに会った感じは、一ばん平凡な下町育ちの女といふ感じであった。
恋する人に幸あれ。



『家康』
徳川家康は狸オヤジと相場がきまっている。古狸よりは、
むしろお人好しの然し図太いところもある平凡な偉大であったようだ。



『我鬼』
秀吉は意思で弱点を抑へてゐた。
そして眼がだんだん閉ぢた。秀吉は死んでゐた。



『いずこへ』
私はそのころ耳を澄ますようにして生きていた。
いずこへ?いずこへ?私はすべてが分らなかった。



『オモチャ箱』
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間というものがあるものだ。
私は、あなたの実に下らぬ死を思い、やるせなくて、たまらなかったのだ。



『女剣士』
石毛存八は刑務所を出ると、益々技をみがいているということである。


超絶技巧をもつスリ師。

『神サマを生んだ人々』
大巻博士が途方に暮れながら温泉都市の海岸通りを歩いていると、
ポンと背中をたたいた者がある。人生を面白がろうとしないのだ。
面白くないことを百も承知で平気で生きている奴の自信に圧倒されたのである。



『教祖の文学』
去年、小林秀雄が水道橋のプラットホームから墜落して不思議な命を助かったという話をきいた。
人間だけが地獄を見る。然し地獄なんか見やしない。花を見るだけだ。



『行雲流水』
「和尚さん。大変でございます」
ウスノロを徹底的にしぼッて苦しめてやろうと決心したゞけのことであった。


どんな折檻がまっているのか・・・ガクブル


激しい口調や思想をもっているようで、
じつはものすごく優しい人だったんじゃないかと想像しています。
阿部定さんや家康への視点は、優しい人にしかもてない感想だと思いますから。

最後に、一ばん有名ともいえる作品『堕落論』の速読を。

半年のうちに世相は変った。
堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。
政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。



予言かッ!?
自分を救えるのは自分だけ。まさにそんな世相です。


『坂口安吾全集・444作品⇒1冊』

関連記事